就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

江木信介 プロフィール画像
江木 信介
マーケティング/企画
  • ソーシャルビジネス支援を目的とした施策の企画・実施
  • 比較的新しい分野であり、前例に捉われない企画が可能
  • ソーシャルセクターにおけるリーディングサポーター
経歴
早稲田大学 法学部
日本政策金融公庫 融資企画部 融資企画グループ
-
50
  • 学生時代
    学生の本分である勉学に加え、アルバイトやサークル活動などを行っていました。
  • 1年目
     津支店に配属となりました。入庫1~2年目は、融資契約・回収事務を担当しました。3年目に審査担当者となり、多種多様な業種のお客さまの審査に携わりました。中には金融に不慣れなお客さまもいらっしゃいましたが、担当者として、企業の強みや課題を引き出しサポートするよう努めました。
  • 5年目
     東京支店に配属となり、2年間営業を担当しました。数多くのお客さまに融資の提案を行い、喜んでいただけることにやりがいを感じました。
  • 7年目
     中小企業庁に出向。中小企業白書の執筆等を行いました。民間企業からの出向者が多い職場だったので、非常に勉強になりました。
  • 9年目
     融資企画部融資企画グループに異動しました。ソーシャルビジネス支援に関する企画業務に携わっています。
  • 2017年02月14日
  • この企業で実現できていること
    • 社会貢献性が高い仕事
  • なぜこの会社で働いているのか
     自分が面白いと思えるかどうかを選択基準として就職活動を行ううちに、金融機関に興味を持つようになりました。中でも日本公庫は公共性が高く、自社の利益よりも企業をサポートすることを目的としているため、民間の金融機関以上に企業に寄り添って深く関わっていけるという点に魅力を感じ、就職先として選びました。
  • どんな仕事をしているのか
     現在の仕事は、少子高齢化や待機児童問題、地域の過疎化、環境悪化など、地域社会が抱える課題の解決に、ビジネスを通じて取り組んでいる社会的企業やNPOを、資金面・情報面から支援する施策の企画です。
  • どんなときに仕事が楽しいと感じるか
     現在の仕事は、お客さまと直接関わる仕事ではありませんが、私達のチームが企画したものが支店の職員を通じてお客さまに届けられ、それを喜んでいただけたとの声を聞くと、やってよかったと思います。自分の仕事が誰かの役に立っていると実感できると、自分の仕事が楽しくなります。
  • どんな人と働きたいか
     自分が何をやりたいかという価値観を大切にし、やりがいを持って仕事に取組める人です。
2017年02月14日