就活スケジュール管理
就活スケジュール管理

実は就活生の誰もが苦労するのは、ES、面接、自己分析などが挙がりますが、実は陰ながらに大きなウェイトを占めているのは【スケジュール管理】ではないでしょうか。この記事では、アプリやノートを駆使して合理的に、絶対間違えないスケジュール管理方法を20卒筆者の経験と併せて考察します。

就活スケジュールは間違えられない

就活期は予定が膨れ上がる

就活生は企業選びや選考前の情報収集に、合同説明会や企業説明会、座談会、OB訪問、面談、面接などと1つの企業だけでとっても多くのイベントに参加する必要があるだけでなく、ESやWebテストの締め切りなど事細かなスケジュールが各企業から提示されます。

加えて金銭面でもアルバイトをしないという人は少ないのではないでしょうか。このような実態から就活生の予定は有無を言わさず膨れ上がっていくのです。

スケジュール管理の必要性

就活や日常生活の予定が膨れ上がるなか、志望企業の選考や予定をうっかり忘れてしまうことは内定獲得の命取りになるでしょう。

そこで、できるだけミスを起こさないように工夫してスケジュールを管理していく必要があります。自己分析や企業分析、ES準備、テスト対策についても予定として組み込んでスケジュール管理することで、もれなく就活対策の時間を作ることができますのでぜひTo doリストとあわせてスケジュールを管理していきましょう。

就活生のスケジュール管理方法

では、就活生の皆さんはどのようにスケジュールを管理しているのでしょうか。最近は、アプリの活用も目立ちますが、トラディショナルなノートも根強い人気です。

アプリ管理の特徴

アプリでの管理の最大のメリットはスマホやクラウド上にスケジュール内容が内蔵される点、予定変更による修正がノートに比べて簡単である点です。ヤフーやGoogleと連携されたスケジュールアプリなどを使えばパソコン上で確認することも可能な場合があります。さらに、いつでも持ち歩くスマホを忘れることはほとんどないため、予定把握ができなかったというミスも起こりにくいでしょう。

一方で、OB訪問などでスケジュール確認を行う際にスマホを取り出すことに若干の抵抗感がある人もいるようです。企業での説明会や面談時にスマホ上の機能でメモをとる人が少ないことからも企業との面会時にはスマホ利用を最低限に抑える傾向にあるのかもしれません。

たしかに、スマホはスケジュールのために開いても、関係のないアプリからの通知や他社からのメール通知が見えてしまう場合もあるため、注意して活用する必要があるでしょう。

ノート管理の特徴

ノートでのスケジュール管理も根強い人気があります。ノートでのスケジュール管理のメリットは自ら自由なスペースにメモを書き込むことが出来る点、より詳細に1日の予定を書き込めるタイプや就活用のデイリー手帳などを選ぶことで自己分析や企業分析ノートとあわせて一括管理ができる点などが挙げられるでしょう。アプリとは異なり、企業との面会時にも臆することなくノートを開くことが出来ます。

一方で、書きこんだ予定を修正する際には、消しゴムで消したり二重線で消して書き直したりと二度手間、見栄えが悪くなる、荷物として持ち運ぶことでかさばるなどのデメリットもあります。

2020卒筆者の就活スケジュール管理

アプリでのスケジュール管理の良い点、ノートでの管理の良い点それぞれをフルに生かし、最終的には全ての予定が頭の中に入っている状態を作ることが最も合理的に就活スケジュールを管理する方法です。

おすすめのアプリと活用方法

筆者が使っていたアプリは、シンプルな予定記載、日程自体は未定だが予定としてあるもの(日程調整中の面談予定や面接予定等)を記載しておくページ付きのもの(タイムツリー等)を活用していました。移動の電車やメールでの案内等があればすぐさま時間をなるべくおかずにアプリに記入します。管理に手間がかからず、一目で見てわかるようにしていました。さらに、グーグルカレンダーも活用することでパソコン上ではgmail内容と同期でき、ミスなく管理できました。

おすすめのノートと活用

一方で筆者は具体的なスケジュールと就活メモにはノートを併用していました。筆者も企業との面会時にスマホを開くことに抵抗があったからです。筆者が活用したのはマンスリーボックスラインのみ入っているノートを、表紙からはマンスリーカレンダーを毎月書き込んで活用し、裏表紙からはウィークリーとして書き換え、日々の就職活動での学びや〆切、注意事項などを少しずつメモするのに使いました。シンプルなノートを自分流に多機能にしていきます。これによってかさばらないノートを必要な情報分類で管理することができるほか、持ち運びにも便利でコストパフォーマンスもよくなります。

ここで、ポイントとしては、付箋も活用して整理しながら書き込んでいくことです。例えば未定のスケジュールをノートに記載する際には、小さい付箋に予定を書き込み、貼っておくようにすることです。こうすることで日時変更した場合もいちいち消したり見栄えを悪くすることなくさっと修正できるのでおすすめです。

就活スケジュール管理は合理的なアプリとノートの併用がベスト

いかがでしたか。就活期のスケジュール管理には手間を割くことが出来ないと考えるよりは確実に、スケジュールをアプリやノートを自分流に活用して頭の中までスッキリさせておくことで、全体としてのパフォーマンス向上につながります。この機会に自分の予定管理方法について見直し、より合理的に確実な方法でスケジュールを組み込んでいきましょう。