ES/面接
ES/面接

☞この先輩の就活体験レポート&アドバイスを読む!

エントリーシート・テスト

ES

締切
3/27
提出方法
マイページ上のホームページに記入
設問・分量など
1. 志望動機・デンソーで実現したい事・その根拠となる具体的な経験やエピソード、それらを通して培った強みや今後伸ばしたい専門性(500字)
2. ゼミや部活、クラブ活動などで担う事が多かった役割と具体的なエピソード(250字)
3. 自己PR(400字)
4. 学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容(250字)
5. 学生時代に最も打ち込んだこと(400字以内)
実際に書いた志望理由
日本が世界をリードし、これからも成長を続けていく自動車業界を支える国内トップのグローバル部品メーカーである貴社で国際的なエンジニアとして活躍したいからです。また貴社の社員懇談会を通して、若手の頃から責任ある業務に携わることができ、幅広い技術開発領域で世界初への挑戦を続ける姿勢や、担当する製品に対しての強い誇りを持っていることに対しても強い魅力を感じたからです。将来は、私の叔父が海外の工場で生産技術分野のエンジニアとして働いたように、私も海外のエンジニアと一緒に新たな製品の設計開発や生産設備、生産工程に関わる業務に携わりたいです。私は小学生の頃まで両親の海外転勤によって多くの時間をヨーロッパで過ごし、また学生の頃は1カ月間のフィリピン語学留学やアメリカ大陸横断、体育会卓球部に在籍していた留学生との交流などのグローバルな経験を多くできたので、国籍、性別、年齢の垣根を超えてどんな人ともすぐに親しい関係を築くことができます。今後は英語力の向上とそれぞれの地域の歴史や文化を深く理解し、異文化理解力を高めていきたいと考えています。

テスト

締切・時期
3/27
実施方法・形式
テストセンターにて受検。

面接

1次マッチング面談

時期
4/4
時間
45分
場所
先端技術研究所
面接官:学生
2:1
面接官について
1人の面接官はどの学生に対しても眠そうな態度でした。
面接の流れ
到着後ソファーで待機し、前の学生の面談が終わり次第面接会場へ。
質問内容
推薦を取得する意思はあるかどうか
希望コースの確認
デンソーへの志望動機
入社したらどんな製品を扱いたいか
学生時代頑張ったこと(3分程度)
卓球部ではどんな役割を果たしていたのか
今までの卓球人生の中で立てた最大の目標は何か
雰囲気・感想
面接官の内の1人は、座談会の時に知り合ったリクルーターだったのでほとんど緊張することなく面接を進めることができました。
選考クリアのポイント
相手の目を見て自分の思いを正直に話すことが大切です。後からリクルーターの方から私の印象を伺ったところ、明るくハキハキ話している様子や、集団の中で自分が提供できる価値は何かを考え行動する点が評価されていたようです。

2次マッチング面談

時期
4/16
時間
45分
場所
本社
面接官:学生
2:1
面接官について
技術系の部長・人事課長
面接の流れ
待合室で待機後、時間になると面接官が部屋まで案内。
質問内容
地元の話で緊張の糸がほどけた気がします。
学生時代頑張ったことについて(体育会卓球部での活動内容)、1次より詳しく聞かれた。
志望動機についても質問がありましたが、入社してからやりたい事の方が多く聞かれました。
雰囲気・感想
面接官の2人とも圧迫面接の雰囲気を作らないようにしてくれた気がします。そのおかげもあり、1次同様ほとんど緊張しませんでした。
選考クリアのポイント
リクルーターにもアドバイスをもらいましたが、自分自身がその時々で何を考え、どのような行動をしてきたのかをもう一度振り返って考えをまとめておくことが必要です。適切に面接官に対して思いが伝われば大丈夫だと思います。

デンソーで働くのに向いている人・向いていない人

向いている人:自分の考えをしっかり持っているだけでなく、チームワークを特に重視していると感じました。学生時代にチームスポーツを続けてきた人は面接官に想いが伝わりやすいと思います。
向いていない人:大企業ゆえ多くの人を巻き込む力は大事ですが、自分勝手にあれもこれも自分で進めたい人は向いていないと思います。

デンソーの内定に至ったと思う理由/選考のためにやるべきこと

マッチング面談は個人面談であるため、かなり深い内容まで聞かれます。私は人前で話すことはそこまで得意な方ではないので、どんな質問がくるのかを事前に考えて、Wordで質問内容とその答えを作っていました。基本的にはどの企業も質問内容は似ているため、私みたいに初めて会う人に対して上手に話す自信のない方はこの方法をお勧めします。また、友達や家族と面接練習を行ってもいいと思います。

☞この先輩の就活体験レポート&アドバイスを読む!

株式会社デンソーの記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業