就活曲
就活曲

3年の夏が終わり、いよいよ本格化してくる時期ですね。中にはもう就活に疲れてしまった、辛い、と感じている方もいるのではないでしょうか。筆者も就活中はそんな気持ちになることがありました。そんなときには音楽を聴いて心を奮い立たせていました。この記事では、頑張る就活生にやる気や元気が出る曲をご紹介します。

アップテンポで元気が出る曲

面接の前に自分を奮い立たせたい!そんな方におすすめな、アップテンポで元気の出る曲をご紹介します。

できっこないをやらなくちゃ/サンボマスター(2010)

2010年に発売され、今もなお根強い人気がある「できっこないをやらなくちゃ」。アップテンポな曲調に元気がもらえると同時に、「諦めないでどんな時も君ならできるんだどんなことも」という力強い歌詞に励まされます。筆者自身、面接の前で緊張している時にこの曲を聞いて「自分ならできる」と言い聞かせて緊張をほぐしていました。若手バンドではなく、苦労を乗り越えてきたおじさんたちの言葉だからこそ綺麗ごとに聞こえず、就活中の心に刺さります。

スーパーワーカー/go!go!vanillas(2016)

現在人気急上昇中の若手バンドgo!go!vanillasのシングル曲です。こちらは就活生ではなく戦う社会人に焦点を当てた曲です。pvでは様々な職種の社会人たちが戦っています。学生に鋭い質問を投げかける面接官たちも、普段は今の自分たちと同じように戦っているんだ、と感じることができ面接官に親近感を持つことができます。「睨まれたってひるまない」という歌詞が就活中の自分の心境と重なります。

就活就活/キュウソネコカミ(2013)

最近、どんどん人気を伸ばしている注目バンドキュウソネコカミがインディーズ時代に作った曲。実は彼らも大学時代に就活をした経験があるようです。就活生の気持ちを代弁しているような歌詞に共感すること間違いナシ。就活あるあるが歌詞になっているので、わかるわかるとちょっと笑ってしまいます。紋切型の就活に嫌気がさしてきた方はぜひ聴いてみて下さい。

やってみよう/WANIMA(2017)

auのCMソングに大抜擢され、一躍有名となった「やってみよう/WANIMA」。底なしに元気な曲調・歌詞に明るい気持ちになれます。やってみたいことがあるけれど踏み出せない、勇気が出ないという時に聴いてみると「思い切ってやってみよう!」という気持ちになれます。

Starrrr/[Alexandros](2013)

私たちと同じように営業として就職しながら地道にバンド活動を続けていた[Alexandros]の「Starrrr」は、失敗しても上手くいかなくても立ち上がる彼らの姿を描いています。誰になんと言われても突き進む、という強い決意が歌われており目標に向かって進む就活生にはぴったりな曲です。

ローテンポで心に沁みる曲

選考で失敗してしまった、なぜか上手くいかず疲れた。そんな時に聴くと心に沁みる曲をご紹介します。

今宵の月のように/エレファントカシマシ(1997)

エレファントカシマシの代表曲である「今宵の月のように」。ローテンポな曲調で、ボーカルの渋い歌声が疲れた心に沁みます。就活の帰り道、夜も更けた頃に月を見ながら聴くと、ちょっと泣きそうになります。応援ソングというよりは苦労している人そのものの歌詞ですが、まさに「いつまでも続くのか」と果てしなく感じる就活にぴったりです。

二十九、三十/クリープハイプ(2014)

破竹の勢いで人気を伸ばすバンド、クリープハイプの名曲「二十九、三十」順風満帆に見える彼らですが実は下積み時代も非常に長く、その際の努力しても報われない気持ちがストレートに歌われています。ローテンポな曲調と優しい歌声が疲れた心に沁みます。努力しても思うようにいかない就活生の気持ちと重なる部分が多いんです。面接前よりも、面接で上手くいかなかった時に聴くのがおすすめです。

終わりなき旅/Mr.Children(1999)

Mr.Childrenの不朽の名作「終わりなき旅」。悪いこともあるけれど、常に挑戦し続けたいという歌詞で、就活で嫌なことがあった時にはおすすめです。曲調はゆったりとしていますが、歌詞は力強いので「明日からまた頑張ろう」と元気をもらえます。

就活におすすめの曲まとめ

お気に入りの曲は見つかりましたか?就活は精神的に疲れることも多いですが、音楽は心の栄養になります。ぜひ元気の出る曲を聴いて就活を闘い抜きましょう!