体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
慶應義塾大学・法学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
三井物産
その他内定企業名
住友商事・JCB・東京海上日動・損保ジャパン
説明会
40社
OB・OG訪問
30人(10社)
ES・テスト
11社提出 → 10社通過
最終面接
5社
内定
5社
受験企業と選考結果
三井住友海上(最終面接辞退)・楽天(2次面接落選)・プランドゥシー(3次面接落選)・日本郵船(ES・テスト落選)・商船三井(2次面接落選)・川崎汽船(GD落選)
インターン参加企業
三井住友海上(5日間)・豊田通商(5日間)・三菱UFJ信託銀行(5日間)・住友生命(1日)・東京海上日動(1日)・ANA(1日)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト=30:40:30
【サークル】テニスサークル。新歓代表と女子キャプテン
【学業】東アジア国際政治ゼミ。韓国政治について研究
【アルバイト】カフェ、ゲストハウスのスタッフ

就活の「軸」

「モノ」ではなく「コト」を扱うことができること。
アルバイト経験を通し、一人一人のお客様に寄り添い接客する喜びを覚えました。お客様の求めていることは何かを探り、その期待に答えることができたとき、とても達成感を感じた。「顧客主義」というのはどの会社も大切にしていることだと思うが、本当の「顧客主義」は「モノ」がない業界でしか実現できないのではないかと思うようになった。商社は「モノ」を持たないからこそ、お客様のニーズに合わせて世界中からお客様の求めるものを探すことを仕事とします。また損保(私の志望していた企業営業)は、企業によって異なるリスクを洗い出し、お客様の求める保険を一つずつ作っていくを仕事としており、これらの業界に自分がマッチしていると考えました。

この業界・企業を選択した理由

どの部署に行っても海外と関わることができるから。損保でも船舶保険や海上保険、グローバル企業に対する法人営業で海外との関わりを持つことができますが、そうした業務はごく限られた社員が任されており、部署もそれほど多くありません。そこで、取引のほとんどを海外と行う商社業界でグローバルに働きたいと思いました。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

6月1日に各就活サイトに登録。6月中にインターンがどのようなものか知りたいと思い、合同説明会での予約のみで参加可能な広告代理店のインターンに参加しました。

~年末

短期留学していたのでその間はインターンに参加することができませんでしたが、帰国後損保と生保のインターンに参加しました。

1月~2月(広報解禁前)

2月はインターンでほぼ予定が埋まっており、いよいよ就活本番だという気持ちが自分の中で強まりました。SPIは確実にやっておくべきとOBOG訪問でお会いした社員の方々が口を揃えて言っていたので、念入りに行いました。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

3月は1日平均2社の説明会を回りながら、OBOG訪問も行っていました。志望業界は面接が6月解禁のものが多かったので、面接に慣れるために早期選考にも参加するようにしていました。ただ、全く異なる志望動機を一から作るのは時間の無駄なので、自分が大切にしている価値観がぶれることのないよう軸に沿った企業を受けていました。

6月~(面接解禁後)

6月に入ってからは時間が経つのがあっという間でした。多い日には、1日に四つの面接を受けることになります。内定を頂いたのが6月7日と遅かったので、内定をもらうまではどこからも内定もらえないのではないかと本当に不安でした。

三井物産を受ける就活生へアドバイス

自己分析について

生まれてからの人生を、全て両親と話し合いながら振り返りました。小学生あたりまでの自分の決断は自分だけでは思い出すことが難しかったので、自分以上に覚えている親と話しながら進めることができより明確に自分のこれまでを確かめられました。自分の中で「なぜ」を繰り返して、自分がこれまで決断してきたことの決断の軸を見つけることができました。

ESについて

ESはそこまで時間をかけずに、ほとんどの会社で同じものを提出していました。「学生時代に頑張ったこと」はほとんどのESで聞かれる質問なので、早いうちに先輩に添削をしてもらえたのが良かったです。多くの会社では面接でもESに沿った質問がされるので、ESの内容は全てwordにまとめて取って置き面接のたびに持参していました。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

入室してから退室するまで、面接官から目を逸らさない、ずっと笑顔でいることを心がけていていました。また、逆質問で聞く内容は自分の志望動機を深められるような内容にして(「個」を大切にしている物産では、「個性的な人々から刺激を受けた経験はありますか?」など)、その上で志望動機を自分の言葉で語ることができるかどうかが大切だと思います。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

学校のOBOGシステムと、知人からの紹介で行いました。商社の一般職は総合職とは違い「OBOG訪問はマスト」という風潮はありませんが、説明会で会社の方が説明する内容は、ほとんどが総合職向けの内容なので、OBOG訪問を通して実際に商社の一般職の仕事内容を理解しておくことが大切だと思います。志望度の高さもアピールできるので時間が許す限り、多くの社員に会うべきです。

就活全般について

インターンシップをうまく活用し、自分の就活の軸を絞るのがオススメです。最近では1dayのインターンも増えているので、選考に関係ないと言われていてもどんどん参加すべきだと思います。参加していく中で、「この業界は合わないな」「会社の雰囲気が合わないかも」と自分とのマッチ具合を測ることができます。インターンの時点で経験を持って業界や会社との不一致を知っておくことができれば、本選考に進む会社もうまく絞ることができるはずです。

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

就職活動はたしかに大変なことも多いけど、終わってみて感じるのは「自分の予想以上に楽しかった」ということです。どうせみんな就活をしなければいけないのだから、楽しんだもの勝ち!ということを常に意識していました。あとは、自分なりの息抜きの方法を考えておくと、長期戦である就活をうまく乗り切れると思います。頑張ってください!

三井物産の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業