体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
立命館大学・国際関係学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
P&G
その他内定企業名
なし
説明会
20社
OB・OG訪問
0人(0社)
ES・テスト
15社提出 → 7社通過
最終面接
1社
内定
1社
受験企業と選考結果
ニトリ(3次面接辞退)・ヤフー(3次面接落選)・サントリー(1次面接辞退)・グーグル(GD落選)・マイクロソフト(GD落選)・IBM(GD落選)
インターン参加企業
キーエンス(1日間)・P&G(1日間)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト=60:39:1
【サークル】カンボジアの衛生教育支援をするサークルに所属しており、広報部部署長を務めておりました。サークルの新入生を勧誘したり、イベントが有るごとに宣伝活動をしていました。
【学業】東アジアの文化・政治・経済を研究するゼミで、ゼミ大会(研究発表会)で4位を取るほど力を入れてました。
【アルバイト】アルバイトは一番長くて半年働いてた飲食店のホールで、その他は短期を転々としてました。

就活の「軸」

①海外で働けるか、という点。もともと海外で過ごしていたため多文化の交流が好きです。日本だけにとどまるのは人生に面白みが欠けると思って世界中のどこでもチャレンジできる企業を探していました。
②女性が働きやすい環境であること。産休や育児休暇が取りやすく、また職場に復帰しやすい環境はもちろんですが、女性でも管理職にいけるかどうかが私にとっては重要でした。ちなみに就活をして本当に男女平等な会社は意外と少ないなと思いました。
③ゼネラリストよりスペシャリスト。軸①にも関係あるのですが海外で働くためにはなにかに精通しているスペシャリストのほうが歓迎されます。そのため日系にある総合職より外資の職種別採用が私にとって魅力的でした。

この業界・企業を選択した理由

どこよりも私の軸に合う企業だから。職種別採用していて、入社二年目から海外で活躍できる環境や、女性の管理職の割合が30%以上という実績がとても魅力でどうしても行きたいと思いました。会社の規模も大きく商品が日常的に利用されていることからやりがいがあると考えました。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

6月のインターン情報解禁で興味があったキーエンスに応募し、運良く受かったので参加しましたが自分が思っている以上ハードで、キーエンス特有の「分単位報告書」に嫌悪感を抱き、優先ルートを紹介されましたが選考に進まないことにしました。外資に憧れもあったことから夏休みは外資についてたくさん調べ、選考スケジュールを確認したり、自己分析、テスト勉強を行ってました。8月に第一志望のマイクロソフトのオフィスツアーに当たったので参加して、「絶対ここに受かって毎日この景色を見るんだ」と本気で受かろうと思いました。

~年末

10月はゼミ大会でとても忙しかったのですが、合間を縫って合同説明会に参加し、ESを書いてマイクロソフトとヤフーに応募しました。この時期はIT企業しか見ていませんでした。12月からヤフーの面接が始まりとても順調な就活の始まりでした。周りで本選考まで行っている人がいなかったので、今思い出すと早めの準備が大切だと思います。

1月~2月(広報解禁前)

1月上旬に第一志望であるマイクロソフトの選考があり、自分なりにGDの対策はしましたが結局落とされてしまい、ショックで落胆しました。やる気メーターがどん底まで来てしまったので当然ヤフーも落ちました。第一志望がなくなったことでこのままではだめだと思い、メーカーや航空、自動車など様々な業界を見るようにしました。1月中旬ごろに友だちに誘われP&Gの冬インターンへ応募しました。運良くテストに受かり、2/18にインターンに参加したところ「この会社で色々なチャレンジをしてみたい!」と思い、新たに第一志望としてイチから頑張ろうと決意しました。内定を取るために今まで以上に自己分析と相手への伝え方を考えました。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

3月の解禁から企業説明会やESの締切に追われたりしていました。しかし外資に比べるとどうしても日系に魅力が感じず、何社か受けていましたが正直あまり乗り気ではなかったです。やる気が低かったせいか今まで落ちたことのなかったESでポンポン落とされました。3月からP&Gの面接が始まり、緊張と不安で毎晩しっかり眠れませんでした。P&G以外にニトリやIBM、グーグルなど他の面接にも行きましたが第一志望がP&Gであることに変わりはありませんでした。そして5月にP&Gのインターン選考と最終面接がありました。どうしても受かりたいのと持ち駒の少なさに人生で一番頑張った選考でした。最終的に5/24にP&Gから内定をいただき就活を終了しました。

P&Gを受ける就活生へアドバイス

自己分析について

先輩から教わった技ですが「自分史」を書くこと。どのような思いで日々過ごしてきたか、困難に当たったときどのような気持ちだったか。やってきた事実を書くのも大切ですが、その時の気持ちや葛藤を書くことによって今まで気づかなかった発見もありました。また他己分析で第三者から自分を評価してもらうのは大切です。意外と自分では知らなかった面を気づくことができ、面接で「他の人からしてあなたはどんな人間だと思う?」という答えるのが難しい質問でも根拠をもとに答えることができました。

ESについて

外資はとにかく結論から書いたほうがいいので必ずわかりやすい成果(数字や何%か)を一番最初に書きます。結論を書いたあとにこれをすることになったきっかけ、ぶつかった困難、どうやって乗り越えたか簡潔に書きます。細かいことは面接で聞かれるのでグダグダ書かないのがポイントです。よく他の人に推敲してもらうべきと言いますが、他の人の意見を取り入れすぎると自分のESではなくなってしまう気がして、結局親にしか見せませんでした(あと必ずしもその人の意見が正しいと限らないのであまり他人に頼りすぎるのは良くないです)。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

面接体験記をネットで調べ、大体の雰囲気を掴んで挑みました。暗記に自信がないので、面接に向かう電車の中でもう一度ノートに整理した自己分析を見ながら心の中で話す内容の大枠を考えました。どんなにしっかり準備しても緊張で頭が真っ白になることがあるので、もし回答に行き詰まったら面接官に「少し考える時間をいただけますでしょうか」とお願いし、深呼吸をして思い出すようにしていました。沈黙は絶対にだめです!面接が終わったらすぐカフェに行って面接官から聞かれたこと、どのように回答したか、そして反省点をノートに書いて次に活かせるようにしてました。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

OBOG訪問は一切していないのでわかりません。

就活全般について

夏頃から自己分析、テスト勉強をしてきたおかげで他の人よりあんまり焦りがなかったです。
選考全般については信用できる就活サイトで情報を集めていました、しかし時々間違った情報が乗っている場合もあるので気をつけましょう。

就職活動中に失敗した経験

就活初期に業界を絞りすぎたこと。最初はITしか見てなく、そのせいで受けられる企業が限られて持ち駒がとても少なかったです。幸い1月に志望業界を広げたことで今の内定に至ったわけですが、もしあのときITに固執していたら就活浪人していたかもしれません…

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

正直就活は40%相性、55%実力、5%運で決まるようなものです。この55%をいかに満点に近づけるか早期の準備がとても大切です。しっかり準備するとことで実力へ繋がるので頑張りましょう!また、友達がどれぐらい選考に進んだとか、ネットでの情報を鵜呑みにしたりとか、周りに流されないでください。自分は自分、他人は他人、周りに惑わされず自分が信じる道を進んでください。

P&G Japanの記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業