image1
image1

多忙な就職活動の中でも、適度な息抜きは大切なことです。また、息抜きの中で、思わぬ自分に出会えるかもしれません。今回は、 大手企業が密集する首都圏内で、手軽にリフレッシュできるスポットを紹介します。カラオケなどの有効活用法から、電車で行ける筆者おすすめの観光スポットまで、幅広く取り集めました。途中休憩もしっかりとって、就活でのやる気をチャージしていきましょう!

気分転換の重要性

昨今は、企業の説明会やインターン、選考が重なっていき、日々就活が本格化する様相でしょうか。就活は、今後の人生を決める重要な時期なので、それだけに集中したくなります。その結果、気づいたら私生活の大部分が就職活動になってしまうことも珍しくありません。


しかし、面接官はあなたの本来の姿を知りたいものです。就職活動もあくまで日常生活の一部だとすると、自分の生活に立ち返るのも重要なことではないでしょうか。緊張をほぐしリラックスすることで改めて自分を見直すいい機会になるかもしれません。また忙しい中でも適度に息抜きすることで明日へのエネルギーを蓄えることも大切なことなのです。


そこで、今回は主に、首都圏で一日あれば楽しむことのできるスポットに焦点を当てて紹介します。前半ではカラオケ、ネットカフェなどの身近なスポットの有効活用法を、後半では観光地をまとめてみました。

まずは、普段使いできる手軽なスポットから

気分転換、自己分析、さらには作業も『漫画喫茶、カラオケ』

一つ目は、都内であればほとんどの駅で見かけることのできる、カラオケ店と漫画喫茶です。カラオケ、漫画喫茶ときくと、単なる娯楽施設だと思う方も多いかと思います。たしかに、流行りの曲で歌い騒いだり、漫画を読んだりと娯楽に興じることは、代表的なストレス発散法です。


就活中は、それだけでなく、自己分析を意識しながら、自分の興味を探ってみましょう。お気に入りの曲や、本、漫画を楽しむことで、自分史を見返すための触媒にしては、どうでしょう。楽しみながら自己分析をすることで、今まで気づかなかった自分を発見できるかもしれません。


もっとも実用面で、この二つの施設は優れています。例えばウェブ環境。ネットカフェはもちろんのこと、最近ではカラオケ店でも、Wi-Fiなどテレワーク環境を整えているところもあるようです。たしかにカラオケ店は、空調に防音仕様、ドリンクバーなど、設備は大変充実しています。気分転換を思い切りした後は、作業が捗るのではないでしょうか。

コミュニティでの自分探しに『部活・サークル活動』

つづいて、取り上げるのは、「あなた自身」のコミュニティのことです。

学生時代、サークルや部活、アルバイトを行っていましたか?おそらく多くの方が、上記の活動に限らず、何らかのコミュニティに所属していたと思います。しかし就職活動中は、これらの活動をおろそかにしがちです。


それでも筆者はあえて、これらの活動の重要性を確認したいと思います。仕事も、こうしたコミュニティ活動と、ある意味同じだと思うからです。たとえば仕事を選ぶ際に、「何がしたいか」は、直接その活動内容(サークルでの役職、専攻内容など)から導く人も多いでしょう。しかしそれだけでなく、「誰としたいか」という基準も仕事選びの際に重要だと思います。就職活動中、懇親会や会社説明会などで、OB社員を見て自分がこの中で一緒に働いていけそうかは、無意識にみているところではないでしょうか。過去に参加していたコミュニティーとの共通点があり、なおかつ業務内容も自分と合っていたなら、その仕事はとても合っているものだと思います。こういったことから、過去に所属していたコミュニティに参加してみて、自分の居場所を感覚として持っておくのは、有効だと思います。


最後に、情報集めの観点からもとても有効です。歴史のある体育会や文科系サークルであれば、OBとのつながりも深くなります。こうしたことが、思わぬつながりを得るきっかけになるかもしれません。

首都圏内の筆者おすすめの観光地

日本の空の玄関『羽田空港』

羽田空港は、東京・神奈川からのアクセスが優れ、近年は日本の空の玄関としてますます存在感を増しています。そこで、パイロット、国際的に活躍していきたい方には、羽田空港がおすすめです。就職活動で過去の海外滞在を主な原体験とする方は、展望デッキから世界へ飛び立つ飛行機を眺めてみるのはいかがですか。


また、羽田空港のいい点は、内装エリアがとても充実していることです。特に国際線ターミナルは江戸を模した空間が印象的です。日本の玄関として作られただけに、日本らしさがとても強調されています。屋内でも明確な四季の違いをあらわすために、梅雨は紫陽花、秋は紅葉など、その時期特有の情景をみせる小路も見どころです。

自分の思いを再確認しよう『鎌倉』

次は、鎌倉を紹介したいと思います。晴天で一日空いていれば、是非行ってもらいたい場所です。なんと渋谷からはJRで一時間足らずで到着します。
このエリアでは、就活で回る都市群とは一味違う雰囲気を味わっていただきたいです。寺社で有名ですが、どれも自然の景観を生かした見事な作りになっています。
例えば、銭洗い弁天は、岩山を掘り出したトンネルの入り口が特徴的です。トンネルを抜けた先の、湧水を貯めた一角が祈祷所になっており、そこで洗ったお金は縁起が良いとされています。就活のための資金を洗って持っておけば、なにやら運気が上がりそうです。
梅雨のあじさいが有名な長谷寺は、一体が崖沿いに作られた寺院群です。千を超える石像や、黄金色の絢爛な釈迦像、と階段を上るごとに見どころのある造りとなっています。さらに頂上近くでは湘南の海が見渡せるので、登った際の達成感を味わうこともできます。


このように、就職活動で回る大都会から離れ、目新しい情景を前にして、異なる発想を育めるのではないでしょうか。さらに、寺社で祈りをささげることは、自分の願いを考えなおす、数少ない機会だと思います。目をつむってなりたい自分や夢を思い描くことは、自分の思いの再確認になるのではないでしょうか。
ここで上げた例の他にも、鎌倉には鶴岡八幡宮など寺社が多くあるので、そうしたスポットを巡ることで、自分の考えの整理になるのかもしれません。

これで無料!?新宿の夜景を一望しよう『東京都庁』

最後に紹介するのは、東京都庁です。都庁というと、少し就職活動の気配がしてしまいますが、ここはれっきとした観光スポットなのです。

都庁のビルは、新宿駅から伸びる歩行者専用路を、動く歩道で抜けた先にあります。手荷物検査を済ませるとエレベーターで45階まで一気に登ります。そして、エレベーターの開けた先は、新宿都庁の周りが360度見渡せる、展望台になっているのです。そこから見下ろす夜景は格別で、明日への活力にできそうです。筆者は、就職活動に限らず、落ち込んだ際にこの場所に立ち寄っている気がします。


また、ここが数ある展望台のうち就活生におすすめな理由は、その圧倒的な使いやすさです。眺望、ロケーションとは裏腹に、無料で利用できるのです。お金がかかる遊びは控えたい就活生にはうれしい限りです。さらに、基本23:00(最終入室は22:30)まで開いているので、疲れた一日の最後に、立ち寄るのはどうでしょう。

就活の疲れを和らげるスポットまとめ

ここでは「気分転換」を軸に、記事をまとめてみました。
就活中における気分転換の重要性を、改めて強調したかったのです。なぜなら気分転換は、就活という特殊なフィールドでは、ないがしろにされがちです。しかし、就活でもっとも重要なことのひとつは、自分を見つめなおすことです。もっとも、それは就活だけではできないものだとも思います。むしろ、日常生活でしか見えない自分もあるはずです。
そのため今回、そんな日常生活に立ち返る一助となるべく、気分転換のできるスポットを紹介しました。多忙な就活の中でも、拠り所にできる空間探しの手がかりができればいいと思っています。そしてこの記事が、そんな気分転換の参考になれば幸いです。