就活生のすべてを支える就活サイト「レクミー」

山本幸平 プロフィール画像
山本 幸平
人事
  • ドメスティックな学生からグローバルな社会人に
  • 3年目で歴史的な新ビジネスプロジェクトの主担当に
  • ジョブローテーションでキャリアプランを実現
経歴
大阪市立大学 法学部
川崎汽船 人事グループ人材開発チーム
-
67
  • 学生時代
    フィールドホッケー部に所属し、副将として3部最下位から2部優勝まで導いた。自身が率先して練習をしたり、チーム内でのモチベーションを統一したりすることで、精神的な支柱としてチームを支えた。
    学業では、専門とは異なる教職科目を履修し、教育実習も経験した。
    また、アルバイトとしては、塾講師・家庭教師・レストラン・ホテル・カフェなど、多いときには1日4件のアルバイトを行うなど、ハードなスケジュールを送る。
  • 1年目
    2011年4月~2013年3月(2年間)
    同期で唯一、名古屋での配属となる。
    コンテナ船関連の貿易書類発行業務や、コンテナ自体の在庫管理などに従事。
    2年目には東海・北陸エリアの全港のコンテナ在庫管理を主担当となり、効率的且つ最低限の在庫保有とすべくコストセーブに取組む。
  • 3年目
    2013年4月~2016年9月(3.5年間)
    東京に戻り、コンテナ船の集荷営業に従事。
    大手から個人事業主まで幅広い顧客を担当。40社から始まり3年半で80社まで担当を増やす。入社3年目で、某世界的メーカーの世界会議に出席しプロジェクトの主担当に。挫折を味わいながらも、最終的には数億円規模の売上に繋がるビジネスに発展。そのビジネスは、過去にKLINEが参入したことが無く、歴史的な快挙とも言われた。
  • 6年目
    2016年目10月~2017年目7月(9ヶ月)
    人事グループへの異動。
    人事制度や労務関連を経験。労働組合との春闘対応や規程改定を行なうとともに、働き方改革や組織風土改革(よりよくプロジェクト)などの旗振り役も任せられる。
    社内での人脈が拡がり、労務関係の知識も蓄積できた期間であった。
  • 7年目
    2017年目8月~現在
    人事グループ内で、別チームへの異動。採用と研修の担当となる。
    採用計画の策定から、具体的な参加イベントの検討、アピール方法の検討などゼロからの企画を進めていけることが難しさもあり、面白さでもある。
    たくさんの学生の皆様と対話を通して、当社の魅力をお伝えしたい。
  • 2017年10月03日
  • この企業で実現できていること
    • 魅力的な商品やサービスを生み出している
    • 若いうちから裁量が大きい
    • 日常的に英語などを使える
    • 専門性が身につく
    • 風通しがいい組織
    • 海外で事業を展開している
    • 優秀な人と働ける
    • 海外勤務ができる
    • 給与が高い
    • 社会貢献性が高い仕事
    • 研修制度が充実している
  • なぜこの会社で働いているのか
    就活での企業選びの軸は、事業フィールドの広さ。多種多様な価値観に触れながら、自身も成長し、結果的に誰かに影響与えられるような存在になりたいと思った。海運業は、グローバル且つ、他業種と仕事が出来る点に魅力を感じた。なかでも就活中に出会った川崎汽船の社員は、一見馬鹿っぽくフランクだが、実は熱い気持ちや信念を持っている人が多く、非常に惹かれた。自分もそんな先輩のようになりたいと思い日々精進している。
  • どんなときに仕事が楽しいと感じるか
    今まで経験してきた業務は、自身の裁量で進められる仕事も多く、その仕事が評価されたときは、自分自身を認めてもらえたように感じ、嬉しく、楽しさややりがいを感じる。営業であれば、新しいビジネスを発見した時、お客様に名前を覚え貰った時、自分の仕事を評価してもらい仕事を任せてもらった時など、節々にモチベーションが上がる機会があった。現在の採用企画も、明るい結果を想像しながら取組むと俄然やる気が沸いてくる。
  • どんな人と働きたいか
    プロ意識を持って、仕事を楽しめる人。
    その業界に入り、担当する仕事が出来た時点で、その道のプロになる。自身の仕事に対価が発生している事を理解し、責務をやり遂げられるような人と仕事がしたい。ただし、会社に尽くして仕事をするというより、ON/OFFの切替が出来て、自分の仕事に誇りを持って楽しんでいる人がいいなと思う。是非、自信が楽しめるような、モチベーションを高く取組めるような仕事を見つけて欲しい。
2017年10月03日