体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
慶應義塾大学・経済学部
卒業年度
2020年卒
内定承諾企業名
博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
その他内定企業名
サントリー
説明会
11社
OB・OG訪問
21人(7社)
ES・テスト
28社提出 → 21社通過
最終面接
4社
内定
2社
受験企業と選考結果
電通(2次面接落選)・スリーエムジャパン(2次面接落選)・P&G(1次面接落選)・日本テレビ(1次面接落選)・TBS(1次面接落選)・三井物産(1次面接落選)・pwc(GD落選)・三菱商事(1次面接辞退)・伊藤忠商事(1次面接辞退)・住友商事(1次面接辞退)・丸紅(1次面接辞退)・三井不動産(1次面接辞退)・豊田通商(1次面接辞退)・伊藤忠丸紅鉄鋼(1次面接辞退)・三菱商事ファッション(1次面接辞退)・デジタルアドバタイジングコンソーシアム(1次面接辞退)・博報堂プロダクツ(1次面接辞退)・アクセンチュア(ES・テスト落選)・BCG(ES・テスト落選)・pwc(ES・テスト落選)・Strategy&(ES・テスト落選)・双日(ES・テスト落選)・ADK(ES・テスト落選)・味の素(ES・テスト落選)
インターン参加企業

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト=4:4:2。 【サークル】ダンスサークルに所属し、実力向上のために努力を重ねると同時に、ダンス公演の運営を行い、舞台班長として活躍した。 【学業】開発経済学系のゼミに所属していた。日本全国、そして発展途上国の企業に足を運び、独創性に溢れた論文を執筆した。 【アルバイト】大学受験予備校のチューター、外資系アパレルブランドのスタッフを勤めていた。

就活の「軸」

「自分自身、そして他人の好奇心を刺激し続けられる仕事」が就活の軸でした。 自分自身、好奇心旺盛であり、様々なモノ・ヒトと関わりながら仕事がしたい。また、人々の喜びや驚きが好奇心に繋がり、成長していく様子が好きだと感じ、就活軸を定めました。

この業界・企業を選択した理由

クライアントが多岐に渡る上に、自由なコミュニケーションで人々を魅了できるので、「自分自身、そして他人の好奇心を刺激し続けられる仕事」という就職活動の軸に最も合致する会社だと感じたからです。また万が一転職や独立を考えた際に活きるスキルが身に着く環境があると考えたからです。

実際の就職活動のスケジュール

博報堂の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業