PwCあらたの公認会計士育成採用とは?
PwCあらたの公認会計士育成採用とは?

就活で有利になると考えて、簿記を勉強中の就活生の方も多いと思います。しかし、どうせ勉強するなら、いっそのことその知識をキャリアに活かしてみませんか?この記事では、国家試験を未受験の就活生でも公認会計士になることができるPwCあらたの公認会計士育成採用(JCPA)制度について、実際に選考を受けた筆者がご紹介します。

公認会計士ってどんな職業?

そもそも、公認会計士という名称は聞いたことがあるけど、実際にどのような業務を行っているのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。実際に公認会計士は「資本市場の門番」として、多様な業務に関わっています。

監査業務

公認会計士の仕事のメインは監査業務です。株式会社は例外なく、資金を出資してくれている株主に大して企業の財務状態を説明するために、資産・負債を示した「賃借対照表(バランスシート)」や年ごとの損益を示した「損益計算書」などの財務諸表を作成しています。しかし、経営状況が悪化しているのにも関わらず、なんとか出資を引き出そうと財務状態を実際よりも良く見せること、いわゆる粉飾決算に手を染めてしまうケースも多々あります。そのような嘘がないか、きちんと監視するのがこの監査業務です。

アドバイザリー業務

実は、公認会計士もコンサルティング業務を多く行っています。企業の役員に対してより収益を上げるための直接的なアドバイスを提供する外資コンサルとの違いは、専門的な会計知識を生かして、企業が将来陥りうるリスクを洗い出し、回避することで収益性を改善する「リスクコンサルティング」が中心であることです。外資コンサルを「攻め」のコンサルとするならば、公認会計士のコンサルは「守り」のコンサルであると言えるでしょう。

簿記の知識しかなくても会計士になれる!PwCあらたの会計士育成採用

通常、公認会計士として仕事をするにはTACなどの資格予備校で勉強して会計士試験に合格し、その後面接を受けて監査法人に入所する必要があります。しかし、PwCあらた監査法人ではまず育成候補生として入所し、その後監査法人から学習面でのアドバイスや金銭的なサポートを受けながら会計士試験に挑戦できる「会計士育成採用」というルートが存在します。

監査法人BIG4の一角、PwCあらた

PwCあらたは、日本の大手四大監査法人のうちの一つです。四つの監査法人の中では最も歴史は浅いものの、世界157カ国に276,000人以上のスタッフを擁するPwCのメンバーファームであり、特に海外の企業が絡む監査業務において強みを持っています。海外駐在の機会も多いため、グローバルに活躍したい方にとっては最適解の一つともいえるかもしれません。

育成採用を行っているのはPwCあらたのみ

このように、会計士試験を受けていない学生を雇用し、試験合格までサポートする、というルートを実施しているのはPwCあらたのみです。筆者が説明会で「わざわざコストをかけてまで育成するのか」がと質問したところ、「会計士試験を受けている学生は全体でみるとごく一部。その他大多数の学生の中にも優秀な会計士の卵がいる可能性は高いため、このような育成採用を実施している」とのことでした。

落ちたとしても雇用は確保される

「会計士試験をサポートしてくれるといっても、ずっと受からなかったらどうするんだ・・」と思う方もいるかと思いますが、心配無用です。たとえ期限内に合格できなかったとしても、会計知識を使わないポジションで仕事ができます。しかし、実際にこのようになるパターンはなく、今までの育成候補生は皆会計士試験に合格しているとのことでした。

実際の選考フロー

最後に、選考を受けようか考えている方に選考フローをご紹介します。

夏・冬インターン

インターン生限定の説明会が存在し、また参加者の一部は一次のGDを免除されるため、PwCあらたの育成採用に受かるためにはインターンの参加はほぼ必須であると言えるでしょう。簿記を取得していない人でもESの提出のみで選考を受けることができるので、負担も少なくお勧めです。内容としては、簿記の基礎知識の説明の後に、グループに取り組み、最後にパワポでのプレゼンを行いました。

一次面接

一次面接は課題解決型のグループディスカッションです。メンバーは四人で行い、面接官は公認会計士の方が一人付きます。お題に関しては会計知識は全く必要ありませんが、60分程度の時間の中で、協調性を持ちながら議論をスムーズに進めることが要求されます。外銀・外コンの選考を受けている人が多く参加するため、議論のレベルはかなり高いです。

一次面接~最終面接

一次面接はフェルミ推定と個人面接、二次面接は社員:学生=2:1の面接、最終面接は筆記試験を受けた後、パートナーとのケース面接が行われます。倍率はどれもかなり高いので、必ず事前に準備をしてから臨みましょう。

簿記に興味がある人はチャレンジすべき

簿記を勉強する中で「会計って面白いな」と感じた方は、ぜひチャレンジしてほしいと思います。倍率が高く狭き門ですが、他企業を受ける際の練習にもなります。受けることを考えている方は、まずインターンに応募してみてください!