大学で何に力を入れるべきか
大学で何に力を入れるべきか

大学生は比較的自由な時間がある生活を送ります。そんな4年間を何もせずに適当に過ごすのはオススメできません。大学生活では何かしらに力を入れて取り組み、今後の人生の大きな財産にしたいところです。さらに、大学生活の後半には就活を行う人も多いでしょう。そこでも、「大学生活では何に力を入れたか」という質問もなされます。この記事では、大学生活で何に力を入れていくかということを解説していきます。

本気でやりたいことに打ち込む

「就活のために」というのはあまりオススメはできない

「大学で何に力を入れよう」と考えたときに、就活を第一の目的にして考えるのはオススメできません。就活を目的として始めた活動は、もしかしたら就活でもアピールすることができるかもしれません。しかし、目的が就活である以上、途中で簡単に挫折したり、熱が冷めたりしてしまうリスクは高いと言えます。できるだけ、何か別の目的を持って始めたいところです。

自分が力を入れたいと思うことに全力で打ち込む

大学では、自分が「本気でやりたい!」と思うことに全力を注ぎましょう。力を入れることは何でもいいと思います。スポーツでも、アルバイトでも、ボランティアでも何でも問題はありません。
おそらく、その活動を続ける中で壁にぶち当たることはあるはずです。しかし、壁にぶち当たったとしても、自分がやりたいと思ったことであれば、簡単に熱が冷めることはありませんし、その壁を乗り越えようと努力することができるはずです。そして、その壁にぶち当たり、乗り越えた経験などが、結果的には就活で大きなアピールポイントになるのです。

やりたいことは全部やろう

大学で力を入れることの数には制限などありません。自分ができる範囲内で、何なら自分のキャパシティーをオーバーしてでもやりたいことは全部やってしまうべきです。でなければ、必ず後悔することになるでしょう。
実際に筆者も、競技系サークル(体育会に準じる)、塾講師アルバイト、学生団体、長期インターン、読書など、さまざまなことに力を入れてきました。就活中も続けていたので、確かに時間的にも体力的にも精神的にも辛かったです。しかし、自分がやりたいことはやり切ったと胸を張って言うことができています。

特にやりたいことのない人がやるべきこと

前項で「やりたいことに力を入れるべき」と述べました。では、特にやりたいことのない人はどうすればいいのでしょうか。やりたいことが特にない人が「やるべきこと」をいくつか紹介します。もちろん、やりたいことがある人にもオススメです。

読書

まず第一にやるべきだと言えるのは「読書」です。本はいわば「知識の宝庫」です。比較的時間に余裕のある大学時代に、さまざまな知識・価値観に触れておくことで一生の財産になるはずです。そして、その知識・価値観が、キャリアを考えるうえでの良い材料になるかもしれませんし、社会に出て大きなアドバンテージとなるかもしれません。
大学生であれば、大学図書館も無料で利用できますし、生協で割引価格で本を買うこともできます。さらに、「お急ぎ便」「10%のポイント還元」「本読み放題(kindle)」などといったAmazonのさまざまなサービスを破格で利用できるAmazonStudentに登録することもできます。
読書に関しては、他に力を入れたいことがあるという方も、是非時間を見つけてやっておきたいところです。

語学の勉強

語学のスキルを身につけておくことも、特にやりたいことのない人はやっておきたいことです。語学は一つの大きなスキルになります。企業によっては、一定以上のTOEICのスコアを就活生に求めているところもあります。そのような企業でなくとも、TOEICのスコアを評価に加味したり、語学スキルがビジネスで役に立ったりすることは結構あります。あって困るものではないので、時間のある大学時代に語学スキルを付けておくことをオススメします。

大学での勉強

大学での勉強に力を入れることも強くオススメできます。学生の本分は勉強です。大学の成績は良いに越したことはありません。さらに、大学での全体的な勉強はもちろんのこと、ゼミや研究室などで力を入れて学ぶことは、今後の人生の大きな財産になりますし、企業へのアピールにもなり得ます。それが仕事に直結することもあるでしょう。自分が勉強したいと思うことを見つけ、是非力を入れてみましょう。

特にやりたいことのない人が選択肢に入れてほしいこと

特にやりたいことのない人が、大学でやることの「選択肢」に入れるべきだと思うことを紹介していきます。

長期インターンシップ

まずは長期インターンシップです。インターンシップとは、企業の業務理解を深めるためのプログラムのことで、大きく分けて「長期インターンシップ」と「短期インターンシップ」という二つがあります。就活でよく耳にする1dayインターンシップや5daysインターンシップは、「短期インターンシップ」を指します。
長期インターンシップは、企業の中で社員に近い裁量を与えられ、実際の業務を経験するものです。給料が出るものがほとんどで、アルバイトと同様にお金を稼ぐことができます。お金を稼ぎながら、スキルを身につけることができるという意味では、一石二鳥の経験であると言えます。また、就活を前にキャリアについて考える貴重な経験にもなり得るので、就活にも直結させることができます。

留学

留学も一つの選択肢に入れてみてほしいものです。語学スキルを身につけられるだけでなく、異国でさまざまな文化・価値観に触れることで視野を大きく広げることができたり、より先進的な学問を学ぶことができたりします。何の目的も持たずに留学するのはオススメできませんが、何かしらの目的意識を持って行う留学は、必ず一生の財産となり得る経験となるでしょう。

ボランティア活動

ボランティア活動に専念する学生も増えてきました。ボランティアサークルも多く存在し、大学でボランティアのプログラムを用意していることも多いです。困っている人を助けるボランティア活動ですが、そのような現場を自分の目で見ることで、感じるものは必ずあるはずです。ボランティア活動によって視野を広げ、価値観を広げ、感性を広げることは、大きな財産となるでしょう。

大学で何に力を入れるべきか

大学では、自分がやりたいと思うことがあればそれに全力で取り組みましょう。その経験は、結果的に就活の場でもアピールすることができるはずです。特にやりたいことのない人は、ぜひこの記事で紹介したことをやってみて下さい。必ず、その経験は財産になります。一度きりの大学生活を後悔のないように、ぜひ何かに力を入れて取り組んで下さい。そして、就活では胸を張ってアピールしましょう。