確実にCAになりたい人必見
確実にCAになりたい人必見

女性がなりたい職業として必ず話があがる客室乗務員(CA)。中には幼いころから憧れていて、絶対にCAになりたいという方もいるでしょう。そのような方のために、今回はCAの選考に有利になる資格をご紹介します。就職活動まで時間のある方は、資格を取得して就職活動を有利に進めましょう!

CA選考に有利な資格とは

TOEIC

CAは機内で外国籍のお客様にサービスをすることが仕事なので、英語を使えることが前提と言っても過言ではありません。そのため、TOEICで求められるレベルもある程度高く、600点以上は取得しておくようにしましょう。帰国子女の方も多く、英語が得意な人が集まる業界なので、800点以上取得しているとかなり有利になるでしょう。特にANAは1年目から国際線を担当するため、初めから求められる英語のスキルは高くなっています。

秘書技能検定

秘書技能検定は、社会人としてのマナーや振る舞い、敬語等を学ぶ試験です。準1級、1級に関しては面接があり、合格率が低くなっているので、取得しているとマナー、礼儀があると思われるため、良い印象となるでしょう。

サービス接遇検定

サービス接遇検定は、サービスへの心構えや顧客心理の理解、応対の技術、言葉遣い、立ち居振る舞いなどを学ぶ、接客マナーの検定です。一通り学んでおくことは接客業界に就職するうえでかなり役に立つでしょう。

赤十字救急法救急員

赤十字救急法救急員の資格は、2日間で取得することが出来ます。CAの志望度が高い人は多くの人が取得している検定となります。AEDの使い方やけがの手当ての仕方、心臓マッサージの方法などを学ぶことができ、2日間の中で筆記試験と実技試験を受け、合否が決まります。合格率が非常に高いので、CAの志望度が高い人は取得するようにしましょう。

手話検定は、手話でコミュニケーションをとることが出来るか判断する試験です。ANAやJALを筆頭に現在航空業界では、心のバリアフリーをとても大切にしています。障害をお持ちの方でも快適に機内でお過ごしいただけるように手話検定を取得しているCAはとても多いです。CAになりたいという方は、合格した後にも役に立つように手話検定を取得してみるのもよいでしょう。

ワインソムリエ

ワインソムリエの資格では、世界各国のワインに関して、ワインの歴史を学ぶことが出来ます。ビジネスクラス、ファーストクラスでは世界各国のワインを提供するので、ワインの知識は必須となります。就職活動中に受ける人は少ないですが、時間がある人は資格に挑戦してみるのも良いかもしれません。

第二外国語の資格

第二外国語の資格に関しては、TOEICの次に大切です。航空業界は、2020年のオリンピック、2020年以降に向けて外国籍のお客様を増やすことに力を入れています。そのため、様々な国の言葉を話すことが出来れば、機内でも即戦力となることが考えられます。ANAは1年目から国際線を担当することになるので、英語だけではなく、中国語や韓国語なども話すことが出来るとかなり良いでしょう。

履歴書に書く時の注意点

ある一定の基準以上のレベルしか記載出来ない

①TOEIC→TOEICを履歴書に記載するには、600点以上の点数が必要となります。そのため、600点に満たない人は600点を目指して勉強しましょう。
②秘書技能検定→秘書技能検定は通常、準一級から履歴書に記載することが出来ます。理由としては、2級、3級は面接がなく簡単な筆記試験のみとなるので合格率がかなり高くなっています。準一級からは面接と筆記試験になるので、合格率が格段に下がるので、準一級、一級は履歴書に記載することが出来ます。

資格の有効期限

TOEIC→TOEICは、2年間が有効期限となるので、定期的に受検するようにしましょう。

上記の資格を取得してCAに一歩近づきましょう!

上記のようにCA受験者が取得しておきたい資格はたくさんあります。就職活動まで時間がある人は、多くの資格にチャレンジし、CA受験に有利になるように努めましょう。時間があまりない人は、TOEICの点数を上げることが出来るように、頑張りましょう!