体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
京都大学・文学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
関西電力
その他内定企業名
京都銀行
説明会
約50社
OB・OG訪問
約10人(約10社)
ES・テスト
約10社提出 → 約10社通過
最終面接
2社
内定
2社
受験企業と選考結果
関西電力(内定)、京都銀行(内定辞退)、大阪ガス(2次面接辞退)、阪急阪神HD(2次面接辞退)、京阪HD(2次面接落選)、京都市(3次面接辞退)
インターン参加企業
野村証券(5日間)、三井住友海上火災(5日間)、大阪ガス(3日間)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト=50:15:35
サークル……週四日活動。主将であったことから1日も欠かさず参加していました。
学業……単位を落とさないようにだけ注意していました。
アルバイト……夜勤で効率的に稼ぎ、収入の半分以上はサークルの費用に充てていました。

就活の「軸」

①転勤がないこと、関西を拠点に働くことができる点。将来的に家庭をもったときに人生設計が立てやすいため。仕事も大切だが、プライベートの充実も重視したい。
②使命感をもって働くことができる点。どうせ人生の大半をつぎ込む仕事ならば、人の役に立っていることが実感できるような業務に携わりたい。

この業界・企業を選択した理由

どちらも関西を拠点とした企業ですが、
①転勤の可能性がより少ない
②年収などの待遇が安定している
③大きな規模でビジネスができる
④将来的な安定性
⑤両親などの意見との擦り合わせ
これらの理由で内定承諾企業を選定しました。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

漠然とした不安から、2年生の3月から始動。夏インターンでは業界を絞らず20社以上に応募しました。今振り返ると、この時点で面接の場数を踏めたのは大きな経験になっていたと思います。インターンでは他の参加者のレベルの高さに焦りを感じたため、すべてにおいてブラッシュアップが必要だと痛感しました。

~年末

就活始動から半年以上が過ぎ、夏インターン直後から燃え尽き症候群になってしまいました。秋インターンに参加する友人に焦りを感じながらも、興味のある業界の研究や企業研究を万遍なく行い、比較的ゆったりした時間を過ごしました。

1月~2月(広報解禁前)

業界研究、企業研究に加え、自己分析に力を入れました。さらに積極的に1dayインターンなどに参加して業界の知識をつけ面接の逆質問に対応できるようにしました。この時点で就活の軸などを決定しておき、解禁以降に効率的に動けるように準備しました。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

3月はESの作成に奔走しました。友人などに添削してもらいながら、納得いくまで推敲しました。4月以降はリクルーター面談などがたて込み、周囲から情報を手に入れながら対応しました。滑り止め企業に手ごたえを感じてからは選考を受ける企業がぐっと減り、本命に集中できるようになりました。

6月~(面接解禁後)

5月末に内々定をもらったため、6月以降は企業の指示に従って就活を終了しました。

関西電力を受ける就活生へアドバイス

自己分析について

自己分析に関しては、過去の経験を全て振り返る必要はなありません。逆にそこに一貫性を見出せず混乱してしまう原因になります。自分の志す業界と仕事内容と、自らの思いや強み、弱みの接点を見つけて表現できるようになれば大丈夫だと思います。自分の本心としっかり向き合うことは大変だが、その中で新たな発見ができるため粘り強く行うべきです。

ESについて

求められるESの内容はどこの企業も基本的に変わらないため、軸になるエピソードをもとに早いうちから準備しないとずるずると後回しになってしまう可能性が高いです。軸エピソードの他にも二つ程度は準備して幅を持たせることも必要。友人やOBOGに見せてさまざまなアドバイスを得て、誰が読んでも意味が伝わるような内容あるESを作りましょう。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

できるだけはやく面接に慣れることが大切。質問を通してどんなことを聞きたいのかを素早く判断し端的に答えましょう。はじめからできないため場数を一回でも多く踏むことで上達が期待できます。面接が特に苦手な人は、質問の予測とその回答の作成をあらかじめ済ませておきましょう。できるだけことはやったという気持ちが本番での自信に繋がります。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

OB・OG訪問に関しては、リクルーター面談や大学セミナーでの場を利用していました。相手方の好意に甘えて、採用担当には聞きにくい部分をどんどん質問して企業研究に立体感を持たせることが大切です。のちの面接で「社員の方が~とおっしゃっていた」と伝えることで説明に説得力を帯びさせることができます。異なる社員に同じ質問して、回答の比較を行っていました。

就活全般について

特になし

就職活動中に失敗した経験

特になし

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

就職活動は将来の人生の方向を大きく決めるイベントです。「就職活動で人生の全てが決まるわけではないのだから気楽に」という言葉をよく聞きますが、私はそんな楽観的な態度では臨めませんでした。大いにプレッシャーを感じていいと思います。そしてみなさんが納得できるような選択ができるように全力を尽くしてください。応援しています。

関西電力株式会社の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業