就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

田辺剛 プロフィール画像
田辺 剛
人事
  • 地方から上京、大学時代は応援部とラーメン
  • 入社時TOEIC300点台⇒ハノイ線開設の仕事
  • 幅広い経験:営業⇒客室⇒宣伝⇒海外⇒商品開発⇒人事
経歴
慶應義塾大学 法学部政治学科
ANA(全日本空輸) 人財戦略室 ANA人財大学
-
46
  • 学生時代
    応援指導部に入部し、体育会の応援や練習に明け暮れていました。大学には5年通い、部活動のほかにも、空手に通ったり、皿洗いのアルバイトなども経験しました。
  • 1年目
    最初の配属は大阪支店販売部国内販売課。もともと営業志望でしたので、配属にも違和感なし。旅行代理店営業を担当しました。旅行運賃制度が変わる時期であり、個人旅行の時代が始まる時期でもありました。一年目から販売目標や予算の調整などを任せてもらったことに驚きました。国内線の個人のお客様向けの販売促進など担当し、2002年に異動。
  • 4年目
    客室本部東京客室部に異動。営業の支店とは全く異なる空港の現場の仕事に戸惑いながらも、当時2000名強の客室乗務員たちと楽しく、時には喧嘩もしながら仕事をしました。思い出に残っているのは2009年の羽田・成田の基地統合プロジェクト。皆不安がある中、本当に沢山のCAと話をしました。
  • 11年目
    営業推進本部宣伝部に異動。自社媒体を担当し、機内誌「翼の王国」や機内番組、国内線やANAカードの宣伝、ラジオ番組やスポーツ選手のサポートなどを担当しました。ちょうどリーマンショックや東日本大震災の時期と重なり、宣伝費はいつも厳しい状況でしたが、「翼の王国Books」を立ち上げたことが思い出に残っています。今でも機内誌には強い思い入れがあります。
  • 14年目
    ベトナムのホーチミン支店に異動。総務営業マネジャーとして、営業、貨物営業や総務を担当しました。日本行き営業に加え、United AirlinesとのJoint Ventureを経験。貨物は初めての経験でしたが、パートナーの支援を得ながら、販売体制を立て直しました。最も思い出に残っているのがハノイ−東京線の開設。ベトナム航空局との調整や委託先の選定、社員の採用、運賃設定や宣伝など幅広く経験しました。
  • 18年目
    帰国後、商品戦略部に所属。機内サービスを担当しました。世界最高ソムリエとのコラボレーションに関わる調整が印象に残っています。ワインのセレクションや日本酒選定などは本当に楽しかったです。
  • 19年目
    人財戦略室ANA人財大学に異動。チームスピリット、努力と挑戦など、ANA's Wayを体現できる人財を求めて採用業務に携わっています。
  • 2017年03月31日
  • この企業で実現できていること
    • 魅力的な商品やサービスを生み出している
    • 女性が働きやすい
    • 若いうちから裁量が大きい
    • 風通しがいい組織
    • 海外で事業を展開している
    • 海外勤務ができる
    • 社会貢献性が高い仕事
    • 研修制度が充実している
    • ワークライフバランスが取りやすい
  • なぜこの会社で働いているのか
    入社以来、世界の航空業界での競争は激しくなる一方ですが。そんな環境でも、創業当時の精神を忘れず、新たなことにTeam Spiritsを忘れず、挑戦できる環境にあるのがANAだと思うからです。
  • どんなときに仕事が楽しいと感じるか
    言われたことを言われた通りやるのではなく、自分なりの工夫を加えた仕事を、チームのメンバーと成功させたときには、やりがいを覚えます。
  • どんな人と働きたいか
    仲間への感謝を忘れず、Team Spiritsをベースに努力と挑戦を続けられる人と働きたいです。
2017年03月31日