ページ上部バナー
体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
名古屋大学・経済学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
野村證券
その他内定企業名
興和・リプライス
説明会
25社
OB・OG訪問
4人(3社)
ES・テスト
20社提出 → 19社通過
最終面接
4社
内定
3社
受験企業と選考結果
野村證券(内定)、みずほフィナンシャルグループ(3次面接辞退)、豊田通商(2次面接落選)、興和(内定辞退)、アイシン精機(3次面接落選)、日本特殊陶業(最終面接落選)、豊島(2次面接辞退)、リプライス(内定辞退)、デンソー(2次面接落選)、トヨタ自動車(ES・テスト落選)、マキタ(2次面接落選)、ブラザー工業(1次面接落選)、富士通(2次面接落選)、みずほ証券(2次面接辞退)、三菱UFJ 信託銀行(2次面接落選)、瀧淀名古屋(2次面接落選)
インターン参加企業
三菱UFJモルガンスタンレー証券(1日間)、豊島(1日間)、アイシン精機(1日間)、豊田通商(1日間)

大学生活の過ごし方

サークル……オーケストラサークルの活動が週3日あり、土日も基本的に大学で過ごす時間が多かったです。
アルバイト……サークルのない日に週2~3日ほど。お金を貯めて長期休暇に海外旅行や短期留学をしました。
学業……ゼミではゼミ生全員での研究活動があり、率先して取り組みました。

就活の「軸」

自分が長く働くことができる環境があるかという点を重視しました。特に転勤をせずに働きたいと思っていたので、それが実現できる職種であるかは確実に見ていました。自分自身の成長につながることができたらとも考えており、多くの知識や経験を積むことができるかも重視しました。

この業界・企業を選択した理由

もともと希望していた転勤なく働ける点はもちろん、結婚や出産後でも働いている女性が多い点に魅力を感じました。また、証券は様々な知識が必要になるため、自分自身が成長できると考えました。その中でも内定先は海外でも売上が高く、グローバルな感覚をもって働けると思ったからです。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

7月ごろまでは、特に何もしていませんでした。7月中頃からインターンのイベントを探しはじめ、8月に興味を持った企業のインターンシップに参加しました。また、7:8月に教員採用試験を受験し、合格しました。

~年末

大学の授業やゼミが忙しく、あまり就職活動はしませんでした。授業の合間にいくつかインターンシップに参加し、様々な業界について勉強をしました。また、大学内で合同の企業説明会がたびたびあったので、それに顔を出していました。

1月~2月(広報解禁前)

年末までと同様大学の授業やゼミが忙しく、その合間に合説やインターンシップで業界研究を進めました。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

3月1日にプレエントリー、合同説明会に数回参加し、個別の企業説明会にも行きました。早い企業の選考が始まり、4~5月に5社以上の面接を受けました。その合間でエントリーシートを志望度が高い順に書きました。エントリーシートの添削などはしてもらいませんでした。

6月~(面接解禁後)

大手の面接が解禁となり、1日から連日面接がはじまりました。1日に何社も面接がある日はそれぞれの企業ごとでの話す内容を直前にポイントだけ確認するようにしていました。長距離の移動も多く大変でした。内定を頂いた企業からいろいろ比較し、就職先を決定しました。

野村證券を受ける就活生へアドバイス

自己分析について

あまり本格的に自己分析はしていませんでした。今までの経験を振り返って、自分がどのような時にやりがいを感じたのか、楽しいと感じたのかを考えるのも大事ですが、自分だけでは細かく知るのは難しいと思います。自分のことを客観的にみてくれる信頼できる人に他己評価などをお願いすると、新しい発見があるかもしれません。

ESについて

どの企業のESにも自分自身に関する設問は必ず存在し、面接でもかなり聞かれるので、「学生時代に頑張ったこと」など1つ2つ型を決めておいてそれを活用しました。ただ、添削してもらうことはせず、自分でもあまり何度も読み返したりはしなかった為、面接直前に後悔することもありました。最低限読み返して確認してから提出しましょう。

面接について

過去の先輩が聞かれた内容や答えた内容はチェックするようにしていました。事前に面接練習はしていなかったので、就職活動の後半の方が出来は良かったと思います。本命の企業が6月の解禁以降ならあまり問題ないかと思いますが、選考開始が早いようであれば、それより前に練習をした方が良いと思います。

OB・OG訪問について

OB・OG訪問は特にしませんでしたが、自分がプレエントリーした企業の先輩からリクルーターという形でお会いしていただいたり、志望企業の社員の方との共通の知人を頼りいろいろ教えていただきました。

就活全般について

特になし

就職活動中に失敗した経験

特になし

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

就職活動は行きたい企業や業界が決まっている人、決まっていない人でやり方が大きく変わるのもだと思っています。私は就職活動終盤まで業界を絞らずに活動をしていました。この方法だと、行く先々で自分より多く知識をもっている学生にたくさん会うので焦ることもあります。ただ、いろいろな業界を見た分最終的に1社を選ぶ際には様々な中からの決断なのでとても納得して決められました。周りと比べて焦ってしまうことがあっても自分なりに努力をし続けることが1番大切だと思います。

野村證券株式会社の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業