就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

大谷香織 プロフィール画像
大谷 香織
営業
  • 農業者及び加工流通業者向け融資業務
  • 農業者の経営発展のために政策金融を実施できる
  • 出向等さまざまな経験を積み、オールラウンダーとなる
経歴
京都大学 経済学部
日本政策金融公庫 高松支店 農林水産事業 農業食品課
-
23
  • 学生時代
     外国人観光客をガイドするサークルでの活動です。サークルでは京都を訪れる外国人観光客を寺社へ案内する活動を行っており、その中で私は新入生の頃、質よりも量を優先したガイドを行った結果、大きな失敗をしてしまいました。それからは量よりも質を重視した、顧客満足度第一のガイドを行うよう方針転換し、リピーター獲得率上位になるまで成長することができました。
  • 1年目
    1年目~現在
     農業者や加工流通業者に対して、営業、審査、融資から融資後のフォローまで、一連の業務を行っています。
     入社2年目には、新規就農者や6次産業化に取り組む農業者への融資など幅広い案件に携わり、3年目には「農業経営アドバイザー」の資格も取得することができました。
  • 2017年02月14日
  • この企業で実現できていること
    • 女性が働きやすい
    • 専門性が身につく
    • 風通しがいい組織
    • 社会貢献性が高い仕事
    • 研修制度が充実している
    • ワークライフバランスが取りやすい
  • なぜこの会社で働いているのか
     学生時代の頃から、何かしら“うねり”のある業界で働きたいという思いが漠然としてありました。その中で農林水産業は、人の生活の中でなくてはならない産業である一方で、TPPや農協改革など、変化の局面を迎えていると感じ、衣食住の根幹をなす第一次産業を少しでも骨太にしたいと思い、入庫しました。
  • どんな仕事をしているのか
     香川県内の東讃地域(高松市以東)の担当として、農業者や加工流通業者向け融資業務や、コンサルティング業務を行っています。少なくとも週1~2日以上は出張に出て、現場の声を聞き、県や本店へ還元し、国の政策に反映できるようにという意識を持って、日々の業務に取り組んでいます。
  • どんなときに仕事が楽しいと感じるか
     顧客との信頼関係を築き、何気ないことでも相談を持ちかけてもらえるときや、新しく農業を始める方や規模拡大に取り組む方の相談に対応し、今後の計画を一緒に検討し、計画を達成して喜んでいる姿を見たときに一番幸せを感じます。
  • どんな人と働きたいか
    ・日本の農林水産業を支えたいという熱い想いを持った人
    ・やると決めたことは最後までやり抜こうとする責任感のある人
    ・相手の懐に入り、課題を解決しようと一緒に悩み抜ける人
2017年02月14日