体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
名古屋大学・工学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
デンソー
その他内定企業名
パナソニック
説明会
20社
OB・OG訪問
5人(2社)
ES・テスト
12社提出 → 9社通過
最終面接
3社
内定
2社
受験企業と選考結果
豊田自動織機(3次面接落選)・三菱電機(1次面接辞退)・三菱自動車(1次面接辞退)・トヨタ紡織(1次面接辞退)・日立製作所(1次面接辞退)・アイシンAW(1次面接辞退)・ブラザー工業(1次面接落選)・日東電工(ES・テスト落選)・三菱重工業(ES・テスト落選)・アイシン精機(ES・テスト落選)
インターン参加企業
アシックス(2日間)・豊田自動織機(1日間)・ミズノテクニクス(1日間)・カシオ計算機(1日間)・三菱重工業(1日間)

大学生活の過ごし方

部活動:学業:アルバイト=40:40:20
【部活動】大学1年から4年の5月まで体育会卓球部に所属し、チームの目標である3部優勝を目指して週4回ほど活動。メニューの考案・フォームの指導でケガの減少とスイング安定化を達成。

就活の「軸」

自動車部品メーカーを第一希望職種として考えていました。自動車業界は日本が今後世界をリードし、地球環境と人々の安全性を守る素晴らしい使命があります。そして、CASE(コネクティッドカー・自動運転・シェアカー・EV)と呼ばれる大変革期に将来のモビリティ社会を大きく変化させる役割を担っているのは、高い技術力を誇る自動車部品メーカーだと考えていました。

この業界・企業を選択した理由

総合電機メーカーではなくやはり自動車部品メーカーに就職したかったからです。
デンソーを第一志望とした最大の理由は若手から活躍できるフィールドがあると感じたからです。同業他社の説明会と比べてデンソーでは、技術に関するディスカッションをする際には上下関係はなく一社員として若手の頃から積極的に意見発信できるというお話を何人もの社員から聞けました。また、その中でもデンソーには「製品に対しての誇り」だけでなく同業他社の説明会では感じられなかった「自身の業務に対しての誇り」を合わせて感じることができました。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

研究室の学会準備が忙しく、ほとんど就活の準備はしていませんでした。ただ内心は、周りの友達で2週間程度の長期インターシップに行っている人もいたので、かなり焦っていました。

~年末

夏インターンはESもほとんど書いていなかったため、冬のESを書くのはかなり苦労しました。この時期に書いたESの内容は本選考と直結するので、真剣に自分を見つめなおしてESに取り組むべきだと思います。

1月~2月(広報解禁前)

1dayのインターシップは3社ほど行きました。行くだけで就活をしている気分になり、自分の中では「心の安定剤」の意味合いは強かったです。
しかし本当に行きたかった企業のESがことごとく落ちたので辛い気持ちになりました。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

3月1日の朝から少しでも興味のある企業(大企業ばかり)にプレエントリー。中には個別説明会に行かないとESを提出できない企業もあり、注意深くホームページを確認していました。
就活全体としては、多くの時間はES作成にあてていました。

6月~(面接解禁後)

私が内定を頂いた企業は2度のマッチング面談に合格すると内々定を獲得でき、本来は6月以降から面接が開始になりますが、6月以降は入社の意思があるかどうかの確認をメールで行った程度で面接はありませんでした。

デンソーを受ける就活生へアドバイス

自己分析について

自己分析を一番大切にしましょう。自分の事は自分が一番わかる反面、気づかないことも多いため、研究室の同期(自分にとって一番身近な友達)に自分の長所や短所、性格や気づいた点を納得するまで聞きました。
少し気恥ずかしいかもしれませんが、両親に過去の体験に基づく自分の性格を聞いてみるのも大いにアリだと思います。

ESについて

ESで聞かれることはどの企業もほとんど同じで主に3つです。
(1)研究内容を簡潔に説明する
(2)学生時代頑張ったことを過去の体験に基づいて説明する
(3)志望動機を書く
まず軸をしっかりと決めることができたら、後は少しずつ枝を加えていくだけだと思うので、自分の個性が引き立つような内容を考えるべきです。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

就活専用の掲示板「みんなの就職活動日記」で、面談の際にどのような質問をよく聞かれるのかを事前にチェックするようにしていました。意外に毎年同じような質問をする企業もあるので、就活生は必見です。
本番は緊張すると思いますが、いかに自分のペースにもっていけるかが鍵になります。そのためにも面接官の目を見て話すのは基本中の基本ですね。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

OB訪問はほとんど活用しませんでした。強いてあげるとするならば、友達が興味のある企業のOBが大学に来ているから一緒に話を聞きにいかないかということがあったので、その時にOBの方とお会いしました。興味のない企業だったので年収がどのように上がっていくかなど多少失礼にあたりそうな質問もしてしまった気がします。

就職活動中に失敗した経験

ESでことごとく落選していた時期はかなり落ち込みました。

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

落ちた企業があってもくよくよせず前を向くことが大切です。落ちてヘコむのではなく、その企業とは残念ながらご縁がなかっただけと切り替えるしかありません。くよくよする時間があるならほかの企業の面談にむけてスキルアップすることのほうが何倍も大切です(終わってからでは何とでも言えますが…。実際私は親に励まされながら就活を乗り切った気がします)。

株式会社デンソーの記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業