バズるを生み出すPR業界
バズるを生み出すPR業界

SNSの発展と共に成長し、人気を集めているPR業界ですが広告業界との違いが明確ではない人もいるのではないでしょうか。実は、広告・PR業界はマスメディアとの関わりや華やかさが先立ち、具体的な仕事内容や役割についてはっきりと理解されていない場合も少なくないようです。そこでPRの内容について広告と比較して紹介します。広告・PR業界に興味のある就活生はぜひ自分のやりたいことを明確にするためにも参考にしてください。

PRとは

PR=Public Relationsの略です。パブリックリレーションズとは、直訳すれば公的な関係となりますが、企業の使うPRは以下のような意味合いがあります。

「組織とその組織を取り巻く人間(個人・集団)との望ましい関係を創り出すための考え方および行動のあり方である。」(出展:日本パブリックリレーションズ協会https://prsj.or.jp/shiraberu/aboutpr

多くの企業がステークホルダーに対して行う情報発信や顧客関係構築、商品の知名度を高めるために行うイベント、メディア露出などがPRの例として挙げられており、本来、多くの国内企業においては「広報担当」として位置づけられています。

広告との違い

上記のような内容を聞くと、広告と似たようなものであると感じるのではないでしょうか。広告もPRも顧客や消費者に対して情報発信をしているという点で共通しますが、広告とPRの決定的な違いは主観的な発信であるか客観的な第3者からの情報発信であるかという点です。PRは広告よりも広い範囲で商品やサービスのみならず提供している企業そのものの情報やイメージの構築なども担い、テレビのCMを枠を買い取って作り出すというよりも、注目を集めてニュースやSNSで取り上げられるように促すことです。

例えば、最近では「映える」会場を作り、消費者が新しい商品とともに「映える」写真をSNSにアップしてもらえるように促すこともPRのひとつです。そのほか、企業の積極的なCSR活動を通して企業イメージをアップする活動を助けることもPRと言えます。

PR業界の成長

2020年に開催される東京オリンピックに向けた広告費の増大が見込まれていますが、同時にPR業界でも市場規模の拡大が予想されています。それだけでなくPR業界ではこれまで、国内では各企業の広報業務代行が主な業務となっていましたが、SNSの台頭により顧客や消費者・社会との双方向的なコミュニケーションが可能になったことで、マスメディアを活用した広告以上に影響力を持ちうるイベント開催やweb動画などの手法が活用されるようになってきました。PR先進国のアメリカでは現在1000億を超える市場規模であり今後も成長が見込まれることから日本でもますます発展していく業界として注目されています。

日本では、広告関連業界では総広告費は現在減少気味または横這いの状態ですが、市場規模を拡大しています。メディア先進国のアメリカでは広告以上にPR業界が大規模かつ幅広い事業分野で成長を続けているようです。日本で市場規模は2018年度で1290億円と言われており、今後ますますの成長が見込まれています。

PR会社

PRを専門に扱うPR会社の仕事内容や働き方について紹介します。

仕事内容

メディアプロモーター、企画職というPR会社で特徴的な職種を紹介します。

【メディアプロモーター】クライアント企業のプレスやアピールしたい商材をメディアに対して伝達する。広報代行を行うこと。

【PRコンサルタント】企業の情報イメージをアピールしたい企業が具体的にどのような内容をアピールしたいのかを聞き出し、効果的に社会にアピール出来る方法を企画・提案する。

どんな人に向いているか

PRは全ての組織に必要な活動の一つであることから、非常に幅広い顧客が存在しています。それは、食品メーカーからBtoB企業、官公庁まで様々です。一方でアウトプット先は社会全体であることから社会全体の潮流としてどのようなことが注目を集めやすいかということについての関心が高いことも重要です。

PR業界大手3社

ベクトル

1993年創立の国内最大手の総合PR会社で、国内の成長率が圧倒的に高く加速的に規模を拡大しています。企業の理念として「モノを広める FAST COMPANY」と掲げ、良いものを社会により低コストでスピーディーに、広告よりも効果的な手法を提供することを目的としています。セールスプロモーションを中心とした戦略PRを強みとしており、戦略的なSNS活用を提案するなど、力を発揮しています。(参考:https://vectorinc.co.jp/

プラップジャパン

1970年創立の老舗PR会社で、企業のパブリシティをサポートする事業を中心に展開してきました。「世の中のあらゆる関係性を良好にする」ということを掲げ、企業の広報を代行するサービスが中心となっています。「常識」に新しい考え方を積み重ね、それぞれの立場のを認める努力を大切にしています。リスク対応などに優れているようです。(参考:https://www.prap.co.jp/

電通パブリックリレーションズ

最大手広告代理店電通グループのPR会社であり、圧倒的な電通グループの関係性を活かしたスケールメリットがあります。膨大な情報量から発信した情報をどのように社会、消費者が理解、評価しているかという点を重要視したレピュテーション・マネジメントに力を入れています。(参考:https://dentsu-pr-recruit.jp/gallery/relations/

業界を俯瞰して視野を広げよう

最近では総合広告代理店やネット専門広告代理店を中心に、広告のみならずPR事業に進出しているケースは少なくありませんが、PRと広告の違いを改めて確認し自分がやりたいことが何かを明確にすることで広告を専門とする職種を選ぶべきなのかPRに力をいれた企業を選ぶほうがよいのか見えてきます。