就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

加藤聖樹 プロフィール画像
加藤 聖樹
  • 修士生活の中、国内研究者の将来に不安を抱く
  • 就活ではシンクタンクと迷う
  • これまで経理、国際化事業管理、会議運営業務に従事
経歴
-
東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構 国際交流係
-
10
  • 学生時代
    応用微生物学の研究と、オーケストラサークルでの活動に力を入れました。研究活動を通じて、データ分析能力や自ら課題を設定し解明への道筋を描く力等を身につけました。オーケストラ活動では状況把握力やコミュニケーション能力を身につけ、更には現在の仕事の息抜きにも繋がっています。
  • 2016年12月12日
  • なぜこの会社で働いているのか
    元々は研究者志望でしたが、将来への経済面や待遇面での不安(ポスドク問題等)を主な原因として、研究者の道を選ばず民間企業へ就職していく優秀な友人達を見て、現在の高等教育制度へ疑問を抱きました。その中で、法人化を経て自己変革が可能になった東京大学において変えていけるところは多く、やりがいがありそうだと考えたため、職員の道を選びました。
  • どんな仕事をしているのか
    私の所属する研究所では物理学、数学、天文学の研究者が世界中から集い、宇宙の謎解明のため日々研究を行っています。所属研究者の約半数(40~50人)は外国人で、大部分は日本語が話せません。私の仕事は言語の壁を取り払い、彼らの快適な研究環境をサポートすることです。具体的には、英語で研究費執行ルールの説明会開催、出張や物品調達の際本人と事務担当者の間の調整、科研費申請に関するアドバイス等を行っています。
  • どんな人と働きたいか
    柔軟な思考力を持ち、現状に満足することなく常に自分で考えて改善のための行動に移せる方と一緒に働けると嬉しいです。
2016年12月12日