ES/面接
ES/面接

☞この先輩の就活体験レポート&アドバイスを読む!

エントリーシート・テスト

ES

締切
(未回答、項目ごと削除か)
提出方法
マイページのフォームに記入
設問・分量など
学生時代力を入れて取り組んだこと(400字)
志望理由(200字)
総合職(全国型career V)への志望理由(200字)
実際に書いた志望理由
私は進学塾のアドバイザーとして、生徒と信頼関係を築き一人一人に合わせた学習管理を長期間行うことで、志望校合格に貢献してきました。この経験から、信頼関係を通してお客様に「安心」を提供し生活を支える生命保険に興味を抱きました。その中でも貴社はアフターフォローを重視しています。お客様とのつながりを大切にし、長期にわたって寄り添い続けることで深い信頼関係を構築し、安心を提供していく貴社に魅力を感じ、志望します。

テスト

締切・時期
(未回答、項目ごと削除か)
実施方法・形式
ES通過連絡と同時に、SPIの案内。

面接

人事面談

時期
6月上旬
時間
30分ほど
場所
丸の内本社
面接官:学生
1:2
面接官について
3年目の人事部の方。終始にこやかで穏やかでした。
面接の流れ
到着後待合室で待機。時間になると人事の方が迎えに来て部屋に案内され、スタート。
質問内容
①学生時代頑張ったことと、その深掘り。何をどのように頑張ったのか。直面した困難をどのように乗り越えたのかなど。
②総合職(全国型career V)を志望する理由。なぜ志望するのか。どのような仕事に携わりたいか、別の職種ではだめなのか、など。
最後に5分ほど逆質問の時間がありました。
雰囲気・感想
まだ年次が低い方で、席の距離も比較的近くこちらの話を興味深そうに聞いてくれるため、終始話しやすかったです。
選考クリアのポイント
オーソドックスな質問だが、内容よりは簡潔さや面接官とのキャッチボール、印象などのコミュニケーション能力が見られていると感じました。
もう一人の学生の話が非常に長く面接官も途中から飽きているようだったため、普段以上に簡潔さを意識して話したところ、面接官の反応も良かったように感じます。

人事面談

時期
6月上旬
時間
30分ほど
場所
丸の内本社
面接官:学生
1:1
面接官について
中堅の人事の方。ややとっつきにくい印象。
面接の流れ
1次面接と同じ。
質問内容
①学生時代頑張ったことと、その深掘り。何をどのように頑張ったのか。直面した困難をどのように乗り越えたのかなど。
②総合職(全国型career V)を志望する理由。なぜ志望するのか。どのような仕事に携わりたいか、別の職種ではだめなのか、など。
基本的には1次面接と同じですが、1次より深掘りされました。逆質問は10分ほど。
雰囲気・感想
あまり興味がなさそうな雰囲気で、席も遠かったため、やりにくさを感じました。ただ、逆質問で回答に対しさらに質問し、会話を続けることを意識していました。
選考クリアのポイント
志望理由や職種を志望する理由を、自分自身の具体的な経験と絡めて話せたことで説得力が出せた点が良かったのではないかと思います。また、とっつきにくい雰囲気だったが、質問や逆質問においてとにかく会話を続けることを意識したことで、終盤は面接官も柔らかい雰囲気になったので、コミュニケーションを続けたことが良かったのではないでしょうか。

最終面接

時期
6月上旬
時間
30分ほど
場所
丸の内本社
面接官:学生
1:1
面接官について
人事部長クラスの方。年次は高そうでしたが、非常に穏やか。
面接の流れ
それまでと同様、待合室で待機後、面接官に呼ばれます。面接後別室に案内され、入社から5年程度の流れを説明されました。ただし、この時点で内定は伝えられていません。
質問内容
基本的に1次・2次面接と同様でしたが、学生時代頑張ったことに関しては軽く触れた程度で、志望理由に関して結構深掘りされました。
人によるかもしれませんが、それまでの面接と比べ逆質問の時間が非常に長かったです。最後に、内定を出したら就活をやめるかと聞かれました。
雰囲気・感想
面接官は終始にこやかで、こちらの話をしっかり聞いてくれているようでした。また、逆質問に対して、かなり細かく回答してくれたことを覚えています。
選考クリアのポイント
後に人事の方に言われたことですが、頭の回転の速さを評価していただけました。質問に対し、簡潔に的を射た返答をするように意識したことや、逆質問の答えに対してさらに逆質問を続け、話題を深めていったことで、熱意だけでなく、相手の話をその場で理解できていることをアピールできたことが、内定につながったのではないでしょうか。

明治安田生命で働くのに向いている人・向いていない人

向いている人:人のためを思う気持ちが強い人。「人に一番やさしい生命保険会社へ」とういスローガンを掲げている通り、常に顧客のことを考え、顧客のためになる保険商品を考える姿勢が社員の方から見て取れます。そのような姿勢に共感できる人は向いていると思います。
向いていない人:歴史が非常に長く、典型的な日系大企業なので、ベンチャー気質のある人は向いていないかもしれません。

明治安田生命の内定に至ったと思う理由/選考のためにやるべきこと

最終面接の欄にも書いたように、頭の回転の速さを評価してもらえたようです(私自身ではそのような実感はありませんが)。どこの会社でも求められることだとは思いますが、質問に簡潔に応え、逆質問に対する答えを自分自身の中に落とし込み、さらに踏み込んだ質問をするという、面接官とのキャッチボールを続けようと努めた点が高評価につながったのではないかと思います。また、志望動機を自己の経験と結び付けた点や入社してからのイメージをしっかり持てた点も良かったのだと思います。

☞この先輩の就活体験レポート&アドバイスを読む!

明治安田生命保険の記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業