かつては就活必需品とされた時計。今日の就活で必要かどうかを、マナー面、実用面から考察します。

気になるマナー

就活経験者が語る、マナーの最近事情

そもそも、かつて腕時計が必需品であった理由は、時間をきちんと守らなければならない社会人にとって、時間を確認する手段がそれだけであることだと思われます。
ところが、現在は携帯電話の普及により、そういった腕時計の独自性が薄れてきています。
そうした世情を反映しているのか、周りの就活生の半分ほどが腕時計をつけていなかったり、面接官でさえつけていない人が見受けられました。
筆者も時計を携えることなく就活を終えました。経験談としては、腕時計を付けているかで減点していると感じたことはありませんでした。
したがって、マナー面ではかつてのように必要とはならないというのが、筆者の結論になります。実用面ではどのようなものかは、以下で考察していきます。

意外とあの場面で。思わぬ実用性

グル―プディスカッションでの時間計測で

グループディスカッションでは、時間配分を設定し、それを基準に行うことが多いと思います。そんなとき必要になるのは時計になります。
昨今は携帯電話で済ませる方も多いですが、画面が暗転したり、通知がひっきりなしにきたり、多くある機能が逆に障害になる場合があります。こうした場で、純粋に時間を測る機能を求めるなら、腕時計に軍配が上がるでしょう。

面接前のちょっとした時間に

面接前の待ち時間が長く感じられることはありませんか。筆者の友人はそんなとき、よくある質問に対する回答を一分測りイメージトレーニングをしていたといいます。腕時計があれば、そうした直前の練習も捗らせることができるのです。そうした練習を行うことができれば、実際の面接も難なくこなすことができるでしょう。

受験と同じ!選考での筆記試験において

時計が必要になる別の場面は、企業選考として筆記試験が設けられるときです。
そのような場合は、受験よろしく時間制限が設けられており、電子機器の使用は認められていないので、時計が必要になります。そうした選考は、いきなり入る場合もあるので、常備している方が無難です。

就活時計のまとめ

マナー面で減点対象にならないとしても、いまなお実用性を発揮する腕時計。持っていた方が何かと便利になるので、お財布事情を勘案しつつ、検討してみることをおすすめします。
持つべき時計のことを詳しく考察した記事は以下にあります。よかったらご覧ください。


参考記事:時計や傘にも気を配ろう。就活の持ち物・必需品