体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
東京工業大学・工学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
株式会社野村総合研究所
その他内定企業名
大和総研、ISID、日本総研など
説明会
11社
OB・OG訪問
0人(0社)
ES・テスト
11社提出 → 11社通過
最終面接
8社
内定
8社
受験企業と選考結果
株式会社パソナキャリアカンパニー(内定辞退)、パーソルキャリア株式会社(内定辞退)、フューチャーアーキテクト株式会社(内定辞退)、株式会社シンプレクス(最終面接辞退)、電通国際情報サービス(ISID)(内定辞退)、大和総研グループ(内定辞退)、株式会社日本総合研究所(内定辞退)、株式会社野村総合研究所(内定)、レイスグループ(内定辞退)、みずほ情報総研(1次面接辞退)、みずほフィナンシャルグループ(1次面接辞退)
インターン参加企業
野村証券(5日間)、レイスグループ(1日間)、日立コンサルティング(1日間)、大和総研(2日間)、大和証券(3日間)、第一三共ヘルスケア(2日間)、みずほフィナンシャル・グループ(5日間)、パソナキャリアカンパニー(1日間)、フューチャーアーキテクト(1日間)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト=30:20:50
サークル……週2回、バレーボールサークルにて活動。会計係。
学業……所属する社会工学科において、景観学と経済学の両立に努めました。
アルバイト……大学一年から塾講師と家庭教師を続けています。

就活の「軸」

①成長性のある業界かどうか。
様々な業界のインターンシップの中で、この変化の時代における業界ごとの浮き沈みの激しさを感じました。10年後、20年後にその業界で働いた経験や得たスキルが必要になっているかを重視しました。
②世の中に影響力を与えられる企業かどうか。
昔からチームや個人に対し、影響を与え、自分が必要とされることにやりがいを感じていたため、仕事でも世の中や顧客企業に大きな影響力を与える仕事がしたいと思っていました。ですので、その企業の業界内での強み・存在感、中長期的な計画の明確さなどを重視していました。

この業界・企業を選択した理由

内定をいただいていたSIer企業の中で最も中長期的な目標・成長性がはっきりしていると感じたため、このタイミングで入社することに意味があると感じたからです。さらに、キャリアプランの多様さ、社員の方の総合的なスキルの高さも決め手になりました。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

6月に初めて合同説明会に参加し、様々な企業についてお話を聞いたのが就活開始のきっかけでした。

~年末

夏インターンに参加する中で、ビジネススキルの習得に時間を使いたいと考え、学部就職をほぼ確定させました。それまでは金融業界の大企業しか見ていませんでしたが、「様々な業界のインターンシップに参加すること」「大企業だけでなくベンチャー企業の話を聞くこと」を意識し、金融業界のリテール部門や人材業界を志望するようになりました。

1月~2月(広報解禁前)

1月以降は就活エージェントの方など様々な方々からお話を聞き、各業界のビジネスモデルについて理解することに努めました。その中で人に影響力を与えるためには手に職のスキルやその将来性が必要だと考え、IT業界を志望するようになりました。チームスポーツに取り組んできた自分にとっては、チームプレーが要求されるというのもIT業界の大きな魅力でした。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

2月の下旬に一社内定をいただいていたため、3月1日のプレエントリーは数を絞って行いました。3月からは経団連に所属していないIT企業の本選考がメインでした。早めからインターンの選考などでES・面接・GDに慣れていたため、選考では緊張もあまりせずに自分を表現できました。プレエントリーを絞れていたため、時間の余裕は十分であり、志望企業の本選考への準備も余すことなく行うことができました。

6月~(面接解禁後)

6月1日に入社予定の野村総合研究所へ内定承諾の連絡を入れ、他社へ辞退の連絡を入れました。それ以降はNRIの社員の方々にお話を伺い、配属希望を決めるため、キャリアイメージをクリアにすることに努めていました。

株式会社野村総合研究所を受ける就活生へアドバイス

自己分析について

様々なインターンに参加し、多くの業界のビジネスを把握することに努めていました。始めは興味がないと決めつけている業界でも実際に本選考を受けるとなると、魅力に感じてきてしまうものです。ですので、多くの業界のビジネスを知り、すべての取捨選択に理由を持つことをとにかく意識していました。また早い時期からインターンの選考を受けていたため、面接やGDにも慣れていましたが、限られた時間で準備の成果を発揮するため、これは非常に重要であったと感じています。

ESについて

自分のやりたいこと・長所が会社の将来像にフィットしているということを伝えようとしていました。自己分析だけでなく、会社の中長期計画などを調べて、その企業がこれから10年20年で何をしたいのかを把握することもとても大切だと思います。また志望理由は自分で考えるだけでなく、他の人にアウトプットする機会を積極的に作りながら、客観性などの面からブラッシュアップしていくことも重要でした。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

面接に関してはとにかく慣れが必要だと思います。素直な自分を表現するためにも、早い時期のインターンシップの選考などで面接の経験を多く積みました。また実際の面接中は緊張などもあり話す内容が分散してしまうため、直前に「今日の面接では〇〇を伝える」と絞って望むことを意識していました。また実戦的なスキルとして、目を見て話す・聴くことは話す内容よりも大切であると考えていました。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

OBOG訪問は行っていません。内定を獲得した後に社員の方々と話す機会を設けてもらいましたが、その会社でのキャリアイメージを明確にするため、もっとやっておくべきだと後悔しました。

就活全般について

3月1日のプレエントリーの前にある程度志望度の高い内定を一つは獲得しておくことが必要だと思います。内定を獲得していないと怖さゆえに必要以上の企業にエントリーしてしまいます。その場合、本当に行きたい企業への選考対策も手薄になり、準備の分散により中途半端な就活になってしまうと思います。私もプレエントリーはかなり数が絞れていたため、3月でも時間に余裕があり、志望企業の選考対策に余念なく打ち込むことができました。

就職活動中に失敗した経験

就活序盤で興味のある業界ばかりのインターンに行ってしまって、考え切れていなかったかもしれない業界があることです。後半は考えを変え、広く見ることができましたが、初めからやっていればと少し後悔しています。

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

やるべきと思ったことはすべてチャレンジして欲しいです。就活はおよそ一年しかないのに、今後の数十年を左右する決断をしなくてはなりません。ですので、OBOG訪問・面接練習・インターンシップなど、事前は面倒に感じることでもやり切ることが大切でと思います。一生に一度しかない新卒の就活を、考え抜いてやり切ってください。応援しています。

株式会社野村総合研究所の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業