大手企業の実情を知ろう!
大手企業の実情を知ろう!

「知名度がある」「安定していそう」というイメージがある大手企業に就職することのメリット・デメリットをまとめたうえで、大手企業の就活で心がけるべきことをご紹介します。いま1度大手企業の実情を把握することで、後悔のないキャリア選択をしましょう。

大手企業に就職するメリット

大手企業に就職するメリットを5つご紹介します。

ネームバリューがある

企業のブランド力により社会的信用を得やすく、仕事やプライベートでの人付き合いでも役立つでしょう。また転職する際も、前職の企業にネームバリューがあると有利です。ネームバリューを重視することは短絡的だとする考えもあるかもしれませんが、日常や将来の選択肢を豊富にしてくれる重要な要素でもあります。

雑務が少ない

大手企業のようなところほど、正社員の雑務は少ないでしょう。雑務は派遣社員やパート、アルバイトの人がこなしてくれるため、正社員はしっかりと自分の業務に向き合えます。筆者は大手マスコミ会社でアルバイトをしていた経験がありますが、アルバイトも部署ごとに組織編成されており正社員の方が雑務を行う場面はほとんど見かけませんでした。

成長できる

大手企業は体系的なノウハウがあり、人材育成制度が整っています。とにかくやってみるよりもある程度インプットしてから実践したいタイプの人には向いているかもしれません。また、資格取得や海外留学などを支援してくれる会社もあり自己研鑽にも時間を使うことができます。しっかりと目的意識を持って主体的に行動すれば大きくスキルアップできる充実した環境が整っているのではないでしょうか。

安定している

やはり待遇の良さについては気になるところだと思いますが、大手企業は事業のみならず、福利厚生、給与などあらゆる面で安定しています。ひとことで安定と言っても様々な意味があるので、関心のある企業があればぜひ調べてみて下さい。

スケールの大きな仕事に携われることも

大手企業ならではの潤沢な資金力をいかしたスケールの大きな仕事に携われることもあります。世の中にインパクトを与えられるような仕事ができるのはとても貴重な経験になるでしょう。海外支社を持っている企業も多いので、グローバルに働きたい方は大手企業がおすすめです。

大手企業に就職するデメリット

大手企業に就職するデメリットを4つご紹介します。

転勤がある

大手企業は全国に支社や事業所を持っているため、将来昇進に合わせて転勤ということもありえます。転勤は生活スタイルに大きく影響を与えるので、それが嫌な人は就活段階で入念に調べておくことをおすすめします。一方で自分のさらなる成長につながる機会であると前向きに捉えることもできるでしょう。

人間関係

大手企業は数多くの社員がいるため、面倒な人間関係があったりと苦労することも多いかもしれません。同期だけでもかなりの人数がいるなかで、競争も厳しいかもしれませんが埋もれないようにしましょう。

スピードがない

大手企業は組織化されているため上司の承認や部署間の調整に時間をとられることも多く、ベンチャーや中小企業と比べるとスピードが遅いです。また縦割りで風通しが悪いこともあるため、働きにくさを感じることもあるかもしれません。しかし近年ではマトリックス型の組織の考え方が広がりつつあり、部署間の垣根を取って全体を俯瞰しやすいようにする組織改革が進んでいます。

業務内容が偏る

大企業では専門的な仕事に集中しやすいですが、裏を返せばそれ以外の業務経験が乏しくなってしまい幅広い業務をしにくいことになります。そのため携わる事業の全体像を把握しにくいというデメリットがあります。

大手就活を行う上で気をつけるべきポイント

大手就活を進めるなかで、就活生が陥りがちなことがあります。気をつけるべきポイントをしっかり確認しましょう。

大手病

大手病とは業界の有名大手企業にしか興味がないことを言います。有名大手企業は当然ながら就活生から人気になるため、難易度が高いです。そのため有名大手企業ばかり受けると、最悪の場合ひとつも内定がもらえないという事態に陥ります。世の中にはあまり目立たない優良企業や日常生活では社名をなかなか目にすることのないBtoB企業もあるので、ぜひ幅広い視野を持って就活をしてもらいたいです。

本質を忘れない

就活を進めるなかで、親からのアドバイスに影響を受けたり周りへの変なプライドが出てくることがあるかもしれません。しかしどんな時も会社は自分の人生の目的を達成するためにあるという本質を忘れないようにしましょう。

自分と向き合って、よりよいファーストキャリアを

曖昧なイメージや変なプライドに左右されることなく、しっかりメリットとデメリットを把握することが大切です。その上で自分の目標を達成するのに適した環境をみつけ、後悔のないファーストキャリアを歩んでください。