体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
東北大学・工学研究科学部
卒業年度
2020年卒
内定承諾企業名
トヨタ自動車株式会社
その他内定企業名
スズキ株式会社
説明会
20社
OB・OG訪問
30人(20社)
ES・テスト
9社提出 → 9社通過
最終面接
2社
内定
2社
受験企業と選考結果
AGC株式会社(1次面接落選)・株式会社LIXIL(最終面接辞退)・JEFスチール株式会社(1次面接辞退)・全日本空輸株式会社(1次面接辞退)・日本航空株式会社(1次面接辞退)・日揮株式会社(2次面接落選)・東海旅客鉄道株式会社(2次面接落選)
インターン参加企業
日産自動車(5日間)、川崎重工業(1日間)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト=30:40:30 サークル:所属していたフットサルサークルでは、学内の大会での優勝に貢献しました。当時のサークルの成績は低迷していましたが、技術的な観点だけでなく、サークル内の雰囲気や練習参加率の向上に尽力することで、上記の結果を得ることができました。 学業:学部では化学工学を学ぶゼミに入っており、日頃から教授や研究室のメンバーとディスカッションを重ねたり、学会に出ることで知見を深めています。 アルバイト:居酒屋のホールスタッフを大学入学以来勤めています。

就活の「軸」

私は就職活動の軸として次の2つを設定していました。 1つ目は社会貢献度の高さです。グローバルな観点での影響力が大きく、人々の生活に密接するような仕事は、仕事をする上で非常にモチベーションを高めることにつながると考えたため、重視していました。 2点目は個人・企業ともに成長性の高い企業であることです。会社とともに自己成長をしたいと考えていたため、社内制度の充実性などを重要視していました。

この業界・企業を選択した理由

私の就職活動の軸に最も合致すると感じたからです。大企業では自分の裁量権は小さくなってしまうかもしれないという懸念は常に持っていましたが、内々定先の企業の環境であれば向上心を維持して自己成長できると考えました。 また他の業界や企業よりも自分の仕事の世界への影響力の大きさは間違いなくあると考え、入社を決意しました。

実際の就職活動のスケジュール

トヨタ自動車株式会社の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業