就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

社内の雰囲気をつくるのは、そこで働く人。
気持ちのいい環境をつくれる人が揃っています。

TOP写真

Profile

永村 真梨子
人財戦略室 ANA人財大学
オペレーションリソースチーム

学生時代にキャリアを選択する上で大事にしていたことを教えてください。

女性も長く働き続けることができる場所。

将来のビジョンが明確にあった訳ではありませんでしたが、学生時代から女性であっても長く働き続けたいと漠然と考えていました。仕事の内容も会社を選ぶ大きな要因ですが、私の場合どんな人達と一緒に働くかが、会社やキャリアを選択する上で重要なことだと感じていました。もう一つの選択ポイントとしては、日本の魅力を海外に広げるような仕事に携われたらいいなとも考えていました。

それを大事にしたいと考えるようになったきっかけは何でしたか。

働く女性への憧れと、留学時代の経験。

年の離れた従妹が海外で働いていたこともあり、単純に働く女性への憧れはありました。海外への関心は、幼少期に親の仕事の関係で海外に住んだ経験があることと、大学で韓国に語学留学をした経験から来ています。特に、現地のサークルで仲良くなった友人達に日本語や日本文化を教えた経験が、日本の魅力を伝えたいと考えるきっかけになりました。

最終的に入社の決め手になったことは何ですか。

採用担当の方の人柄から社内の良い雰囲気が感じられた。

説明会の雰囲気や、採用担当の方の人柄がとても印象的だったことを覚えています。学生に対して親身になって接し、ホスピタリティ精神にあふれていました。もちろん、職場領域の広いグローバルスタッフ職事務の仕事にも魅力を感じましたが、採用担当の方を通して気持ち良く働ける空気感や人間関係を含めた社内の雰囲気を感じられたことが、最終的な決め手となったと思います。

働き始めてから入社前とのギャップはありましたか。

お客様から感謝の言葉をいただけるのは思いの外うれしい。

最初に配属された部署は、羽田空港旅客部でした。発券カウンターやロビーでのご案内が主な仕事です。私は入社するまであまり国内線を利用したことがなかったので、羽田空港の忙しさには正直驚きました。最初のうちは、急いでいるお客様に場所を尋ねられると自分も一緒に急いでしまい、お客様を不安にさせてしまったこともありましたが、業務に慣れるに従い、お客様とのコミュニケーションを楽しむ余裕もできました。現場の業務は、当然大変なことも多いですが、お客様から感謝の言葉を直接いただけたことは、思いの外うれしいものでした。女性の活躍という面では、あまりギャップは感じていません。周りの先輩や同期が出産・育児休暇から復職している様子を見ますし、自分自身、女性活躍推進に関する研修に参加させてもらうなどして、今後のキャリアと向き合っています。

ANAの総合力とスペシャリティの高さを実感。

次に異動となったフライトオペレーションセンターでは、多様な業務の方々が一丸となってフライトを支えていることを知りました。私の主な業務は、パイロットのスケジュール作成でしたが、実に多くのスペシャリストが最前線で懸命なサポートを繰り返していることを知りました。天候はいつも安定している訳ではありません。常に想定外のことを念頭に置き、全員でイレギュラーを乗り切っていく。そこにどれだけの方々の安全への思いが集約されているか。ANAの総合力とスペシャリティの高さを実感することができました。

今後はどのようなキャリアを歩んで行きたいですか。

仕事と家庭の両立を目指したい。

自分がこれまでオペレーション分野で培った経験は、今後も様々なところで繋がりを持つと思います。グローバルスタッフ職には、幅広い職場領域がありますが、どのような分野に行ったとしても経験や人脈を活かして取り組んでいきたいと思います。まだ先のキャリアは明確ではありませんが、先輩や同期の経験やアドバイスなどを伺いながら、仕事と家庭の両立を目指していきたいと考えています。

自身のキャリア選択に迷っている学生へのアドバイスをお願いします。

働く社員の雰囲気や相性も一つの判断材料。

学生の頃は、自身が働くことをイメージするのは難しいかも知れません。実際自分がそうでした。でも、自分の好きな空気感や雰囲気は知っているはずです。そうした要素をベースに、働く社員の雰囲気や相性が会社やキャリアを決める判断材料となることもあるのではないでしょうか。社内の雰囲気を決めるのは、そこで働く人です。ANAという会社は、一つの飛行機を飛ばすためグループを含めた大勢の人たちがチーム一体となって仕事をしています。感謝や思いやりの気持ちが、ANAグループを一体にしている。ANAには、そうした環境を作り上げている人達がたくさんいます。

この記事を共有する
この人が所属している企業

ANA(全日本空輸)

旅行・レジャー

  • 3,421
  • 3
  • 世界のリーディングエアラインを目指すANA
  • 日本のおもてなしを世界の空へ
  • 拡大を続ける世界の航空輸送マーケット
インタビュー
この人に興味をもったら「気になる」してメッセージを受け取ろう

TOPにもどる