就活持ち物チェック
就活持ち物チェック

就活では場に応じた持ち物があります。面接、インターンなど、様々な場面で活躍する持ち物には、いまや就活の常識とされ、告知されないものも多くあります。ところが、就活を始めたばかりの多くの方が、このような状況に当惑することもあるのではないでしょうか。こういった背景から、今回は、就活を終えた筆者が考える就活必須の持ち物や、あると便利な就活グッズを紹介します。

携帯必須の持ち物リスト

予定確認やメモとして使う『手帳』

就活では、説明会、インターン、面接など情報を手に入れる機会が多々あります。そこでは、たくさんの情報を書き留める備忘録が必要になります。また、次のイベントの開催が告知された場合、予定のチェックを行う必要もあります。そんな場面で活躍するのが、手帳です。手帳はメモのような役割と予定を書き入れる役割を兼ねた、就活生にとって必須の持ち物といえるでしょう。
手帳に関して、手書きかデジタルどちらがいいかは、人によります。以下の記事では、このことについて詳しく考察しました。興味がある方はこちらのURLを参照してください。


参考記事リンク:『就活必須アイテム!絶対使えるおすすめ就活手帳』

書類を美しく保管しよう『ファイルと鞄』

就活では企業との書類のやり取りは思いのほか多いのです。そのため、就活では書類をきちんと保存できるものが必要になります。そこで必要になってくるのが、ファイルと就活カバンです。就活カバンには、書類をきれいな形で保管できる、小さすぎない平面なカバンがよいでしょう。

書類印刷のためのアイテム『USBメモリ』

同じく書類を扱う場面で、USBメモリは重宝します。というのも、これがあれば、印刷し忘れた必要な書類をコンビニなどで印刷できるからです。そういった観点でパソコンも持っていけば、文書の編集もすることができ、書類に関して準備は万全になります。ただしパソコンは重くかさばるものなので、時と場合を考えて持っていくことがいいでしょう。

あるとベターな小物たち

身だしなみを整える『櫛、スーツブラシ』

櫛、スーツブラシは男女関係なく、持っておくと便利でしょう。外出中で、髪型や服装が乱れたとしても、整えることができます。第一印象で失敗しないという意味でも、身だしなみには気を遣うことは重要です。外見に気を付けるという意味では、筆者の友人には、靴磨きセットを常備している人もいました。
これらのアイテムは100円ショップで購入することもできるので、手軽に揃えることができます。

何かと必要となる履歴書セット

就活では、履歴書が求められる場面が少なからずあったため、筆者は履歴書を作成するための道具をひととおり持ち歩いていました。筆者の経験したところでは、とある企業の面接で、事前に告知はされていましたが、履歴書を手渡すことを求められるものがありました。そのときは問題はなかったものの、選考が重なる6月初旬などでは、多忙な中で忘れるという事態に備えて、常に持ち歩くことが賢明です。

とはいえ、必要なのは証明写真と印鑑、履歴書だけです。さらに、履歴書に関してはウェブでフォーマットをダウンロードし作成することができます。つまり、証明写真と印鑑があれば、履歴書を書くことができるのです。

持ち物についてのまとめ

就活では当たり前とされている持ち物でも、就活をはじめたばかりの人にとっては未知の領域です。こうした背景から、就活を経た身として、最低限必要となる持ち物を紹介したいと思いました。このような常識を記事を通して知ってもらい、万全な状態で就活のスタートラインを切っていければ幸いです。