就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

栁澤萌人 プロフィール画像
栁澤 萌人
営業
  • 農業者・加工流通業者向けの融資(営業、審査、管理)
  • 政策性の高い融資を通じた、お客さま・地域への貢献
  • お客さまや行政機関への政策金融の影響力発揮
経歴
東京大学大学院 農学生命科学研究科森林科学専攻
日本政策金融公庫 宇都宮支店 農林水産事業 農業食品課
-
34
  • 学生時代
     前半はテニスサークル活動、後半は研究に打ち込みました。サークルでは練習等を企画・実行する立場にあり、よりよいサークルにするため意見をぶつけ合いながら年間200日テニス漬けの毎日を送りました。研究では湿地の樹木をテーマとし、関連する文献を読み漁っては実験器具を自作するなど、実験の日々でした。卒論では研究内容の面白さを如何に伝えるか、プレゼンの方法を試行錯誤した結果、論文コンテストで入賞しました。
  • 1年目
    1年目~3年目
     熊本県内の農業者向け融資を担当しました。1年目からお客さまの担当になりますが、上司や先輩のフォローを受けながら、融資相談を受けたお客さまにヒアリングしたり、現地訪問したりするなかで、日々の成長が感じられました。また、農家研修としてお客さまのもとで1週間農作業をお手伝いしたことも、現場の実態を知る大切な機会となりました。
  • 3年目
    3年目~5年目
     九州管内の林業者・水産業者向け融資を担当しました。地域の課題解決に向けた大型投資を担当し、複数年かけてお客さまと打合せを重ねたうえで融資に至りました。また、赤潮災害への対応として、セーフティネット機能を発揮するための融資を担当しました。政策性の高い融資を数多く担当したほか、地域・業種毎の課題について、行政機関と意見交換する等して、政策金融の役割を担うことができたと強く実感しました。
  • 6年目
    6年目~現在
     栃木県内の農業者・加工流通業者向けの融資を担当しています。新規就農者への融資や、補助事業を活用した大規模投資など、経営の節目にあたる融資相談を受ける機会が多く、お客さまの経営発展のそばに立つ金融機関であることを実感しています。他の金融機関との連携にも携わり、融資以外の面からも農業者支援に取り組んでいます。
  • 2017年02月14日
  • この企業で実現できていること
    • 女性が働きやすい
    • 若いうちから裁量が大きい
    • 専門性が身につく
    • 風通しがいい組織
    • 優秀な人と働ける
    • 社会貢献性が高い仕事
    • 研修制度が充実している
    • ワークライフバランスが取りやすい
  • なぜこの会社で働いているのか
     大学での専攻やサークル活動を通じて、「人の支えになる仕事」「日本の一次産業に関わる仕事」に携わりたいと感じ、公庫を志望しました。
     実際に働いてみると、入社前の志望内容に適う仕事であることはもちろんですが、思った以上に行政機関との関わりが強く、国の施策を推進するための政策金融を担う仕事であることに改めてやりがいを感じています。
  • どんな仕事をしているのか
     融資業務を担当しています。
     担当するお客さまに対して、営業や融資相談から審査、融資契約、その後のフォローまで行います。融資手続きにおいては、関係機関との連携・調整も行います。お客さまから現場の状況や今後の展望などお聞きし、日々学ぶことばかりですが、こちらが一方的にお話を聞くだけでなく、何か+αをお客さまに発信したいと考えながら仕事をしています。
  • どんなときに仕事が楽しいと感じるか
     お客さまや関係機関の立場・要望を理解しながら調整を重ね、融資によってお客さまの事業実現のお役に立てたときは、パズルのピースを埋められたような達成感と楽しさを感じます。
     また、お客さまとお話をしていく中で、業界・業種の小ネタや豆知識を聞けるのも楽しみの1つです。
     仕事とは直接関係ないですが、スーパーや直売所でお客さまの商品を見つけるのが楽しくて、商品のラベルをつい確認してしまいます。
  • どんな人と働きたいか
     色々なものに興味を持ち、自分の行動に対して責任と誇りを持てる人
2017年02月14日