体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
早稲田大学・社会科学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
共同通信社
その他内定企業名
時事通信社
受験企業と選考結果
共同通信(内定)、時事通信(内定辞退)、日本経済新聞(最終面接落選)、読売新聞(最終面接落選)、朝日新聞(1次面接落選)、日本経済新聞(2次面接落選)、朝日新聞(2次面接辞退)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト=70:10:20
サークル……競技フットサルサークルに2年次から在籍、週3~4回活動。幹部(会計責任者)。体育会フットサル部も多く参戦する関東1部リーグ所属。加入初年度となる2年次に、主力としてサークル史上初となる優勝を果たす。翌年、3年次も幹部として連覇に貢献。体育会フットサル部に勝つための環境を整える活動に奔走。
学業……契約法研究ゼミに所属。
アルバイト……大学受験指導塾(個別指導)で講師、アドバイザー。最難関私立大学受験生を担当。国際教養大学(AIU)、早稲田大学、上智大学、静岡県立大学等の合格実績。

就活の「軸」

①「サポーターではなくプレイヤー」。自分だからこそできることをやりたいと思っていました。大量採用や人を支える系の企業・業界は見ませんでした。
②現場を自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の問題意識を仕事の出発点にしたい。①にも通じますが、現場を自分で見た上で、問題意識を持ち、それを仕事に繋げたいと考えました。
③自分で世に発信し、人の気づき・意思決定・行動に関わりたい。
①~③から、記者という仕事を志望しました。

この業界・企業を選択した理由

影響力の大きさにおいて一番だから。共同通信は、全国の新聞社・NHK・民放が加盟社・契約社となり、それらの企業に記事を配信しているため。
他のメディアと比較しても風通しがいい社風・自由な社風と言われており、自分の軸でもある問題意識を出発点とした取材ができると思ったから。
権力に忖度しないジャーナリズムを守るメディアであり、ジャーナリストとして矜持をもって働くことができると思ったから。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

自分のサークルには引退という概念が無かったので、早めから就活は始め、就活とサークルを両立できるようにしたいと考えていました。6月からインターンシップの説明会に参加するようになり、インターンシップも数社に合格。サークルの試合との兼ね合いで参加辞退したものもありましたが、朝日新聞など数社参加しました。もともと記者になりたいと思っていましたが、朝日新聞のビジネス部門のインターンに参加し、新聞社のビジネス系の職種に興味を持ち始めました。ただ、本選考解禁前までは、幅広い業界を見て決めようと思っていました。

~年末

サークルのリーグ戦は佳境を迎え忙しくなる一方、複数社のインターンに参加。新聞社のビジネス系の職種のインターンに参加し、記者ではなくビジネス系で受験することを決めました。また、選考対策として、自己分析、SPIの勉強、GD・面接の対策、OB訪問をし始めました。多忙な中でもできる限りのことはしました。12月にインターン経由で読売新聞広告局の最終面接(役員面接)を受けるも、初の圧迫面接に撃沈。

1月~2月(広報解禁前)

12月でサークルのリーグ戦が終わり、忙しさは一段落。新聞社・通信社を受けることを決めていたので、1dayを中心にインターンに参加してさまざまな業界・企業を見ました。引き続きSPIの勉強やGD・面接の対策を進め、選考で課される筆記試験(時事問題・論作文)の勉強を開始。また、ESのガクチカや自己PRのテンプレートを完成させました。2月末にインターン経由で時事通信のビジネス職の内定を獲得。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

引き続きサークルは継続。さまざまな業界・企業を見た結果や、2月末に時事通信の内定をもらったことから、本選考は全国紙大手3紙(朝日・読売・日経)のビジネス系の職種を受けることを決意。受験企業が少なかったので、商社の説明会に参加したりOB訪問したりしましたが、ピンと来ませんでした。
ビジネス系の職種で受けようとしていましたが、OB訪問をきっかけに思い直し、そこから2週間自己分析に専念。結果、記者職に志望を変更しました。しかし選考時期の早い朝日・新聞は職種の変更ができず、そのままビジネス系の職種で受験。5月末の日経新聞の筆記試験は通過し、6月の面接選考へ。

6月~(面接解禁後)

日経新聞記者職は落選、時事通信に入社しようと思っていましたが、記者職ではないため心残りでした。マスコミは夏採用の割合が高いので、夏採用にて日経・朝日・共同通信を受けることを決め、サークル活動と並行して選考対策を進めました。説明会に足を運び業界研究をする中で、共同通信の志望度が高まりました。
ESを郵送した翌日に人事部長と面談をしてほしいという旨連絡があり、早期選考で内定を獲得。入社を決めました。

共同通信社を受ける就活生へアドバイス

自己分析について

モチベーショングラフをできるだけ細かく作り、自分のモチベーションの源泉を探りました。「なぜ」を5回繰り返すことでより本質に近づくことができたと感じます。世の中にはさまざまな自己分析の本が売っているが、それを1冊仕上げることを目的にするのではなく、「自分で自分を知ること」を目的にすることを忘れないようにします。また、他己分析をすることで、自分は知らないが他人が知っている自分を知ることができます(ジョハリの窓)。

ESについて

自己PRやガクチカは、とにかく自分のことをインパクトを持って伝えられるよう意識しました。「抽象→具体」を意識し、抽象の部分は言葉の選び方を工夫し、インパクトを持たせました。
志望動機は、熱意はもちろん、他業界ではダメな理由も伝わるように意識しました。
ガクチカと自己PRはそれぞれ200字・300字・400字バージョンを用意し、書いたものはOB訪問の際に文章のプロである現役記者の方に見てもらい、より良いものに仕上げました。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

ESに書いたことはあらゆる方向から深掘りされてもいいように、自分でも「なぜ」を繰り返し、どんな質問にも答えられるようにしました。
具体的なニュースに関して意見を求められることもあるので、新聞をただ読むだけでなく、自分はどう思うか、どうすれば解決するか、本質はどこにあるかを考えながら読むように心がけました。
どのような質問でも、自分のペースを崩さずに、ハッキリと自分の意見を述べるよう心掛けました。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

キャリアセンターの名簿を使う、もしくはサークルの先輩、ゼミの先輩などツテを頼るのがオーソドックス。しかし、記者に限って言うと、若手記者は地方に配属されていることが多く、なかなか捕まえられません。したがって、キャリアセンター経由で割と年次の高い方か、ジョブローテーションで東京本社整理部に配属されている方にお願いするしかありませんでした。しかし一人にお願いできれば、そこから芋づる式に多くの方にお会いすることができました。

就職活動中に失敗した経験

インターンは業務理解を深めることができるが、その一方で盲目的になるリスクがあります。自分は自己分析をやり直し、ビジネス系から記者に志望を戻しました。インターンを通して「面白い!」と感じることはあると思いますが、どのようなところに面白さを感じたのか、自分に本当に合う仕事なのかなどを深掘りする作業を怠ってはいけません。

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

就活は完全に相性だと思います。もちろん、自分をその企業が求める人材に合わせるという方法もあったり、どの業界・企業にも求められるような学生がいたりするのも確かです。しかし、キャリアを積んでいくうえで、ベストなのは自分に本当に合う企業から内定をもらうということだと思います。そのためには、自己分析と業界分析・企業分析を照らし合わせ、そのような企業を見つけ、自分のありのままを出して内定を取るということが必要だと思います。理想論ではありますが、できるだけミスマッチのない就活をするということを考えると必要なことだと思います。

共同通信社の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業