ANAインターン
ANAインターン

志望業界として、航空業界を挙げる方も多いのではないでしょうか?中でも、挑戦する社風があるANA(全日本空輸)は、毎年人気企業ランキング上位にランクインしています。今回は、実際の業務内容を知ることの出来る、ANA CAのインターンに関してご紹介します。

会社概要

ANAグループは、航空事業を主軸として様々な事業を展開しています。ヘリコプター2機から始まった民間企業になるので、常に挑戦という姿勢を大切に、新しい事業にたくさんチャレンジしています。連結従業員数は、4万人を超え、現在の就航都市は、94都市です。航空会社をランク付けするイギリスのスカイトラックス社から5スターを7年連続で受賞している日本唯一の航空会社で、海外からのお客様満足度を年々向上させています。業種は、総合職、客室乗務職、技術職など幅広く、業種によって業務内容はかなり変わってくるでしょう。

求める人材像

ANAが求める人材像は、常に前向きで挑戦する姿勢を大切にしている人です。行動指針として、「あんしん、あったか、明るく、元気!」というものがあるように、どんなに困難な壁にあたったとしても、前向きでポジティブに捉えることが出来る人を求めています。また、上記に述べたように挑戦する社風が根付いているので、挑戦する姿勢を持った方を求めています。客室乗務員の選考では、特にチームワークがあるかどうかを重要視して見ている傾向にあるので、チームワーク力をアピールするようなESを書いてみると良いでしょう。

インターン選考フロー

インターンは1日の開催で、選考フローは面接がなく、ESのみになるのでESを完璧にしてから提出するようにしましょう。ES提出後、マイページに合否に関わらず連絡が来るという形になります。

インターン内容

インターンの内容は、客室乗務員の業務内容を理解するものになります。サービスだけではなく保安要員として大切なことは何か、現役の客室乗務員の方とお話をし、疑問点を解決していくような内容です。実際に礼儀やマナーを学ぶことが出来るので、企業・職種理解を深めることができ、おすすめです。

選考に通るコツとは

写真が重要!

面接がなく、ESのみの提出となるので、写真がとても重要です。応募人数もかなり多いので、1人あたりのESを見る時間は非常に少なくなります。そのため、写真で厳しいと判断されてしまう場合も少なくありません。エアラインスクールに通っている方はこの時期に就活用の綺麗な写真を撮ってもらい、インターンに備えている方も多いです。写真は、清潔感があり、綺麗に撮れているものを提出するようにしましょう。

文字数は8~9割

ESの文字数はなるべく多く書くように意識しましょう。文字数をギリギリまで書くことで熱意をアピールすることも出来ます。

読みやすさを意識

客室乗務員の仕事は、お客様の気持ちを読み取り行動することを大切にしています。そのため、ESを書く際も読む人を考えて書いているかを重要視してみています。各設問では、書いた内容をまとめるようなタイトルを「」でつける等工夫して書くようにしましょう。また、抽象的に書くのではなく、自分の経験を具体的に書くことで印象に残るESとなるでしょう。

人との差別化

応募人数がかなり多いので、人と差別化出来るような内容を書くようにしましょう。特別な出来事を書いたほうが良いという訳ではなく、人とは違う工夫等を盛り込み印象付けましょう。カフェのアルバイトやブライダルのアルバイト、サークルに関して書く人は圧倒的に多いので、その中でも自分がどのように動いたかなど自分だけの経験を書くことを意識してみてください。

ESだけで人物像が分かるように

選考がESのみになるので、ESを読んだだけでどんな人か分かるようにしましょう。例えば、チームワークがあるということをアピールしたいのであれば、「サークルの新歓で1人になってしまっている子に目を配り、声をかけるようにした」というような内容を盛り込むことでアピールできます。自分がどのような人物像をアピールしたいか考えて、それに合った内容を具体的に書くようにしましょう。

ANAのインターンはES勝負!

ANA客室乗務員のインターン選考は、ESによって決まります。インターンに参加することが出来れば、本選考でインターンに関して話すことが出来、話すネタが増えます。出来たESは他の人に添削をしてもらうなどして、完璧な状態で提出するようにしましょう。