選考内容
選考内容

2019年卒を対象とした楽天の選考は、1次選考から3次選考まですべて面接形式で行われました。この記事では、楽天の各選考フローにおける面接官からの質問内容や、面接の雰囲気などについて細かくご紹介していきます!

1次選考

学生3人、面接官1人の集団面接です。面接時間は30分程度で、和やかな雰囲気のもと行われます。ここでは自己紹介の後、学生時代に力を入れたことや、ゼミの内容について1人ずつ順番に深掘りされるようです。学生3人に対して面接時間が30分ですので、詳しい部分まで深掘りされることはありませんが、自分の番で時間を使いすぎてしまわないように返答は簡潔に行うことを心がけましょう。

2次選考

学生1人、面接官1人の個人面接です。面接時間は30分程度で、和やかな雰囲気のもと行われます。質問内容はオーソドックスなものがほとんどですが、「学生時代に目標を立てて頑張ったこと」「学生時代に失敗したと感じること」など、困難に対してどのように乗り越えたのかということについて知りたがっているようです。他にも、「組織の中でどのような立ち位置であったか」といった質問もされることがありますので、自己分析は欠かさず行っておく必要があります。

3次選考

学生1人、面接官1人の個人面接です。面接時間は20分程度で、この選考が楽天の最終面接になります。最終面接ではありますが、オーソドックスな質問が多く、「自分の強み・弱み」「志望動機、楽天で何を成し遂げたいか」について聞かれるようです。また、面接の最後には逆質問の時間も設けられていますので、企業研究を入念に行った上で志望度の高さや情熱をアピールできるような質問を面接官に投げかけましょう。

楽天の選考まとめ

以上、2019年卒を対象とする楽天の選考内容でした。すべての選考フローにおいて、自分がこれまでどのように考え、行動してきたのかということを論理的に説明する必要があります。特に、困難に見舞われた際にどのように乗り越えてきたのかを重要視しているようですので、スムーズに伝えられるようにしておきましょう。

楽天株式会社の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業