ビズリーチの働き方・特徴
ビズリーチの働き方・特徴

「ビズリーチ!」、最近CMで良く目にする事でしょう。しかし、そのサービスや会社の実態についてご存じない方が多くいると思います。そんな就活生の皆さんに向けて、この記事では、ビズリーチの行っている事業、社風、選考内容などをご紹介します!

ビズリーチはどんな会社か

ビズリーチは、「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」という企業理念の下、インターネットを活用した社会貢献性の高い事業の創造に取り組んでいる企業です。今年で創業から10年と、未だ社歴は短いですが、創業から急成長を続けています。

ビズリーチが行っている事業

転職サイト「ビズリーチ」に代表されるように、現在は人材に関する事業がそのほとんどを占めています。しかし、企業理念にも書かれているようにインターネット企業を自認しており、人材ビジネスに限らず、新たな事業分野にもチャレンジしていこうと新たな事業を次々に立ち上げています。

ビズリーチ事業

ハイクラス層向けの転職サービス「ビズリーチ」は、社名にもなっていることから分かる通り、創業当社からビズリーチの柱となってきたサービスです。従来の転職は、エージェントを通じて行われるのが基本であったため、転職者が選べる企業はエージェントの抱えるクライアント企業に制限されていました。それに対して「ビズリーチ」は、企業と転職者をプラットフォーム上で直接やり取りすることを可能にしたため、転職者はより多くの選択肢から自身の転職先を選択できるようになったのです。人生100年時代と言われ、転職市場が活発となる中、今後のサービスの成長も見込めるでしょう。

ビズリーチキャンパス事業

皆さんの中でも利用している方も多いのではないでしょうか?こちらの「ビズリーチキャンパス」は、OB訪問をアプリ上で行えるサービスです。その関連サービスとして、「ニクリーチ」というサービスも展開されています。

HRMOS事業

「HRMOS」は、近年日本でも注目を集めているHRテックのサービスです。HRテックのサービスには、今まで人事の経験と感覚によって行われていた業務を定量化することで、人事の業務内容の評価がより明確になったり、より効率的に人事業務が行えるというメリットがあります。HRテックは市場全体としても急成長しており、2017年時点で約20億円だった市場規模が、2021年時点でその30倍の約600億になると予想されています。「HRMOS」事業に関しても、市場全体の成長に合わせて大きく成長していくことが見込まれます。

サクシード事業

人材ビジネス以外にも柱を建てようと立ち上げられたのが「サクシード」事業です。近年、日本では経営者の高齢化も進み、後継者不在が大きな問題となっています。この「サクシード」というサービスは、プラットフォーム上で後継者が不在で存続が危ぶまれている企業と、その事業を継承する企業とのマッチングを促すものです。ビズリーチでは、こうしたインターネットを活用した社会問題の解決に対しても、今後積極的に取り組んでいくことが予想されます。

ビズリーチで働く人

ここまでビズリーチが行っている事業についてご紹介しました。次に、ビズリーチで募集している職種と仕事内容、さらに求める人材についてご紹介します。

募集している職種

ビズリーチでは、エンジニア職、デザイナー職、ビジネス職の3職種での採用となっています(2020年卒の採用情報)。事業内容や組織構造が常に変化し続けているため、配属先などの情報は採用HPには掲載されておりません。そのため、社員の方にお話を聞き、最新の情報へ常にアップデートすることが重要です。

求める人材

続いて、ビズリーチで求められる人材像をご紹介します。ビズリーチには、社内にて大切にされている価値基準として3つのバリューを掲げています。1つ目は、「Work Hard, Play SUPER Hard」。2つ目は、「価値あることを、正しくやろう」。3つ目は、「全員が創業メンバー」です。この言葉から読み取れるように、主体性を持ちつつ、全力で目の前のことに向き合える人が求められていると言えるでしょう。また、創業から新しい事業を次々に作り続けており、常に社内で変化が起こり続けている会社です。その点で、変化に柔軟に対応でき、その変化を楽しめる人が求められているとも言えるでしょう。

ビズリーチの本選考

ここでは、ビズリーチの選考フローについてご紹介します。ビジネス職の場合、グループディスカッション、一次面接、webテスト、二次面接、最終面接と進むようです(2019年卒の情報)。また、各面接の間に、リクルーターとの面談や社員との面談が設定されます。そのため、選考が進んでいくうちに会社への理解がどんどん進んでいくことでしょう。

注意点

ビズリーチは、創業から10年のベンチャー企業です。そのため、新しい事業の立ち上げが行われていったり、組織構造などが変化していったりと、社内が常に変化し続けていくと思われます。新しいチャレンジや周りの状況の変化を楽しめる方にとっては、非常に魅力的な環境でしょう。一方で、自身の置かれている状況が変化していくことに対し、それを肯定的に受け入れることができない方にとっては、そうした環境で働くことがストレスになってしまうこともあるかもしれません。ビズリーチの選考に参加される際には、その点ご注意下さい。

ビズリーチで働くことの魅力

創業してから10年ですが、急成長を続けている会社です。そのため、新しい事業へ次々にチャレンジしていくことができますし、個人の仕事の幅もどんどん広がっていくでしょう。また、ビズリーチは、事業の立ち上げの際に、社会貢献性の高さを重要視しており、自分の仕事が社会の役に立っているという充実感を得られることは魅力の1つです。

ビズリーチを志望する就活生へ

ビズリーチに対する理解は深まりましたでしょうか?企業に興味を持った際は、OB訪問を行ったり、インターンに参加するなどして、実際にそこで働く社員の方にお話しを聞きに行くのが一番です!積極的に行動し、企業の理解を深めていって下さい。