ページ上部バナー
swet1
swet1

6月の本選考、7月・8月の夏インターンに追われている就活生の方へ。
「汗が止まらず、選考に集中できない」、「臭いが気になってしまう」などの汗問題で困っていませんか?
スーツを着ての就活はとても暑いですし、私服と違い、洗濯が簡単にできません。また、面接での緊張で汗が余計出てしまい、困ってしまうこともあります。
筆者も汗っかきなため、シミができたらどうしようと不安に思ったり、そうした不安から更に汗がでるなど就活中、非常に苦しみました。今回は筆者が実際に行った汗対策のうち、効果的だったものを4つ紹介していくので、ぜひ活用してみて下さい。

汗対策をしないとどうなる?

たかが、汗ぐらいで大げさな…と思ったそこのあなた!
汗対策をしていないと、高価なスーツがダメになるなど、かなりのマイナス要素が出てくるのです。汗対策をしていないと、どうなるのか、列挙していきます。

不潔な印象になる

面接では、時間が短い分、第一印象が重要になってきます。そのため、汗をかいたまま、面接に臨むと、不潔だと思われて第一印象が最悪な状態でスタートすることになり、非常に不利な状況に追い込まれます。
女性の場合、汗をかくとメイクが剥げてしまってより悲惨な状況になるので、男性だけでなく女性も汗対策は重要になります。

スーツに臭いがつく

汗対策をしていないと、スーツに匂いがつくことになります。
匂いがつくことなんてあるのかと思うかもしれません。しかし、スーツの場合、クリーニングに出す必要があるため、頻繁に洗うことが難しいです。そのため、汗臭さが、いつのまにかスーツについてしまっていることになりがちです。
スーツは高価であるため、就活生は1~2着程度しか持っていないと思います。そのうちの1着が汗臭くなることは、財布への大きな痛手になるでしょう。

ワイシャツに黄ばみ

汗をかいた状態で、放置しているとワイシャツに汗による黄ばみができてしまうことも。
特に首元や脇部分が、黄ばみやすいです。
ワイシャツはスーツと比べると安価です。それでも、1着ダメにしてしまうことは、お金のない就活生にはきついものがあるでしょう。

効果的な汗対策4選

筆者もかなりの汗っかきで夏場の就活では、汗対策に非常に苦労しました。筆者が実践してきた中で効果的だったものを4つあげるので、汗問題で苦しむ就活生は是非実践してみてください。

ウォッシャブルスーツ

ウォッシャブルスーツとは、洗濯機で洗うことができるスーツのことです。特殊な加工がされているため、洗濯機で洗っても、型崩れや縮みが起きにくいように工夫されています。
ウォッシャブルスーツは汗をかいてしまっても、すぐに自宅で洗うことができるため、匂いがつくことを防ぐことができます。
また、普通のスーツと比べると、安いもので1万円以内のものもあるなど、安価です。クリーニングにいちいち出す必要もないので、クリーニング代も浮きます。かなり経済的にお得なので、まだウォッシャブルスーツを持っていない人は買うことを検討してみてもいいでしょう。

脇汗パッド

脇汗をかいて、脇にシミができてしまったり、そのシミを隠すためにジャケットを脱ぐことができなくなったりして困った経験ありませんか。
そうした脇汗に悩む方には、脇汗パッドがおすすめです。パッドが汗を吸い取ってくれるので、脇シミ・黄ばみを防いでくれます。
服に貼るタイプと直接脇に貼るタイプの2種類あります。直接脇に貼るタイプは、ズレにくく、確実に汗を吸い取ってくれるのでおすすめです。しかし、肌が弱くて直接貼るのに抵抗がある場合は服に貼るタイプを使うとよいでしょう。

半袖タイプの下着

シャツの下に半袖タイプの下着を着るだけでも、汗によるシミや黄ばみを防ぐことができます。半袖タイプの下着だと、脇や背中など汗をかきやすい部分を広くカバーすることができるため、何着か持っておくと、夏場の就活がかなり快適なものになるでしょう。
ちなみに、下着の色は白、ベージュ、黒など様々ありますが、ベージュ色の下着だと白シャツを着ても透けないので、おすすめです。

デオドラントスティック

デオドラントスティックは、脇部分に直塗りすることで、汗の分泌を抑えたり、匂いを抑えてくれます。患部に直接塗るため、効果が出やすいです。そして、べたつかないので、塗ってすぐにシャツを着ることができるので、時間がない朝でもすぐ汗対策できます。サイズも小さいものが多いので、就活中も持ち歩くようにするといいでしょう。

この汗対策は注意が必要!

制汗スプレーは服に向けてしないように!

汗対策で、制汗スプレーを使う人多いと思いますが、服に向けてしないように気をつけてください。服にかかってしまうと、シミになってしまう危険があります。

自宅でのスーツ洗濯は気をつけて

自宅でスーツを洗う場合は、スーツ店での指示はしっかり守るようにしましょう。ウォッシャブルスーツは丈夫にできているとはいえ、間違った洗い方をすると型崩れが起きてしまいます。洗濯ネットに入れて洗う、中性洗剤を使う、陰干しにするなど細かい指示がありますが、それらはしっかり守るようにしましょう。

汗対策を万全にして、夏の就活を乗り越えよう!


夏の就活は、暑さと緊張のダブルパンチで汗を大量にかきやすいです。しかも、蒸れやすいスーツを着なくてはならないことで、イライラすることも多いでしょう。そうしたイライラを軽減するためにも、紹介した4つの方法を使って快適に夏の就活を乗り越えてみてください!