ES/面接
ES/面接

☞この先輩の就活体験レポート&アドバイスを読む!

エントリーシート・テスト

ES

締切
4/9
提出方法
マイページ上のフォームに記入
設問・分量など
卒論題目(200字)
卒論内容(1200字)
希望職種・希望分野を選んだ理由(200字)
自分のセールスポイントを教えてください(200字)
今までに最も力を入れて取り組んだ事を教えてください(200字)
当社への志望動機を教えてください(200字)
今後社会人としてどんなことに挑戦したいですかまた、どのようなことを成し遂げたいのか簡潔に教えてください(200字)
実際に書いた志望理由
貴社は、社会インフラ×ITに強みを持っていることから、社会を下支えできるのではないかと考え、志望しました。加えて、幅広い業界を相手に、グローバルに価値を提供できます。また、お会いした社員の方々の、学生の質問に一つひとつ真摯に向き合ってくださった姿から、チームで一体となり仕事に取り組めるのではないかと考えております。

テスト

締切・時期
4/10
実施方法・形式
インターネットにて。

面接

模擬面談会

時期
5/12
時間
40分
場所
東京本社
面接官:学生
2:1
面接官について
年次は高そうでした。男性1名女性1名。物腰が柔らかくて優しかったです。
面接の流れ
到着後、ロビーで待機していると、担当の方が迎えに来てくださいました。
質問内容
学生時代にがんばったこと。その深堀。それ以外に、部活でがんばったこと。(日々積み上げてきたこと)志望理由。どうしてSEを志望しているか。SEの仕事にどんなイメージを持っているか。最後に逆質問の時間あり。
雰囲気・感想
面接の最初にESを渡され、それを見ながら話すことができます。メモもできるので便利。最後にフィードバックあり。自分の良い所を引き出そうとしてもらえました。
選考クリアのポイント
質問はオーソドックス。SEの仕事内容をどれだけイメージできているかは大事。また、ゆっくりでも構わないので、自分の考えを論理的に話すこと。

最終面接

時期
6/1
時間
40分
場所
御茶ノ水の貸会議室
面接官:学生
2:1
面接官について
年次は高そうでした。深く切り込む場面もありましたが、全体的に話しやすかったです。
面接の流れ
到着後、同時間帯の学生で一部屋に移動。そこで、番号札を受け取り、また別の部屋へ移動。PC上で簡単な計算問題を解きます。その後、(おそらく自分の前の番の人の面接が終わると)呼び出され、面接会場へ移動。
質問内容
最初に軽くアイスブレーク。今までに起こしたイノベーションは何ですか。それについて深堀。その今の課題は何か。今後どうしていこうと思っているか。新しいことに取り組むか。志望理由とその深掘り。志望職種とその理由。他社選考状況。最後に逆質問。
雰囲気・感想
広い会議室をパーテーションで区切って、面接が同時進行しているので、ざわざわしていて落ち着かない雰囲気。
選考クリアのポイント
計算問題は時間がたっぷりあるので、対策の必要はなし。焦らずにやれば大丈夫(そもそもほとんど結果に影響しなさそう)。最終面接ということで緊張しますが、厳かでもなく、圧迫という感じもなく、急かされることもないので、ゆっくりでも論理的に自分の考えを話すことが大切です。落ちる人もいます。

日立製作所で働くのに向いている人・向いていない人

向いている人:堅実に着実に物事を進められる人。いわゆるコミュニケーション能力は求められないが、自分の考えを持ち、ゆっくりとでも相手に伝えられることができるかということを、選考で見られていた印象があります。
向いていない人:どんどん自分で新しいことをやりたい人。大きい企業なので、フットワーク軽くスピーディーに仕事したい人には向いていないのではないかと思います。

日立製作所の内定に至ったと思う理由/選考のためにやるべきこと

体育会部活動での取組みから、地道なことでもコツコツと積み上げていくことができること、自分が何をやるべきかを考え行動していたことを評価していただけたように思います。大きいことを成し遂げたと伝える必要はなく、何を考え、どう行動したかを振り返り、そのエピソードから自分のありのままの姿を伝えてほしいと思います。企業研究ももちろんするに越したことはないですが、志望度はまったく問われず、学生の人となりを重視していました。

☞この先輩の就活体験レポート&アドバイスを読む!

株式会社日立製作所の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業