ES/面接
ES/面接

☞この先輩の就活体験レポート&アドバイスを読む!

エントリーシート・テスト

ES

締切
3月下旬
提出方法
マイページ上のフォームに記入
設問・分量など
選んだコースであなたが取り組みたい内容について(300字)選択した領域・カテゴリーで最近注目しているプロダクト・サービスとその理由(200字)
所持しているスキル等(200字)
修論で最も力を入れて学んだテーマと概要(500字)
あなたが何かを解き明かした等の経験に対して教えてください(500字)
実際に書いた志望理由
(ソニーでは志望理由を聞かれなかったため、以下の文章は自分の頭の中に合ったものですが)ソニーはあったらいいなという製品を作っており顧客の夢やワクワクを叶える企業であると私は考えている。それを提供する側にまわり自分が開発した技術で更に顧客をワクワクした世界に連れていきたいと考えた。そのためソニーという企業を志望した。

テスト(1)

締切・時期
3月下旬
実施方法・形式
インターネットにて、ESと同じ。Web版のSPIみたいなテスト。

テスト(2)

締切・時期
4月
実施方法・形式
一次面接通過後、インターネットにて数学と言語に関する問題。

面接

ジョブマッチング1回目

時期
4月上旬
時間
45分
場所
品川
面接官:学生
2:1
面接官について
課長
面接の流れ
到着後、待合室にて待機。時間になると人事の方が迎えに来て面接スタート。一次面接は広い会場で行われブースごとに面接がとりおこなわれています。
質問内容
軽く自己紹介をしたあとにホワイトボードを使って研究紹介。研究紹介はどの企業よりも突っ込まれる。純粋に興味で聞いてくる感じ。
他には、なぜこの職種を選択したのか、学生時代に頑張ったことはなにかを聞かれた。最後に逆質問をして終了。
雰囲気・感想
インターン中にお世話になった部署の課長さんだったため、比較的リラックスして臨むことができました。
研究紹介では就活生の研究をしっかり見られているという印象を持ちました。
選考クリアのポイント
研究紹介をしっかりとすることが最も重要。何故その研究をやったのかといったこと。
ソニーは積極性を持った学生を求めているように強く感じたため、研究でやった手法の選定理由など自分なりのコンセプトが必要であると思います。それらがないと問答無用で落とされると感じました。

ジョブマッチング2回目

時期
4月中旬
時間
45分
場所
品川
面接官:学生
4:1
面接官について
部長クラス、センター長
面接の流れ
到着後、待合室にて待機。時間になると人事の方が迎えに来て面接スタート。個室で実施。
質問内容
最初にアイスブレイクとして、就活の進捗状況を聞かれます。
研究紹介
何故この職種なのか、自分の中でソニーに貢献できそうな部分はどこか(入社した後を意識した質問をされます)
学生時代に頑張ったことの深掘り
逆質問
雰囲気・感想
インターン中にお世話になった部署の部長さんだったため、比較的リラックスして臨むことができましたが、人が多くかなり雰囲気はピリピリしているような感じもしました。一回目の面接よりも選考されている雰囲気を感じました。
選考クリアのポイント
どんな質問が来ても動揺すること無く堂々と答えることが重要だと思います。ま
た自分がソニーに入ることによってどれだけのメリットがあるのか、自分がソニーにできそうなことを予め考えておくと面接のときに困ることが少なくなるはずです。
最後にこれはどの面接にも言えますが、自分をしっかりと持つことが重要です。

ソニー株式会社で働くのに向いている人・向いていない人

向いている人:自分で考えてどんどん作業を進めていけるようなバイタリティを持った人。常に面白いことを追い求め現状に満足しない心も大事。あとは自分がやっていることに自信を持てる人。
向いていない人:人に与えられた仕事をこなすような人。人から仕事を取っていけるような人でないと競争に残っていけないと感じます。

ソニー株式会社の内定に至ったと思う理由/選考のためにやるべきこと

自分のサークルでの経験と研究紹介だと思っています。技術職といえど他の人との会話はあるため、うまくやっていけるかどうかは重要です。そのため研究のスキルにとどまらず人間関係も問題がない面も評価されたと考えています。
また積極性をもって問題解決に突き進んで行ける行動力も評価されたポイントだと思います。
ソニーの選考はスピーディに行われ、また選考を担当する社員も当然であるが専門家であるため、ボロがあればすぐ見透かされてしまうでしょう。理系ならば普段の研究をしっかりと行い、その研究では誰にも負けないくらいのレベルが必要になってくるはずです。

☞この先輩の就活体験レポート&アドバイスを読む!

ソニー株式会社の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業