ページ上部バナー
体験談
体験談

就活プロフィール

基本情報

大学・学部
北海道大学・経済学部
卒業年度
2019年卒
内定承諾企業名
アクセンチュア
その他内定企業名
三井住友銀行
説明会
40社
OB・OG訪問
0人(0社)
ES・テスト
35社提出 → 20社通過
最終面接
2社
内定
2社
受験企業と選考結果
損保ジャパン日本興亜(2次面接辞退)・大和証券(2次面接辞退)・PwCコンサルティング(GD落選)・アーサー・ディー・リトル(GD落選)・アクセンチュア(GD落選)・三菱UFJ銀行(1次面接辞退)・東京海上日動火災保険(1次面接辞退)・日本生命保険(1次面接辞退)・第一生命保険(1次面接辞退)・第一生命保険(1次面接辞退)・住友不動産(1次面接辞退)・マッキンゼー・アンド・カンパニー(1次面接落選)・ボストン・コンサルティング・グループ(1次面接落選)・Strategy&(1次面接落選)・A.T.カーニー(1次面接落選)・デロイト・トーマツ・コンサルティング(経営コンサルタント)(ES・テスト落選)・野村総合研究所(ES・テスト落選)
インターン参加企業
三井物産(2日間+1日)

大学生活の過ごし方

サークル:学業:アルバイト=40:40:20
【サークル】ハンドボールサークルで週2回活動。
【学業】地域経済学ゼミで北海道のニセコ町の役場にインタビュー調査に行くなど積極的に活動。
【アルバイト】飲食店にて勤務。

就活の「軸」

①自分の価値を高めて顧客や企業に貢献できるかどうか。
いわゆる「人が商材」と呼ばれるような金融・コンサル業界や総合商社を中心に見ていました。しかし総合商社は、インターンへの参加を通して自分の軸にはあっていないと感じ、本選考ではエントリーを全くしませんでした。総合商社は、自分の力というよりも企業の力によって大きな仕事をさせてもらえるだけだと感じたため、軸にあっていないと感じました。
②社風が自分に合っているかどうか。
自分が上司に向かって意見することが許されるかという点を特に注目していました。

この業界・企業を選択した理由

1番の理由は、上記の①・②の条件を満たしており、内定をもらえた企業が残念ながらこの企業だけだったからです。加えて、人材育成に力を入れている点と、転職市場での評価が実績より上乗せされると感じたことも入社の決め手になりました。私の周りでも、私と同様に1つの企業にとらわれないようなキャリアを想定し、進路先の企業を決定した人は多いと感じます。

実際の就職活動のスケジュール

~3年生夏

戦略コンサルほぼ全てのサマーインターンに応募しましたが、どうしても1回目の面接で落ちてしまい参加することはできませんでした。その他の業界には応募すらしていませんでした。

~年末

札幌開催の総合商社のインターンに参加したのが唯一のインターンとなります。やはり社員の方と直接お話しできる機会は貴重だと感じました。また、総合商社は人気であり、レベルの高い人しか入社出来ないことは認識していますが、どうしても個人の能力が高いのではなく、事業内容そのものや企業が優れているという印象を受けました。企業内の雰囲気を感じ取ることができたため、非常に有意義だったと感じます。

1月~2月(広報解禁前)

自分が1番に志望していた職種ではありませんが、志望していた業界から2月に内定をいただく事ができました。その企業と比較しながら、広報解禁後に受験する企業を絞っていました。また、インターンの選考でES・Webテスト・面接がどのような流れで行われるのか、理解できていたので、周囲と比べて非常に落ち着いていられたと思います。

3月~5月(広報解禁~面接解禁)

説明会にはできるだけ参加し、企業の情報や雰囲気を得るために必死で活動しました。また、周囲の就活をしている人の話を聞き、自分のやりたいことがメガバンクでもできるかもしれないと感じていたので、選考を受けていました。その際のリクルーター面談が自己分析の役に立ったと今では思います。

6月~(面接解禁後)

面接が解禁される前にだんだんと周りに内定が出始め、この頃には2/3ほどが就活をほぼ終えていたと感じます。残りは大手航空会社や総合商社やディベロッパーを志望していた人が多いと思います。自分はメガバンクから内定を頂けましたが、自分が選考を通して憧れていた社員の方が、社内では理不尽に評価されない事があると聞き、自分との相性も考えて現在の内定先を選ばせていただきました。

アクセンチュアを受ける就活生へアドバイス

自己分析について

自分はとにかくイベントに参加するなど足を動かして、社会人や周りの学生の話を聞くことで自分への理解を深められたと思います。その人のタイプによりますが、ネットの情報や本を読んで考えていても自己分析が進むことはなかったので、リアルな体験をすることによって、自分の考えが深まるタイプの人は、積極的に動く事が大切だとおもいます。

ESについて

企業の事業内容や、求める人材は必ずと言っていいほど新卒採用ホームページに書かれています。今までの企業に対する情報を整理して、どうしてESにこのような設問が設けられているのか自分なりに考える事が大切だと思います。読み取れる限り、求められている能力を想定しながら、その内容をアピールできるようなエピソードをかけるように努力しました。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

面接について

選考体験記は必ず見て、書かれている質問リスト作成し、できる限りの準備をして面接に挑んでいました。また、効果的な逆質問ができるように、面接官のバックグラウンドを理解した上で、話が広がるような質問を面接中に考えていました。また、面接中は緊張するので、結論ファーストで答える事以外は、全く考えませんでした。

☞この先輩のES&面接対策を読む!

OB・OG訪問について

OB訪問は全く行わなかったので、リクルーター面談の時のアドバイスをさせていただきます。リクルーターの間で、学生の情報は必ず共有されています。毎回のリクルーター面談で、自身の考えをしっかり深め、社員に指摘された点をしっかり改善する事が重要です。また、リクルーターによって自分がどのような人間で、どのようなポイントが魅力なのか、次回の面接担当の人事に報告されています。リクルーターの誘導に乗ったアピールを行う事で、面接官にも違和感なく伝わると思います。

これから就職活動を始める後輩のみなさんへ

大学受験と違って、企業の合格偏差値のようなものは、あまり当てになりません。優秀だと思った友人が、(もちろん当てになりませんがネット上で)そこまで難易度が高くないとされている企業に落ちたり、またその逆も多く見られました。この事から、企業側は学生の能力に加えて、雰囲気のマッチングも重視している事がわかります。以上の事は一般的に日系大企業と呼ばれる企業の選考にしか当てはまりませんが、自分と雰囲気のあう企業を探し、なぜそう思ったのかという理由を、面接官にアピールする事が重要です。華美な言葉を使用せず、学生らしい表現で伝える事も重要だと思います。頑張ってください。

アクセンチュアの記事一覧に戻る

この企業を見ている人にオススメの企業