就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

小林正和 プロフィール画像
小林 正和
  • 慶應高校野球部で150人の中でレギュラーの座を掴む
  • 法人営業で銀行の基礎を学び、グローバルな世界へ飛躍
  • 現在は投資銀行部門でプロジェクトファイナンスを推進
経歴
-
三井住友銀行 ストラクチャードファイナンス営業部
-
182
  • 学生時代
    小学校から野球を続けており、高校時代にプレーヤーとして甲子園を目指しました。そして大学時代には、母校である慶應高校のコーチとして様々な経験をしました。コーチ時代には、多様な思いを抱えている選手たち、それぞれの立場になって物事を考えることの大切さを学びました。またコーチとは、教えるのではなく寄り添うことであり、自ら気づきを得られるよう導いていくのが役割なのだと痛感しました。
  • 2016年11月09日
  • なぜこの会社で働いているのか
    入社を決めたポイントは3つあります。第1に、銀行は世界中の様々な企業と関わるため、世の中のことを広く理解できると感じたためです。第2に、製造業のように販売するモノがなく、自分自身がサービスの付加価値になるため、自分自身を鍛えられると感じたことです。最後に、働いている社員の熱い思いです。7回ほど面接を行い、様々な部署の方とお会いしたのですが、全員が熱い想いを持って生き生きと働いていました。
  • どんな仕事をしているのか
    アレンジャー業務とアドバイザー業務の2つを行っています。アレンジャー業務では、プロジェクトの組成に向けて融資を成立させる業務で、銀行にとってなるべく良い条件での融資を目指しています。アドバイザー業務では、スポンサーや事業主に対するアドバイスを行うコンサルティング業務で、銀行の思想を模索しながら事業主にとって良い条件となる融資の実現を目指しています。
2016年11月09日