(NO IMAGE)
(NO IMAGE)

面接試験だけでなく、小論文選考を行う企業が増えてきています。ですが、小論文はどのように対策をすればいいのか、検討のつかない人が結構いるのではないでしょうか。企業が評価するポイントと小論文の書き方を紹介していきます。

小論文を課す目的

小論文で出されるテーマは多様であり、回答も人によってさまざまです。企業側にとっても、採点に時間がかかり、労力の必要な試験と言えるでしょう。では、なぜその労力を払ってまで、企業は小論文を課すのでしょうか。
学生に小論文を書かせる目的は面接試験では測り切れない能力を確認する事です。具体的には、「理解力」と「論理性」の二つがあります。

『理解力』を見る

「理解力」とは、第三者の要求をもれなく、誤りなく把握する力のことです。小論文試験では、論文テーマに対して適切に答えているかを見ることで、この理解力の判断をしています。
例えば、「企業に対する問題点とその解決策について述べよ」という課題に対して、「問題点」のみの記述になると、理解力が低いと判断されてしまいます。つまり提示されたテーマを正確にとらえ、問われていることに適切に答えることができるかを見ているといえるでしょう。

「論理性」を見る

「論理性」とは、筋道を立てて物事を整理する力を指します。
小論文の対策をしていない人にありがちなのが、頭に思い浮かんだことを思い浮かんだ順に文章を書いていしまうことです。こういった文章だと、主張に一貫性がなくなり、何を伝えたいのか分からなくなってしまいます。
これに対して、論理性のある人の書き方だと、論文テーマに対する「結論」を最初に記述してから、その後に「結論」を導いた「根拠」や「具体例」を記述しています。自分の考えを整理したうえで、ずれのない主張をする文章を書けるかどうかを通して、「論理性」を見ているといえます。

小論文の傾向を知ろう

小論文の頻出テーマ

小論文で課されるテーマには大きく分けて、4つあります。自分の将来に関するもの、自分の過去の経験に関するもの、時事問題や一般論に関するもの、志望職種や志望企業に関するものの以上4つです。
下の図では、4つのテーマについて、具体例と実際に出題されたテーマも併せて紹介しています。

それぞれのテーマごとに対策をしておくとよいでしょう。特に時事問題が出される場合、予備知識が必要ですので、新聞やニュースに目を通しておくことを早めにする必要があります。

小論文を書くコツ

序論・本論・結論の型で書く

論理性の項目でも書いたように、感じたままをそのまま文章にするのではなく、一定の型で文章を構成することで、論理的に自分の主張を伝えることができます。小論文では大きくわけて3つのパートから構成されます。それが序論・本論・結論であり、各パートに役割があります。
まず、序論では問題提起を行い、それに対する自分の主張を書いていきます。本論では、序論で述べた主張について、説得力のある根拠を提示していきます。説得力のある根拠を書くコツとして、自分の主観ではなく、客観的事実に基づいて書くようにすること、具体例を提示することに気を付けたらよいでしょう。結論では、序論で述べた主張と本論で述べた証拠をつなげて整理していきます。

事前にアウトラインを作る

序論・本論・結論という型で文章を完成させるためには、アウトラインを事前に書くことをお勧めします。事前にアウトラインを書く事で、自分の主張に一貫性がなくなったり、話の内容が問われているテーマからずれてしまうことを防ぐことができます。

小論文の書き方例

では実際に小論文を書いていきましょう。
例えば、「営業職で大事な行動とは」というテーマが出されたとします。まず最初にアウトラインを書き出していきましょう。

まず、出されたテーマに対する自分の主張を序論に書き込んでいきます。この場合であれば、「顧客のニーズに耳を傾けること」です。本論ではこの主張の根拠を述べていきますが、他の意見について触れたり、具体例を盛り込むことでより説得力ある根拠にすることができます。結論は序論の主張の繰り返しになりますので、序論と同じことを書き込んでいきます。一度アウトラインを書いた後も、補足したい考えがあればその都度書き込み、文章の流れと矛盾していないか確認していきましょう。そうすることで効果的に肉付けを行う事ができます。
このアウトラインを踏まえて、文章化していきます。

まとめ

小論文が出される目的と小論文の書き方について紹介していきました。理解能力と論理性を見るテストですので、テーマに適切に答え、文章の構成に気を配っていきましょう。ぜひ、この例文を参考に対策を進めてみてください。