image2
image2

就活を始めるとこれまでの学生生活にはなかったリズムで行動することも多いのではないでしょうか。そんなイレギュラーによって体型維持が難しくなったり、体調にも影響が出てしまう場合もあるでしょう。就活が引き起こす不調や体系維持が難しくなる原因と解決法、事前の対策方法について再考しQOL(クオリティー・オブ・ライフ)を向上しましょう!

就活によるイレギュラースケジュール

就職活動を始めると様々な精神的、体力的な負荷がかかります。改めて自分と向き合い企業選びをするつらさ・一日に何社も説明会をはしごする体力的負荷・面接でのプレッシャーなどが挙げられますがこうした辛さが続くと体調や選考内容に影響が出てしまうこともありますよね。

不調の実態

プレッシャーや体力的な疲労によって様々なトラブルが生じます。

体調不良・肌荒れ

一番影響が出やすいのは肌が荒れたり、風邪をひいてしまったりすることではないでしょうか。就職活動が本格化してくると肉体的にも精神的にも休息が取りにくくなることも多いようです。特に緊張が続いていた後に頭痛腹痛を起こす場合も多く、突発的な不調に見舞われることもあります。こうした不調は就職活動そのものに影響が出てしまうので避けたいところですよね。一方肌荒れなどの不調はストレスはもちろんのこと、休息・栄養バランスが原因になっていることが多いようです。

体型の変化

実は、就職活動をしていると意外と起こりうる不調が体型の変化です。ストレスや過密なスケジュールによってやせてしまったり、太ってしまったりする人もいるようです。
実は筆者は就職活動をする際の息抜きに食べたり、飲んだりすることが好きでスーツのサイズが合わなくなるほど太ってしまった経験があります。ダイエットと並行するのは非常につらかったです。

不調を改善しましょう

不調は就活や選考のコンディションにも大きな影響を与えてしまうでしょう。不調の改善には、就活スケジュールへの適応を意識した休息・息抜きも重要ですがスケジュールの組み方を改めることも必要です。

生活リズムh3>

ベストは朝方にしておくことです。説明会やインターンシップ、選考は午前中から行われることも多くあり、朝にコンディションを整えられるようにしておくことで疲労がたまりにくくなります。
筆者はもともと比較的夜遅い時間にアルバイトのシフトを入れていましたが、その時間を日中に変更し夜は早く休むことで朝からすっきり活動することができるようになりました。生活リズムを整える重要なポイントとしては、ご飯の時間をある程度定めたり、活動時間の上限を作ることで時間の使い方にバッファーを設ける時期を作ることです。また息抜きの時間も念頭に置いてリズムを作りましょう。

就活スケジュール

就活スケジュールの組み方を工夫することでストレスのかかりにくい就職活動ができる場合もあります。確かに、選考も本格化してくると融通が利かないこともありますが、就活の早期化に伴い、インターン参加社数が増える傾向にある今、インターンの予定を詰め込んでいる就活生が多く筆者もその一人でした。しかしインターンに参加すること同時にその日の活動を振り返ることも企業選び含む就職活動通して重要なので詰め込みすぎないように心掛けましょう。

QOLもアップしていきましょう

上記のようなに不調には、時間の使い方の改善による自己管理が非常に重要です。しかし中には就活期は乗り越えられたけどその後どっと疲れが出てしまう人もいるのではないでしょうか。緊張の糸が切れて就活期の我慢などが不調として現れてしまったのかもしれません。

QOL(クオリティー・オブ・ライフ)は「生活の質」ですが、生活の質とはどのようなことでしょうか。もちろん人それぞれの価値観がありますが、「より良い」と思える生活を送ることでしょう。心身健康を目指して充実感を得られることが大切なのかもしれません。

ある社会人の方から伺うには就活期のような緊張は社会人生活では非常に頻繁に起こりうる状況であることから、就活期の生活は社会人生活の練習だということでした。さらに、採用基準にストレス耐性を見ている企業も多くあるようです。つまり、就活期の生活リズムから試行錯誤し、ストレスや疲労と上手に付き合える自己管理が重要であるということです。社会人生活も謳歌できるよう、今からQOLを高めていきましょう!

心身健康は就活力の源です!

就活期は特にセンシティブな時期でストレスや疲れをためやすい時期ですが、筆者はたくさんの人と話すこと、よく食べて良く寝ることでストレスを消化していくうちに自然とこれまでの生活リズムや習慣を改めることができました。落ち込んだ時には、少し大股で歩くと明るくなれるという噂を聞いたことがあったのでそれらも実践し、充実した生活に近づけた気がします。就活というストレスフルな時期だからこそ、一度見直してみてはいかがでしょうか