就活生に送る、不安・焦りを解消する方法
就活生に送る、不安・焦りを解消する方法

いよいよ今年の就職活動が解禁となり、何をすればいいか分からず焦っている就活生も多いかと思います。この記事ではそんな就活生の焦りや不安の原因を明らかにして解消していきます!

なぜ焦りを感じているのか

そもそも、なぜ今の時点で不安や焦りを感じているのでしょうか。まずはその原因を探っていきたいと思います。

何をすればいいか分からない

就活生の悩みとしてよく聞くのが「そもそも就活で何をすればいいのか分からない」という意見です。確かに、就職活動には受験勉強とは異なり「これができれば内定がもらえる」という明確な基準がありません。3月の広報解禁を目前に控えると、何をすれば正解なのかが分からず不安になる就活生が多いようです。

インターンに参加していなかった

3月の広報解禁時に、これまでインターンに参加していなかったため「出遅れた」と感じて不安になる就活生も多いです。就活生の中には3年生の6月から動き出している人もいます。その中で自分は半年以上遅くスタートしたことに不安を感じてしまうようです。

何がやりたいか分からない

就活生は、これまで考えていなかった「将来何をしたいか」という問題に直面します。幼い頃から憧れている職業があった、大学で目標を見つけたという方は良いですが、正直自分が何をしたいか分からないという学生が大半です。ですが、4年の6月までには答えを出さなければいけないという状況に焦り、不安を感じてしまいます。

インターンの選考がうまくいかなかった

不安を感じている就活生の中には、「インターンに応募したものの、選考に落ちてしまったので本選考でもうまくいかないのではないか」と思っている人も多いです。確かに周りがインターンに軽々と参加していく中で自分は参加していないという状況には焦ってしまいますよね。

内定をもらえる自信がない

内定をもらえる自信がなく不安に感じてしまう、というのもこの時期の就活生によくある悩みです。内定をもらえる自信がない、ということは面接・グループディスカッションなど自分の選考に不安を感じているということに他なりません。

理由はないがなぜか不安

最後に挙げるのが「理由はないがなぜか不安」という就活生です。正解がない就活において、漠然とした不安を抱えてしまう気持ちはよくわかります。しかし、絶対になぜ不安かという理由はあるはずですので、上記のどれかに当てはまるか、もしくは別の部分に不安を抱えているのかよく考え、言語化してみましょう。

焦り・不安を解消するために

では、今挙げたような就活に対する不安をどのように解決すればよいのでしょうか。それぞれ解消法の一部をお教えします。

何をすればいいか分からない

何をすればいいか分からない、という悩みがある方は身近な先輩にこれからどうすれば良いのか聞いてみましょう。また、就活のスケジュールが分からないので何から手をつければいいのか分からない、という場合もあります。そんな方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

内定者が教える!就活が始まる3月の上手な過ごし方
https://www.recme.jp/media/201811061587

インターンに参加していなかった

インターンに参加していないことを後悔しても、時間を巻き戻すことはできません。ですが、インターンに参加した人が優位に働くのは「インターンの特別選考ルートがある」場合くらいです。インターンに参加していなかった人に足りないのは「面接経験」や「業界知識」、「企業の人と繋がり」です。これらは3月からでも十分に築くことができます。まずは説明会やOB訪問に足を運んで業界知識・企業の人との繋がりを得ること、早くから本選考を行なっている企業を受けて面接経験を積むことでインターン参加者に追いつくことも十分可能です。

何がやりたいか分からない

自分が何をやりたいか分からない、という人は自己分析をしてみるのがオススメです。自分がどういったことに重きを置いているか、どんな価値観を持っているかわかり、自分がやりたいことが分かるかもしれません。

第2弾『自己分析』~5大商社無双!2019卒トップ就活生ロジモンがテンプレ就活を斬る!~
https://www.recme.jp/media/201810231479

また、「やりたいこと」から業界・企業を選ぶのではなく勤務地や福利厚生から企業を選ぶという考え方もあります。多くの就活生は「これをやりたい!」と掲げて就活に挑みますが、志望企業に入ったとしても自分が思うような部署に配属されるとは限りません。そう考えると、待遇や働き方から企業を選ぶというのも実は合理的です。

勤務地と給料で選ぶ就職先〜迷える上位校の女子就活生に〜
https://www.recme.jp/media/201902016482

インターンの選考がうまくいかなかった

インターンの選考がうまくいかなかった、という方にお伝えしたいのが「インターン選考と本選考は異なる」ということです。インターンの選考で落ちた企業に本選考で内定をもらうこともあれば、その逆もあります。インターン選考の不合格者を本選考では呼ばない、としている企業は多くありません。インターン選考の面接・グルディスでの反省点を本選考に生かすことが何よりも大切です。

内定をもらえる自信がない

内定をもらえる自信がない、ということは現状で自分の面接・エントリーシート・グルディスなど選考に欠点があることを自覚しているということです。大学のキャリアセンターを利用する、面接練習をするなどして本選考に向けた対策を行いましょう。

理由はないがなぜか不安

理由がないがなぜか不安、という方はまず自分が何に不安を感じているか言語化し、身近な人に相談してみましょう。

誰もが不安を抱えている

就活生は誰もが不安を抱えています。その不安が何なのかを具体的に理解して、不安点を解消していきましょう!