就活 日経新聞の使い方
就活 日経新聞の使い方

就活で使うと便利なツールの一つの日本経済新聞について解説します。日経の基本的なことから就活生が読むメリット、読み方まで記事にしました。日経を活用することで、企業研究に役立つので、日経新聞を読んで周囲の就活生と差をつけましょう。

日経とは

他の新聞との違い

日経とは、日本経済新聞のことであり、経済情報を中心に記事が書かれている新聞です。記事の分野としては、経済、企業、政治、国際、マーケット、情報・通信、社会などがあります。日経は他の日本の新聞と比べて経済情報が豊富であり、新聞全体の情報量も他社の新聞と比べるとかなり多いです。

ビジネスマンが愛読

日経新聞は経済情報が豊富なので、ビジネスマンが好んで読んでいます。仕事に直結しやすい情報が多いことや国際経済の情報が多いことが理由にあり、コミュニケーションの1つの話題として認識している人が多いです。特に、金融業界は日経新聞を読むことは必須だと言われていて、実際に銀行の行員の人に、日経新聞を読んだほうがいいよとアドバイスをもらったことがあります。

就活で日経を読むメリット

社会の全体観を知る

日経新聞を読むメリットの一つとして、社会の全体像を掴めることがあります。就活を始めたばかりの学生にとって、まず経済情勢などを知ることは企業研究の事前知識として必要なことです。
また、就活は、OB訪問や座談会など社会人の人と接する機会が多いので、その際に会話の話題となることもあってよいでしょう。
面接において時事問題が聞かれる場合があり、その際に日経新聞を読んでいれば困ることはないです。
実際に、筆者の周囲では日本銀行の低金利政策について意見を求められた場合がありました。

企業研究

日経新聞を読むことで、企業の最新の情報を知ることができます。企業の事業の方針や施策を知ることができ、自身の企業研究に役立ちます。日経新聞は、ネット版や電子版で企業を検索する機能が付いているので、自身の気になる企業を簡単に調べることができ、記事自体も保存することができます。企業もホームページのニュースリリースで情報を発信していますが、日経新聞は複数の企業や業界が同じ他企業などを研究する際は短時間で情報を集めることができるので便利です。
自身の興味のある企業を調べるだけでなく、自分が知らなかった企業を知ることができることも日経新聞を読むメリットです。就活生が企業自体を知る機会は、説明会や就活サイトなどありますが、知る企業数は少なく、幅も狭いです。日経新聞などさまざまな媒体を利用して企業研究をするとよいでしょう。また、日経新聞は興味のなかった業界や企業の新たな一面を知ることができ、その企業の興味が出ることもあると思います。

就活生の日経の利用の仕方

大学のサイトを利用

大学のサイトから日経新聞などの新聞を無料で読むことができます。日経新聞を読むためには、日系電子版で4200円、自宅への配送で4900円月々かかり、学生にとっては高い買い物です。大学のサイトは学生期間は無料購読ができるので、かなりお得なものだといえます。大学のサイトから日経新聞が読めるか確認して、読めるようならぜひ利用しましょう。

無料期間の利用

大学のサイトで日経新聞を読むことができなくても、日本経済新聞社がキャンペーンをやっている場合があり、短期間ですが無料で購読できます。季節ごとのキャンペーンや学生割引などがあり、就活の期間だけ集中的に利用する方法があります。筆者は、春割キャンペーンで5月、6月の2か月無料で購読していました。

日経新聞を読んで他の就活生と差をつけよう

日経新聞は、経済や産業の情報を中心にした新聞です。そのため、ビジネスマンに愛読されていますが、就活生にとっても役立つ新聞だといえます。社会の全体感を知ることや企業や業界の研究など日経新聞を読むことで情報収集が広がってよいでしょう。しかし、学生にとっては購読料を毎月払うのも難しい場合があると思います。その際は、大学のサイトや無料キャンペーンを利用して日経新聞を読んでみましょう。