自動車メーカーの特徴と働き方
自動車メーカーの特徴と働き方

自動車メーカーの業界をご紹介します。自動車メーカーの概要や企業、職種等を解説し、実際のTOYOTAやHONDAといった自動車メーカーについても記事にしました。自動車メーカーは日本の経済を支える重要な業界の1つであり、就活生人気も高いです。この記事を参考にして自動車メーカーの業界理解を深めましょう。

就活の自動車メーカーの概要

自動車メーカーの特徴

自動車は日本の輸出業を支える大きな産業の1つで、自動車メーカーは日本経済をけん引しています。自動車は多くの部品が必要なため1つの会社では作れず、自動車メーカーは下請けと呼ばれる中小企業などに部品を提供してもらい自動車を製造しています。そのため、自動車メーカーは多くの企業に影響を与え、本社や工場がある街の経済にも影響を与える大きな存在となっています。
自動車メーカーは本社が東京や大阪にないことが多く、TOYOTAは愛知、マツダは広島、スズキは静岡です。新卒採用では、一次二次選考は東京などで行われることもありますが、最終面接は本社で実施されることが多いようです。

自動車メーカーのトレンド

自動車業界のトレンドとして、自動運転、電気自動車が挙げられます。既存の自動車産業は、設備や資本など資産がないと厳しく、新たな企業が進出することが難しかったですが、電気自動車や自動運転の技術の登場で開発力が重要になり、IT企業やベンチャー企業も自動車づくりに参戦できるようになりました。グーグルやAmazonといった世界をリードする企業が自動運転の領域に参入しています。

自動車メーカーの企業

TOYOTA

TOYOTAは売上高が日本で一番の企業であり、日本が誇る自動車メーカーです。世界基準で見ても売上高や販売台数はトップ水準であり、グローバルにも自動車業界を引っ張る存在と言えるでしょう。本社は愛知県豊田市にあり、豊田市近辺にはグループ企業や自動車部品メーカーが多く存在し、街の経済を支えています。TOYOTAには多くのグループ企業があり、デンソーやアイシン精機、豊田通商など技術力や規模が大きい企業が存在します。

HONDA

HONDAはTOYOTAに続く自動車メーカーで、売上高も日本で二番目です。HONDAは自動車以外にも自動二輪やパワープロダクツなどを扱い、パワープロダクツでは耕運機や発電機などを提供しています。また、プライベートジェット「HondaJet」の販売も行っています。HONDAは創業者の本田宗一郎が有名であり、本田宗一郎が残した精神をコーポレートスローガンにして、人材育成や事業方針の指針としています。

NISSAN

日産は先に挙げたホンダ、トヨタに次いで自動車メーカーの中で三番目であり、この3社で自動車御三家と言われています。日産はフランスの自動車メーカーのルノーと提携していて、その日産ルノー連合に三菱自動車も加わっています。3社で研究開発や車体の共有をすることでコストの削減や新たな技術の開発に取り組んでいます。

自動車メーカーの職種

具体例

【営業】
製品の市場開拓や商品企画、営業戦略の考案、販売会社の人材の育成・支援を行う仕事です。商品を製造することからお客様に届けるところまで関わる幅の広い仕事と言えるでしょう。国内営業と海外営業に分かれている会社が多いです。海外営業は国内に比べて自分自身の裁量権が大きく、担当する業務の幅が広いことがあります。
【部品調達】
自動車は多くの部品から成り立っていて、その部品を他社から仕入れる職種です。部品調達を少しでも安価に抑えれば、自動車製品の最終価格も下がり売り上げ向上につながるため、部品調達は重要な職種です。
【生産技術】
自動車の生産についての技術を考え、開発する仕事です。生産ラインの効率化や新たなラインの立ち上げなどを行います。モノづくりの技術を考え、自動車製造を根本的に支える職種と言えるでしょう。
【研究開発】
エンジンやトランスミッションなどといった部品の開発などを通じて、自動車の燃費や安全性、走りの向上を目指す仕事です。自動運転の技術の開発も積極的に行っています。

自動車メーカーのまとめ

自動車メーカーは日本の経済を支えていて、グループ企業や部品メーカー、ひいては街の経済に影響を与える大きな存在です。自動車メーカー業界では、自動運転や電気自動車といった新たなテクノロジーが生まれることで、他業界からの参入が増え、自動車業界の競争が激化する傾向にあります。自動車メーカーの各企業や職種は、この記事で書ききれなかった部分が多いので是非ご自身で調べてみてください。