転職エージェント

30代に絶対登録してほしい転職エージェント3選|利用時のポイントも紹介!

30代は、今後のキャリアについて真剣に考え始める人が急増する時期だ。

ちょうど就職してから10年を迎える人が多くなり、仕事の方向性について改めて見直す人が多いだろう。

しかし、中には

  • 30代が転職のチャンスというのは本当だろうか
  • このまま40代になって、果たして自分は活躍できるのだろうか

と、将来に対するぼんやりとした不安を抱える人も少なくない。

今回は、転職に向けて一歩踏み出したい30代に向け、おすすめのエージェントを紹介する。

転職エージェントを使うときのポイントも解説するため、是非目を通してみよう。

30代が転職エージェントを使うときのポイントは?

早速、30代が転職エージェントを使うときのポイントを解説する。

自分に合ったエージェントに依頼する

まず、自分に合ったエージェントに依頼することが重要だ。

転職エージェントは、特定の業種・職種・年齢に特化しているケースも少なくない。

例えばIT業界に特化したエージェントや、プログラマー・エンジニア・デザイナーの転職に特化したエージェントも存在する。

また、20代・第二新卒・既卒向けのエージェントがあったり、反対に管理職・専門職などハイクラス層に向けたエージェントがあったりするのだ。

転職成功のためにも、まずは自分に合ったエージェントを探すことを優先するとよいだろう。

ここだけはエージェント登録前の話なので、エージェントに手伝ってもらうことはできない。

複数を比較・検討しながら進めるのがおすすめだ。

自分のキャリアを棚卸しする

次に、自分のキャリアを棚卸しする。

  • どんな会社にどれくらい勤めたのか
  • どんな仕事に関わってきたのか
  • どんなスキルや経験を得られたのか
  • 何人くらいのどんなタイプの人と一緒に働いてきたのか

など、過去のキャリアを一旦全て洗い出そう。

こうすることで、自分の得意・不得意が分かったり、向き・不向きなどの適正が可視化されたりするのだ。

自分ならではのアピールポイントを見つける自己分析にもつながるため、時間をかけて取り組もう。

何から手をつけていいか分からない場合は、率直にエージェントへ相談するのもおすすめだ。

質問項目を用意したうえで、順序だてて聞きながら手伝ってくれるだろう。

将来の希望を明確にする

次に、将来の希望を明確にしよう。

  • 希望する業種や職種
  • 勤務地や転勤の有無
  • 求める年収や生活レベル
  • 40代50代にどうなっていたいか

仕事内容や勤務地など基本的な項目から、10年後20年後のキャリアプランまで、深堀りしていこう。

「子どもが2人いて、マイホームが欲しいからこれくらいの年収がほしい」

「高齢の親から離れたくないので、転勤や海外赴任がない会社がいい」

など、希望する理由やバックグラウンドも添えることで説得力を増せる。

希望は遠慮なくエージェントに伝え、自分に合った仕事探しを手伝ってもらおう。

ただし、希望ばかりで仕事の幅を狭めたり、身の丈に合わせない高い条件を出したりするのはNGだ。

最低限求める条件のみに絞り、選択肢を減らさないよう注意しよう。

業界分析・企業分析を丁寧に行う

次に、業界分析や企業分析を丁寧に行うのも欠かせない。

気になる業界・職種・企業があったら、それに関する情報を仕入れよう。

その仕事に詳しいエージェントであれば、業界の裏話や最新の動向を教えてくれる場合もある。

進みたい道を明らかにするためではなく、面接の通過率の上げるための方策であるため、しっかり時間をかけて丁寧に行うのがポイントだ。

面接や書類の準備をする

面接や書類の準備も、入念に行おう。

エージェントによっては、履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる場合がある。

また、模擬面接をしたり、適性検査の練習をしたりすることも可能ですから、積極的に活用していこう。

30代は、始めて転職活動をする人も少なくない。

面接で聞かれそうな項目をリストアップし、企業分析を行い、入念な準備をしていくことが内定獲得までの近道だ。

30代におすすめの転職エージェント4選

ここからは、30代に特におすすめしたい転職エージェントを厳選して紹介する。

自分に合ったエージェントを探すためにも、是非目を通してみよう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントだ。

10万件以上の非公開求人を扱っている

リクルートエージェントは、10万件以上の非公開求人を扱っている。

非公開求人には、公開開始と共に応募が殺到してしまう超大手企業の求人や、倍率の高い業界・職種の求人が多数存在する。

慎重に候補者を選抜したい企業が多く、非公開求人を目的として転職エージェントに登録する人も少なくない。

多くの選択肢の中から転職先を選びたい人には、非常におすすめのエージェントだ。

業界・職種・地域に制限をかけていない

リクルートエージェントの特徴は、業界・職種・地域に制限をかけず、幅広い求人を扱っている点にある。

「地方在住だから求人があるか心配」

「どんな業界に進みたいか、自分の希望がはっきりしていない」

という人でも利用しやすく、転職先の選択肢を広く設けておくことができるのだ。

まずは色んな会社を比べてみたい人に向いているのである。

積極的に年収交渉をしてくれる

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、年収交渉に積極的だ。

提示されている金額以上の年収で相談してくれたり、キャリアや経験に見合ったポジションに就けたりするようバックアップしてくれるのである。

「勤務地や仕事内容はとても条件にあっているけれど、年収だけがネック…」

という場合でも、応募を諦める必要はない。

内定後の交渉次第で数十万~百万単位での年収アップも望めるため、あらかじめ希望のラインを伝えておこう。

検索機能が豊富

リクルートエージェントは、検索機能が豊富なのも特徴だ。

業界トップクラスの求人数を扱うからこその検索機能であり、自分に合った会社が探しやすくなっている。

「未経験歓迎」「30代歓迎」などのタグを使えば、より30代に適した求人が見つかるだろう。

なかには「東南アジア・インドでの転職」「中国での転職」など海外赴任前提の検索もできるため、興味がある人は活用してみよう。

https://www.recme.jp/careerhigh/entry/recruit-agent-registration

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する転職エージェントだ。

年収アップに強い

パソナキャリアは、年収アップに強い転職エージェントとして有名だ。

転職者の年収アップ率は全体の67.1%と、驚きの数字だと言えるだろう。

その理由は、パソナキャリアの丁寧な自己分析にある。

自分のアピールポイントを見つけやすく、企業へのアプローチがしやすくなるのだ。

そのため、手が届かないように思えた高年収の求人に応募できたり、内定後の給与交渉が成功したりする確率が高くなっている。

30代になって今までよりも年収をグッと上げたいと考えている人は、是非登録してみよう。

ライフスタイルに合わせた転職をしやすい

パソナキャリアは、時短勤務や完全在宅勤務ができる求人を多く扱っている。

結婚・妊娠・子育て・介護などのライフスタイルに合わせた転職がしやすく、一見ハンディキャップのように感じる要素も問題にならないのが特徴だ。

働き方の多様化を応援している会社でもあるため、転職を諦めがちな人でも積極的なチャレンジができるだろう。

また、転勤や残業の有無から会社を選ぶこともできる。遠慮なくアドバイザーに相談してみよう。

パソナキャリアでしか扱っていない独占求人が多数ある

パソナキャリアでは、パソナキャリアでしか扱っていない独占求人が多数存在する。

独占求人は転職市場になかなか出回らない高収入求人や有名企業の求人が多く、希少価値が高いのが特徴だ。

また、新規事業の開始や新部署立ち上げに伴って重要なポジションに就ける可能性の高い求人も存在するので、キャリアアップを目指す人が狙わない手はない。

これを目的にパソナキャリアに登録する人もいるため、他のエージェントを利用してしっくりこなかった場合に試してみるのもおすすめだ。

ハイクラス転職をおすすめされる場合がある

パソナキャリアを利用していると、アドバイザーからハイクラス転職をおすすめされる場合がある。

パソナは「パソナハイクラス」という転職エージェントも運営している。

パソナハイクラスは年収700万以上の役職クラス求人がメインであり、スキルの高い人材が多く集まるのだ。

アドバイザーに、ハイクラスでも通用するスキルや経験があると思われた場合、より高いランクでの転職がしやすくなる。

最初からハイクラス向け転職エージェントを使うのはハードルが高いと感じている人は、パソナキャリアに登録して相談するのがおすすめだ。

https://www.recme.jp/careerhigh/entry/pasona-registration

dodaエージェント

dodaエージェントは、パーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントだ。

面接の日程調整を丸任せできる

dodaエージェントは、日程の調整を丸任せできるのが強みである。

空いている日程や曜日を伝えて、希望する会社を選びさえすれば、後はアドバイザーが企業に連絡して面接のアポを取ってくれるのだ。

在職中に転職活動したい人や、忙しくてなかなか時間が取れない人におすすめのサービスだ。

業界ごとに専任のアドバイザーがいる

dodaエージェントには、業界ごとに専任のアドバイザーが存在する。

そのため、業界ごとに異なる風習や繁忙期などのリズムに高い理解があり、特殊な仕事や専門性の高い仕事であっても要点を抑えてアピールしてくれる。

また、転職市場は変化が早いと言われている中でも、業界の最新ニュースや動向をしっかり把握し、業界分析や企業分析を助けてくれるのだ。

採用する側からも転職する側からも好評のシステムであり、ミスマッチ転職をしたくない人は是非活用してほしいサービスだといえる。

地方での転職に強い

dodaエージェントは、地方での転職に強いのも特徴だ。

全国47都道府県の求人を扱っているため地方での採用にも積極的であり、また地方で暮らしながら都心の会社に勤めてフルリモートワークをするという求人も複数扱っている。

新型コロナウイルス流行に伴い求人数が少なくなったエリアであっても、問題なく転職できる可能性が高まるだろう。

もちろん都心での案件も豊富なので、地域による心配なく利用できそうだ。

全体の8割近くを非公開求人が占めている

全体の8割近くを非公開求人が占めているのも、dodaエージェントならではだ。

ひとりひとりに合った案件を質重視で紹介することに重きをおいているため、手当たり次第に応募しやすい公開求人よりも、アドバイザーが個別に推薦でいる非公開求人の割合を増やしている。

そのため、採用後に後悔したりイメージとズレが生じたりするような転職が少なく、離職率も低いと言われているのだ。

転職をゴールと考えず、入社後の働きやすさを重視したい人は、dodaエージェントに依頼してみよう。

https://www.recme.jp/careerhigh/entry/doda-registration

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する転職エージェントだ。

ハイクラス向け求人が多い

JACリクルートメントで扱う求人の多くは、ハイクラス向けであるのが特徴だ。

管理職や専門職などのハイクラス向けが多く、40代50代転職者の利用も多い。

しかし、30代で利用する人も一定数存在する。

高年収を狙いたい人や、既にマネジメント職経験のある人は、利用してみる価値があ

大手からベンチャーまで幅広い

JACリクルートメントは、誰もが知る大手企業からベンチャー企業・スタートアップ企業まで幅広い求人を扱っている。

そのため幅広いキャリアプランに対応でき、多様な転職ニーズを満たしているのだ。

例えば、外資系企業に転職して海外赴任することも、ベンチャー企業で転職後すぐ経営層として就任することも可能である。

自分の選択肢を広げたい人は、JACリクルートメントを利用してみよう。

アドバイザーのレベルが高い

JACリクルートメントのアドバイザーは、業界に精通したプロが多いのも有名だ。

それぞれ得意分野ごとに専門を分けており、業界人でも驚くような知識を持っていることが多い。

そのため、未経験の業界に転職する場合でも心強く、既に就業経験のある業界に転職する場合でも、自分のスキルを正確に見積もってもらいやすくなるのだ。

キャリアアップ転職を叶えるのはアドバイザーの質によるという意見もある。

専門性を求めるのであれば、JACリクルートメントを頼るのがいいだろう。

サービスクオリティが高い

JACリクルートメントは、アドバイザー個々のスキルはもちろん、全体的なサービスクオリティが高い。

  • あらゆる問い合わせへの原則24時間以内返信
  • 初回面接当日までに求人の有無を知らせる
  • 書類選考や面接の結果が24時間以内に通達

など、とにかく対応が早いのだ。

クイックレスポンスに優れているため、転職への熱が高い状態で即行動に移せるのもメリットである。

自分のモチベーションを高く保つ上でも、おすすめのエージェントと言えるだろう。

https://www.recme.jp/careerhigh/entry/jac-recruitment-2021

まとめ

30代は、自分のキャリアを見つめなおし、今後の仕事を考えるチャンスの時期でもある。

40代になって慌てて転職しても、思うような仕事が見つからなかったり、今の会社の勤続年数に見合った十分なスキルが得られなかったりするため、今のうちよく考えておこう。

今回は、下記4つの転職エージェントを紹介した。

  • 取扱数業界最大クラスの「リクルートエージェント」
  • 年収を上げたい人向け、キャリアアップエージェント「パソナキャリア」
  • 地方案件や専任アドバイザーが多い「dodaエージェント」
  • ハイクラス転職に定評のある「JACリクルートメント」

この4社はそれぞれ強みも異なるため、場合によっては複数登録しながらエージェントとの相性を見ていくことも可能だ。

ミスマッチの少ない転職ができるよう、早速利用してみよう。

ABOUT ME
キャリハイ転職編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に、より良いキャリア選択や、悩み解消の一助になる情報をお届けすることを目指しています。 外資系企業、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップ、起業など、さまざまなバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。 各執筆者の見解・持論は、編集部全体を代表するものではございません。
編集部のおすすめ転職サービスランキング
編集部おすすめの転職サービス