就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

井澤桃子 プロフィール画像
井澤 桃子
営業
  • 中小企業の方々に対する融資業務
  • お客さまから色々なことをご相談いただけること
  • 「一担当者」だけでなく、頼りになる先輩になること
経歴
慶應義塾大学 経済学部
日本政策金融公庫 東京支店中小企業事業営一事業 融資第二課
-
36
  • 学生時代
     履修情報誌(リシュルート)の制作を行う学生団体に所属していました。自分自身が、入学前に大学生活への期待に胸を膨らませて履修情報誌を購入した経験があるため、その情報誌を作成する一員として頑張りたいと思い、4年間雑誌編集に携わりました。
     私は校正や会計等、裏方の仕事が好きだったので、一生懸命やりたいことに取り組んでいる人を陰ながら応援できるような仕事につきたいと思って就職活動を行いました。
  • 1年目
     東京支店の総括課に配属され、お客さまからお預かりした決算書に基づき信用度を判定することや担保査定、契約業務等を行っていました。
     企業の基本的な見方や内部手続き等を学ぶため、集合研修の後、最初は全員バックオフィスに配属されます。OJTにおいて満遍なく融資業務の基礎を学び、それだけでなく工場見学や融資担当者との同行訪問等、融資課配属の後にスムーズに業務を行えるよう顧客対応の業務を行います。
  • 3年目
     東京支店の融資課に配属され、90社程度のお客さまを担当しています。日々、お客さまに訪問し、資金需要に応えられるよう提案を行っています。
     政策性が高い(海外展開、新事業等)事業を行うお客さまには、資金面だけではない支援を心掛けています。例えば、有利な制度を利用するには事業計画が必要となる場合があり、作成支援も行います。それらを通じて、経営者の考えの深い理解にも繋がり、自分の勉強にもなります。
  • 2017年02月14日
  • この企業で実現できていること
    • 女性が働きやすい
    • 社会貢献性が高い仕事
    • ワークライフバランスが取りやすい
  • なぜこの会社で働いているのか
     公庫は政策金融機関であるため、自社の利益を追求する組織ではありません。そのため、お客さまの立場に立って親身に対応することが求められています。法律に基づいた政策実施機関なので、全てのご要望にお応えすることはできませんが、できる範囲で真にお客さまのためになることを追求できる、社会貢献性が高い仕事だと感じています。
     また、育休・産休を始めとした各種制度が整っており、長く働き続けられる職場だと思います。
  • どんな仕事をしているのか
     融資担当として、法人営業活動を行っています。公庫は、長期・固定金利が特色の資金を供給しているため、時には社運を賭けたような大型のプロジェクトのご相談もあります。そういった際に、最適な提案ができるように制度や内部規定について精通するよう努めています。
     また、業界情報や補助金情報等を収集し、融資提案だけではないプラスアルファの情報提供ができるように心がけています。
  • どんなときに仕事が楽しいと感じるか
     ご融資した後、プロジェクトが形になったと報告を受けた時、とてもうれしく思います。
     最初のご相談を受けてから、実際に資金実行し、設備投資等が完成するまでには1年以上かかることもあり、成果が出るまで苦労することもたくさんあります。しかし、公庫の資金のおかげで、助かったと言っていただけることが多く、できる限りのお手伝いができるように日々業務に取り組んでいます。
  • どんな人と働きたいか
     私たちの仕事はお客さまの資金繰りに直結するため、スケジュール管理をしっかり行い、段取り良く仕事をすることが求められます。そのため、上司に的確に報・連・相を行いながら、責任感を持って仕事に取り組める人と働きたいです。
2017年02月14日