体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
慶應義塾大学・経済学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
野村総合研究所
その他内定企業名
アビームコンサルティング・新日鉄住金ソリューション
説明会
40社
OB・OG訪問
20人(6社)
ES・テスト
15社提出 → 15社通過
最終面接
4社
内定
3社
受験企業と選考結果
KPMG税理士法人(最終面接落選)・電通国際情報サービス(3次面接辞退)・農林中央金庫(3次面接落選)・デロイトトーマツコンサルティング(2次面接落選)・日本総研(1次面接辞退)
インターン参加企業
日本総研(3日間×2)・農林中央金庫(3日間)・SMBC日興証券(3日間)・新日鉄住金ソリューションズ(5日間)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:バイト=40:20:40
【サークル】ファッションショーの企画・運営を行うサークルに所属、プレスとして広報・渉外活動を担当。
【ゼミ】経済系のゼミに入り、輪読と、学園祭に向けて論文の共同制作を実施。
【アルバイト】塾の運営補助として受付や講師の補助等を担当。

就活の「軸」

①特定の商品・業界にとらわれずに仕事ができるか
これまでの活動を振り返り、同じことを何年も続けるのは難しいと感じました。出来るだけ、1つの業界や商品にとらわれず、幅広く使える知識や多様な業界に携わることのできる環境が向いていると考え、金融、IT、コンサルなどを中心に見ていました。
③海外で働く機会があるか
単なる憧れですが、自分の中で小さい頃から変わらず持ち続けている目標です。自分の中で一番のモチベーションになると思い、軸として大事にしました。この軸で、外資系はあまり受けませんでした。

この業界・企業を選択した理由

2社までは、自分の軸と直感で決まるのは難しくありませんでした。ただ残りの2社では、これまでの軸だけでは、判断できず、社員の方に会う機会を沢山設けてきました。人数を増やすうちに片方の会社は、自分のこれまで集めてきた情報とかなり違う側面があると感じました(仕事の内容やワークライフバランスなどの側面で、説明会にて受けた内容と社員の話す内容にギャップを感じたためです)。これらが入社後さらにギャップになってしまうと考え、もう一方に決めました。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

周囲がインターンに参加し焦りを感じたため、8月ごろから合同説明会に参加するなど、本格的に就活を始めました。この時期は秋季のインターンにエントリーするため、先輩にESの添削などをお願いしていました。また、自己分析を就活本に則りながら始めました。

~年末

インターンに積極的に申し込みました。特に、ESだけでなく面接やSPI等があるものを探して受けるようにしていました。SPIは参考書を1冊購入し、主に語彙の勉強に使っていました。合同説明会では自分の興味関心への理解を深めるため、あえて検討していなかった企業の話を聞くようにしました。

1月~2月(広報解禁前)

1月は冬季インターンのES・選考や、テストが重なり忙しい日々でした。今思えば、闇雲にインターンに参加しようとしてしまったこともあり、目的を失った行動もあったように思います。説明会では、社員との交流会の場も増える一方で、軸がぶれ始めたため、自己分析を中心に行うように心がけました。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

3月1日は、予め選んだ企業のプレエントリーを行いました。スケジュール管理は綿密に行い、合同説明会には参加せず、企業ごとの説明会に集中しました。できるだけ効率的に回れるように、会場の近い企業を組み合わせたりしました。3月上旬は合同説明会で一杯いっぱいでしたが、ESはインターンの際にかなり練りこんでいたので、あまり時間をかけずに取り組めたと思います。
3月下旬に1社目の内定を頂き、精神的にもスケジュール的にもかなり余裕が持てました。ESの提出量も大幅に減り、行きたい企業に専念できた結果、五月の下旬には就職活動を終えていました。

6月~(面接解禁後)

面接解禁前に就活は終了していた。

野村総合研究所を受ける就活生へアドバイス

自己分析について

自分の目で見て、耳で聞き、確かな情報を得ることが大事だと思います。特に、座談会の時間等では、社員の方から本音や現場のリアルな情報も得られます。社員の方は聞かれた質問にしか答えられませんし、込み入った質問でも意外と本音で答えてもらえます。周りの人の質問を聞いているだけではなく、自分が会社を選ぶ上で必要な情報を集めるつもりで積極的に質問すべきです。

ESについて

秋のインターンから積極的にESを書く練習をしました。自分では良いと思っても、添削をしてもらうとたくさん指摘を頂いたので、早いうちから準備し、周りの人に見てもらうことが大切です。限られた字数の中で、何を書き、何を省くのか、自分では判断しにくい部分もあると思います。先輩にぜひアドバイスをもらてください。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

面接は会話です。準備したことや自分の話したいことを話す場所ではありません。面接官の質問をよく聞き、求められている答えを考えて答えるべきです。また、会話なので、簡潔かつ論理的に話すことが大切です。冗長な話で会話相手(面接官)の時間を奪わないように意識しましょう。緊張する人は積極的にインターンのうちから面接を体験するとよいと思います。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

学校のOBOG訪問システム、および会社が設置した座談会を通じてOBOG訪問を行いました。私は、内定後に重点的に行いました。これは、企業を選ぶポイントが見当たらなかった為です。会社によっては、『○○部署で働いている社員』の方と話がしたいなどと、希望を伝えると、積極的に場を設けてくれる会社もあります。内定後に企業選定で迷ったら、人事に確認してみるといかもしれません。

就職活動中に失敗した経験

インターン等で第何次募集という風に分けられていることがあるが、できるだけ早く出すべきでした。枠は早いもの順で埋まっていくので、どんどん出すべきです。私は、それに気づかず、応募した時には既に枠が埋まっていたという話を聞いて、早く出せばよかったと思いました。また、同じスケジュールの企業が何社もありますが、気にせずどんどん提出すべきです。落ちてもっと出せばよかったと後悔したこともありました。

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

インターン前のESや本選考前のESはとにかく多忙です。戦略的に企業を絞り、無理せず計画的に取り組むことが大切です。
また、企業によって求める人材は異なります。落ちてしまったとき、反省することも大切ですが、マッチングだと思って、「自分には合わない企業だった」と割り切ることも大切です。自分に合う企業は人それぞれです。特に就活初期には、イメージだけで決めつけず、興味のない企業でも積極的に話を聞いてみるといいと思います。

株式会社野村総合研究所の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業