就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

鎌上浩伸 プロフィール画像
鎌上 浩伸
マーケティング/企画
  • ①財務企画及び財務分析②情報システム企画
  • 日本経済を支える役割の一端を担えること
  • 企画能力を向上させ、当社の発展に貢献すること
経歴
東北大学 文学部
日本政策金融公庫 事業企画部
-
37
  • 学生時代
     学生時代は所属する研究室での活動を一番頑張ったと思います。英文学の研究室に所属していたのですが、読み解く書物は主にシェークスピアなどに代表される中世の英文学であり、それまで使っていた英語だけではなかなか意味が分からず苦労した思い出があります。研究室では勉強だけでなく、学生中心に東北名物の芋煮会を開催したりイベントに出掛けたりと様々なレクリエーションにも取り組み楽しみました。
  • 1年目
     さいたま支店で勤務をしました。支店では営業・審査、返済金の受入事務等の一通りの業務を経験し、公庫で仕事をする上での基礎を習得しました。この時に多くのお客さまと直接お会いし、小企業の現場を肌で感じられたことが、今に至るまでの大きな財産となっています。
  • 5年目
     福島支店で勤務をしました。支店では主に営業、審査を担当し、当時東日本大震災からの復興の途上にある中小企業の方々に対し、融資という側面からの支援に取り組みました。震災の影響を受けたお客さまのニーズは様々で、避難先での事業再開や事業転換、復興需要を取り込むための事業拡大など、多様なご相談に迅速かつ丁寧に対応するよう努めました。
  • 7年目
     内閣府に出向しました。内閣府では規制改革推進室という組織に配属され、経済社会の構造改革を進める上での必要な規制の在り方を調査・審議する「規制改革会議」の事務局を務めました。多くの省庁や有識者、業界団体と折衝を行うなど、得難い経験をすることが出来、また民間企業からの出向者が多い職場だったため様々な業界の方々と一緒に働くことで視野を広げることが出来ました。
  • 8年目
     出向期間を終え、現在、本店の事業企画部で勤務をしています。主に国民生活事業の財務内容に関する分析や、公庫全体の情報システム計画に関する企画、調整を担当しています。まだ配属されたばかりのため勉強の毎日ですが、当社全体の運営に関わることが出来る業務であり、今までに無いダイナミックな仕事のため、日々刺激を受けています。
  • 2017年02月14日
  • この企業で実現できていること
    • 女性が働きやすい
    • 社会貢献性が高い仕事
    • ワークライフバランスが取りやすい
  • なぜこの会社で働いているのか
     政策金融機関の職員として、日本経済の成長や地域活性化への貢献、セーフティネット機能の発揮などの使命を持って、仕事に取り組むことができることにやりがいを感じられるからです。また、若いうちから小企業支援の前線に立つことができるため、様々な経営者の方との対話等を通じて見識を広げられるとともに、審査能力や交渉力等、様々なスキルアップに取り組むことができるところにも魅力があると思います。
  • どんな仕事をしているのか
     本店の総合企画部署である事業企画部で、公庫の決算分析や投資家向けの有価証券報告書等の資料作成に携わっているほか、決算内容を踏まえた経営方針の策定、事務効率化に向けた情報システムの企画といった業務にも携わっています。
  • どんなときに仕事が楽しいと感じるか
    ・自分の仕事に対して、お客さまからお褒めの言葉を頂いたとき
     政策金融という角度からお客さまの手助けをすることが出来、感謝の言葉を頂いた時には仕事の楽しさを感じます。
    ・政策に基づく融資制度などを適切に運用できたとき
     経営安定のためのセーフティネット資金など、政策に基づいて作られた制度をお客さまに適切かつタイムリーご案内できたときは、公庫の仕事の社会的意義を実感できます。
  • どんな人と働きたいか
     目標に向かって真剣に、時には笑いながら共に進んでいくことが出来る人と働きたいと思います。
2017年02月14日