就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

谷内洋貴 プロフィール画像
谷内 洋貴
  • オーケストラサークルで欧州演奏旅行を敢行
  • 貨物船に乗り込み、日本から台湾まで航行を経験
  • 現地現物主義。事故調査のため午前3時に貨物船乗船
経歴
-
伊藤忠丸紅鉄鋼 物流保険部 物流チーム
-
138
  • 1年目
    物流チームに配属され、中国や東南アジア向けの鋼材出荷を中心に物流業務を担当しました。新入社員時はコンテナでの出荷や国内物流から始め、2年目からは出荷ロットの大きい船積も担当するようになりました。担当向け先(地域)を増やしつつ業務経験を積むだけでなく、実際に貨物船に乗船して船員と共に海外へ航海する乗船研修の機会もありました。
  • 5年目
    海外実務研修制度として伊藤忠ロジスティクスの米国会社(ニューヨーク)に出向し、鋼材だけでなく、穀物・石炭・鉄鉱石など幅広い貨物の用船業務に携わりました。取り扱う貨物の数量は鉄鋼製品よりも大規模となり、取引金額の大きさに冷や汗をかきながら、用船知識や外国船会社との交渉ノウハウ、契約書の作り方を学びました。
  • 7年目
    帰国後は再び物流チームに所属し、中南米や大洋州など遠隔地向けの物流を担当しています。自身の業務だけでなく、後輩の指導や、新入社員研修・ナショナルスタッフ研修の講師を担う機会も得られ、対応する業務の幅を拡げています。今後は大きなプロジェクト案件を担当する事も視野に入れながら、日々機会を探っていきたいと考えています。
  • 2017年01月06日
  • この企業で実現できていること
    • 女性が働きやすい
    • 若いうちから裁量が大きい
    • 日常的に英語などを使える
    • 風通しがいい組織
    • 海外で事業を展開している
    • 優秀な人と働ける
    • 海外勤務ができる
    • 給与が高い
    • 社会貢献性が高い仕事
    • 勤務地を志望できる
  • なぜこの会社で働いているのか
    まず、あらゆる産業の基幹素材である鉄という商材を扱う事で、世界の社会発展に貢献出来ると考えるためです。日々の仕事の中では地道な業務が多く、形になって見えない事が殆どですが、必ずどこかで形になっていると信じて仕事をしています。また、非常に優秀な社員に囲まれて仕事をする環境が刺激的で、その中で少しでも自分が必要とされていると実感出来る事に幸せを感じるためです。
  • どんなときに仕事が楽しいと感じるか
    誰かが自分を頼って仕事の相談を持ちかけてきてくれるなど、自身がこれまで得てきた経験や知識が人の役に立ったとき。また、頭に汗をかきながら最適な船積条件を考え、交渉する事でコストを抑えた結果連携して業務に取り組んでいる営業部隊の利益に繋がる事が決まった瞬間は、自身の存在価値を感じると共に、楽しいと思います。
2017年01月06日