就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

ND プロフィール画像
N D
  • 体格はパワー系ですが脳内は理系。
  • 他人と比べたりせず、自分が納得いくまでやる。
  • 悩んだら、より辛そうで楽しそうな方を選んできた。
経歴
立命館大学(BKC) 理工学部 数理化学
DYM 社長室 エグゼパート事業部
-
5
  • 学生時代
    ”通学”です。自然や緑が大好きで、奈良の鹿も出ない奥地で育ちました。好きな数学はどこでもできるので、大阪のコンクリートに埋もれるのではなく自然豊かな滋賀の大学に決めたのを覚えています。片道3時間、下宿生ですら1時限目は遅刻するのが当たり前の中、厳しい通学環境で私の大学生活は始まりました。入学2日目、私は気がつきました。無理であると。以来、自分を泊めてくれる友人を作るため必死に自分を磨きました。自分に付加価値が無ければ、泊めるメリットは存在しない。私は下宿生の友人のニーズを探りました。共通の問題点は”資金繰り”でした。みな限られた仕送りもしくはバイトの給料の中から生活をしており、如何に食費を浮かすかが大学の研究課題よりも深刻でした。ですので私は飲食店でバイトをし、彼らにとって価値のある人間になりました。結果的に下宿代、通学費を浮かしながら学業に励みました。
  • 2017年08月24日
  • なぜこの会社で働いているのか
    圧倒的な人間力を身につけるためです。私がこの会社に出会ったのは内定解禁のちょうどその頃でした。私はかくして4年生では卒業研究以外単位を入れる必要が無かったため、非常に時間がありました。自分の就活の軸とは何なのか、そもそもこのタイミングで就活すべきなのか、数学の道に進むのか。毎日友人と遊ぶ中考えていました。金融や通信・メーカーなどいくつか内定が出だしたそのころ、DYMからDMが届き、ベンチャーも数社、見ておくかと軽い気持ちでDYMの会社説明会に参加しました。面白い人たちが多すぎる。個性の塊。この人たちの仲間になってみたい。そう思わせてくるような戦闘能力のかなり高い社員さんがそこにはいました。今まで大手でブランド力がある世間体の良いところばかりでしか企業を選んでいなかった自分が恥ずかしくなり、ありのままでこの会社で私も勝負してやる!と決めました。それらの想いからこの会社で働くことを決めました。
  • どんな仕事をしているのか
    エグゼパート事業部で働いています。第一線を退かれた上場企業の元役員だった方を、大手・ベンチャー問わず紹介しマッチングしています。普通なかなか採用できないような方々を短時間勤務で企業様にご紹介し、スポットで経営アドバイスや営業の支援等を円滑に行っていただくために仲介のコーディネーターとして働いています。新卒1年目で40歳以上年の離れたエグゼクティブな方々と毎日面談し、その経験や考え方を学びつつ、ニーズのある企業様を見つけては商談もしています。事業部自体も人数が少なく、かなりハードな期間もあります。しかし、それ以上にお客様に本当にいいサービスですよね!と言っていただけることを目標に日々働いています。加えて自分の今までやってきたことや人脈を最大限に利用できる環境なのでここでしっかりと”西川大貴”という人間を世間にアピールすべく毎日がんばっています!
  • どんな人と働きたいか
    底の見えないハングリー精神や確かな責任感をしっかり持ち、そして結果が残せる人だと思ってます。逆にそれらがしっかりある人は意識しなくとも、どこでも活躍できるのではないでしょうか。ITのスキルとか資格とか、まったく必要ありません。そもそも如何に必要とされる人間になれるか、市場価値のある人間になれるかが弊社でも必要だと思っています。もちろんタイミングの問題もあり、努力してもなかなか結果が出ない時期もあると思います。そんな中でも泥臭いことでも丁寧にできる人間。コミュニケーションのとり易い人間。すべてが完璧でなくてももちろんいいので、そんなカッコイイ大人になるために、時に真剣に時に楽しくできる方と働きたいです。だからこそ、一度弊社の社員の人間力を見に来てください!
2017年08月24日