ページ上部バナー

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業がweb面接を導入しています。不慣れなweb面接に、不安を感じている方も多いのではないでしょうか。web面接は対面式の面接とは違った難しさがあり、対面式と同じ対応で面接に臨むと思わぬ失敗を招いてしまうこともあります。web面接で陥りやすい失敗と改善点を紹介するので、対策を行い万全の状態で面接に臨みましょう。

web面接の最大の壁は「リアルじゃない」こと

web面接と対面式の面接は、同じ面接であっても全くの別物です。一番の違いは「リアルじゃない」という点にあります。対面で直接コミュニケーションをとる場合とオンライン上でコミュニケーションをとる場合では、同じように話していても相手に伝わる印象が大きく変わってしまいます。対面であれば表情や身振り・雰囲気など入ってくる情報が多いため人柄を理解してもらいやすいですが、上半身しか見えないオンライン上のコミュニケーションでは入ってくる情報が少なく相手のことを理解しにくくなっています。そのため、対面式の面接と同じ対応でweb面接を受けてしまうと、面接官に本当の人柄が伝わらず思わぬマイナス評価を受けてしまうこともあります。

web面接で陥りやすい失敗と改善ポイント

web面接にはweb面接に適した対応で臨まなければいけません。しかし、多くの人がweb面接の適切な対応がわからないために、従来の面接と同じような対応でweb面接を受けてしまい失敗を招いています。少し対応を改善するだけで、面接での印象は大きく変えられます。web面接で陥りやすい失敗点と改善点を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

カメラ目線で話す

web面接を受ける際は、カメラ目線で話すことを心がけましょう。対面式の面接では面接官の顔を見て話すため、web面接でもついつい面接官と目を合わせようとモニターを見て話しがちです。しかし、モニターを見てしまうとカメラから目線が外れるため、面接官には顔をそらしているように映ってしまい印象が悪くなります。また、モニターを見ると目線が下がるため、伏し目がちで暗い印象を与えてしまうこともあります。面接官は直接あなたのことを見ているわけではなく、カメラに映ったあなたを見ています。面接官と目線を合わせるには、モニターではなくカメラをしっかり見るようにしましょう

照明を活用し部屋は明るくする

web面接を受ける際は照明を活用し、部屋をできる限り明るくしましょう。部屋が暗いと表情がはっきり見えないだけでなく、時には暗い印象を与えてしまうこともあります。また、実際の明るさとデバイスを通して見る明るさは、異なる場合があるので注意してください。自分では部屋が十分明るいように感じていても、面接官には暗く映っている可能性もあります。面接官に自分をはっきり見せるために、照明を活用しましょう。

受け答えは簡潔に

受け答えを簡潔に行うことも、web面接では非常に大事です。対面式の面接であれば多少話が長くなったとしても、聞き手は話す人の雰囲気やムードから話の意図を理解することができます。しかし、web面接となると話し手の雰囲気が掴めないため話の理解が難しく、話が長くなればなるほど聞き手の興味は逸れてしまいます。人の集中力はそれほど長くは続かず、27秒を越えると聞き手の興味が逸れるということがわかっています。自分をアピールしようとすると、ついつい話が長くなりがちですが話は簡潔にしましょう。心配しなくても、面接官はあなたの話をしっかり聞いてくれます。一人で長く話すのではなく、面接官とテンポよくトークのラリーをしながら自分をアピールしていきましょう。

web面接は事前の準備が大切

web面接は事前の準備が非常に大切です。実際にカメラを回してみないとわからないことも多いので、頭でポイントを理解するだけでなく適切な対応ができているのか画面を通して確認してみましょう。

カメラ映りを確認

自分が面接官にどう見えているのか、カメラ映りを確認しておきましょう。しっかりカメラ目線ができていても、カメラの位置が低すぎると上から目線に映ってしまうのでカメラの位置にも気をつけてください。カメラは目線の高さと同じ位置にセットするのが基本です。また、自分の映り方だけでなく、背景の映り方も確認してください。必要に応じて片付けや掃除を行い、余計なものが映り込まないようにしておきましょう。

照明の当たり方を確認

照明の当たり方についても確認しておきましょう。照明はデバイスの後ろ側に置き、光が顔に当たるようにセットしましょう。照明を強く当てすぎてしまうと顔が白くなり不自然な見え方になってしまうので、明るさもしっかり調整しておいてください。また、照明を当てた時に影ができていないか確認しておくことも大切です。

話し方を確認

伝えたいことをしっかり伝えるためには、話し方も確認しておかなければいけません。自己紹介だけでもいいので、実際に話してみて簡潔でわかりやすい話し方ができているのか確かめてみてください。また、声の大きさについても確認しておきましょう。声が小さすぎても大きすぎても面接官が話を聞き取りづらくなってしまいます。どのぐらいのボリュームで話せばいいのか、事前に確認しておきましょう。

web面接に適した対応で面接を受けよう

紹介したようにweb面接には、web面接に適したスキルがあります。従来の面接と同じ対応で臨んでしまうと、思わぬ失敗を招くことあるので注意してください。実際にカメラを回しながらweb面接に適切な対応ができているのか確認し、不安のない状態で本番の面接に臨みましょう。

Youtubeでもweb面接のポイントを確認しよう

今回紹介した「web面接で陥りやすい失敗と改善点」については、Youtubeでも詳しく解説しています。実際に動画でみることで、カメラ目線の大切さなど記事の内容がよりご理解いただけると思います。ぜひYoutubeも併せてチェックしてみてください。

▼即改善!失敗するWeb面接の最大の原因