転職で年収が上がりすぎることはある?年収が上がる人の4つの特徴をご紹介

転職年収上がりすぎ

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社コレックが制作しています。

「転職で年収が上がりすぎることある?」

「転職で年収が上がる人ってどんな人?」

転職で年収が一気に上がったら、誰しも嬉しいと思いますよね。ただ、実際に転職で年収が上がりすぎることはあるのか、どうすれば年収が上がるのかわからない、そんな人も多いとおもいます。

この記事では、転職で年収が上がりすぎることがあるのか、年収が上がる人の特徴は何かを解説しています。逆に年収が下がる人の特徴や転職以外で年収を上げる方法も記載しているので、転職を考えている人は参考にしてください。

転職で年収を上げるなら、転職エージェントの利用がおすすめです。企業やヘッドハンターからスカウトが届くビズリーチなら、効率的に転職活動を進められます。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

転職で年収が上がりすぎることはある?

転職して年収が上がる人は約3割

厚生労働省の調査によると、転職して年収が上がったと回答した人は34.9%でした。年収が増加した人のうち、前職の年収から1割以上増加したと回答してた人は24.5%と、増加した人の大半が前職の1.1倍以上の年収になっています。

出典:令和4年雇用動向調査結果の概況

転職での年収アップ相場(上がり幅)は前職年収の1.1倍

転職での年収アップ相場は、前職の年収の1.1倍といわれています。もちろん前職の実績や持っている資格・スキル次第では、年収をさらに上げることも可能です。

転職で年収が上がりすぎる人の4つの特徴

  • 平均年収が高い業種に転職した人
  • より大きな企業へ転職した人
  • 外資系企業へ転職した人
  • 需要のあるスキルを持っている人

平均年収が高い業種に転職した人

転職で年収が上がりすぎた人の特徴として、平均年収が高い業種に転職した人が挙げられます。国税庁の調査によると、最も平均年収が高い化学工業と、最も低い農林水産・鉱業では、年収の差が270万円もあります。

年収をすぐに上げたい人は、平均年収が高い業種への転職も検討してみましょう。しかし、異なる業種に転職をした場合、転職先で有用な資格等をあらかじめ取得していないと、給与が下がる可能性があることも留意しましょう。

業種別の平均年収

業種別の平均年収
化学工業 568万円 その他
製造業
448万円
金融保険・
不動産業
558万円 サービス業 431万円
運輸通信
公益事業
551万円 卸小売業 408万円
金属機械
工業
545万円 繊維工業 353万円
建設業 493万円 農林水産・
鉱業
298万円

出典:国税庁ホームページ

中小企業から大企業へ転職した人

転職で年収が上がりすぎる人の特徴は、中小企業から大企業へ転職した人です。中小企業の平均年収は423万~481万円ですが、大企業は585万円と、100万円以上の差があります。

大企業は中小企業に比べて売上や利益額が大きい傾向にあるため、その分、高い給与を従業員に支払えます。年収を大きく上げたいなら、自分の経験が活かせる業種の大手企業に転職しましょう。

企業規模別の平均年収

企業規模別の平均年収
大企業


約585万円

中企業


約481万円

小企業


約423万円

出典:令和4年賃金構造基本統計調査の概況

※大企業は従業員1,000人以上、中企業は従業員100~999人、小企業は従業員10~99人で分類

外資系企業へ転職した人

外資系企業の平均年収 日系企業の平均年収
約800万円 458万円

転職して年収が上がりすぎた人の特徴として、日系企業から外資系企業に転職した人が挙げられます。外資系企業の平均年収は、日系企業の2倍弱の800万円と言われています。

しかし、外資系企業は成果に応じて給料が変動するインセンティブ制度を採用しているため、自身の成果によっては給料が下がってしまう可能性もあります。

外資系企業への転職を考えているなら、まずは転職サイトのビズリーチとハイクラススカウトのリクルートダイレクトスカウトには最低でも登録しましょう。外資系業界に強いエージェントが多数在籍しているのでおすすめです。

需要のあるスキルを持っている人

転職して年収が上がりすぎる人の特徴は、需要のあるスキルを持っている人です。中でも英語を実務に支障がないレベルで扱える人は、年収が高くなりやすい傾向にあります。

また最近では、エンジニアの年収が1,000万を超えるなど、エンジニアの需要が高まっています。プログラミングスクールなどでスキルを磨けば、エンジニアに転職して年収が上がるでしょう。

好需要のエンジニアは未経験でも転職可能

IT転職に強い転職エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【エンジニア経験者向け】
  • ・IT/WEB業界の中でエンジニア特化
  • ・初回提案での内定率90%
マイナビITエージェントマイナビ
IT AGENT
公式サイト
  • 【IT業界全般おすすめ】
  • ・IT/WEB業界出身アドバイザー多数
  • ・年収アップも狙える
ワークポートワークポート公式サイト
  • 【IT業界未経験の方におすすめ】
  • ・IT/WEB/ゲーム業界の転職に強い
  • ・未経験でも応募できる求人が多い

転職で年収が下がる人の3つの特徴

  • 転職で役職が下がった人
  • 自分の能力を過大評価している人
  • 転職先と条件の交渉が行えない人

転職で役職が下がった人

転職で年収が下がる人の特徴は、転職時に役職やポジションが下がった人です。役職やポジションが下がると、管理する範囲や責任が少なくなるため、給料が低くなりやすいです。

しかし、中小企業から大企業へ転職した場合、役職やポジションが下がっても給料が上がることはあります。役職や給料の変化が気になる人は、転職先の企業と交渉しておくと、急な年収ダウンを回避できます。

自分の能力を過大評価している人

転職で年収が下がる人の特徴は、自分の能力を過大評価している人です。自分を過大評価している人は、能力が伴っていないのにもかかわらず、希望年収を高く設定する傾向にあります。

自分の能力を過大評価している人は、自身の希望と企業の求めている人材のギャップによって、転職活動を失敗してしまう人が多いです。転職活動時には、必ず自分のスキルを客観的に見直す機会を設けましょう。

転職先と年収の交渉が行えない人

転職で年収が下がる人の特徴は、転職先と年収の交渉が行えない人です。年収交渉をしない人は、より高い年収で転職できる可能性を捨ててしまっているだけでなく、最悪年収が下がってしまう恐れもあります。

年収交渉を行う自信がない人は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。株式会社リクルートキャリアの調査によると、転職エージェントを利用した転職者の6割以上が年収アップしています。

いまより年収を上げたい方へ

「現職で年収アップできる気がしない」

「転職したいけど会社選びが難しい」

こんな悩みを抱えていませんか?年収を上げる最短ルートは、そもそもの平均年収が高い会社に転職することです。

年収600万円以上のハイクラス求人を中心に扱っている「ビズリーチ」なら、収入が上がる優良企業に転職できる可能性がかなり高いです。

調査機関によるリサーチでも、2022年に「最も満足度が高い転職サービス№1」と評価されています。無料登録していればスキルにあったオファーが届くので、ぜひ活用しましょう。

▶ビズリーチの公式サイトはこちら

転職で年収を上げる2つの方法

  • 需要の高いスキルを身につける
  • 転職エージェントを活用する

需要の高いスキルを身につける

転職で年収を上げたい人は、需要の高いスキルを習得しましょう。転職したい業種に必要なスキルはなにかを分析し、転職活動に先駆けて勉強・習得しておくと、転職後の年収アップに繋がります。

取得する資格・スキルに悩んでいる人は、プログラミングスキルや第2言語の習得がおすすめです。第2言語はビジネスで最も使われている英語が適しており、英語を実務レベルで扱える人の約6割の人が、年収1,000万円を超えているという調査結果もあります。

出典:英語レベルと年収 実態調査

転職エージェントを活用する

転職で年収を上げたい人は、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントとは、転職活動をサポートしてくれるサービスのことを指し、履歴書の添削や面接の対策、転職先の企業と年収交渉までも行ってくれます。

少しでも年収を上げたいと考えている人は、転職エージェントに登録しましょう。転職エージェントに迷ったら、大手転職エージェントの「ビズリーチ」や「マイナビエージェント」がおすすめです。

年収を上げたい人におすすめの転職エージェント

転職サービス 特徴
ビズリーチビズリーチ
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「マイナビエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。

登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。

納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。

年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。

業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

転職以外で年収を上げる方法

  • 上司に交渉する
  • スキルを身につける(資格をとる)
  • 副業をする

上司に交渉する

転職以外で年収を上げたい人は、まず上司に交渉してみましょう。特に自分の成果と給与が見合ってないと感じる人は、一度上司と話す機会を設けてみることで、給料の見直しをしてもらえるかもしれません。

注意点としては、ただ年収を上げたいとお願いするだけでなく、自分のあげた成果を具体的にまとめて提示するようにしましょう。

スキルを身につける・資格をとる

転職以外で年収を上げたい人は、転職で有用なスキルを習得しましょう。本を読んで知識をつけたり、セミナーに参加して勉強するなど、専門性を高めることで給料アップに繋がります。他にも、マネジメントスキルを身に着けて、役職をあげるのも手です。

また、会社によっては、仕事に活かせる資格を取得すると、特別手当が支給されることもあります。資格の取得は、今後転職を考えたときにも有利になるため、取得しておいて損はありません。

副業をする

転職以外で年収を上げたい人は、副業をしましょう。特に人気の副業は、PCとインターネット環境を準備するだけでできるアフィリエイトブロガーやWEBライターです。

他にも、クラウドソーシングを利用して副業する人が増えています。帰宅後や休日を有効活用して副業をすれば、月に数万円稼ぐのはそこまで難しくありません。

まとめ

この記事の結論

  • 転職で年収が上がりすぎることはある
  • 転職エージェントを活用するのがおすすめ

転職で年収が上がりすぎることはあります。平均年収が高い企業や規模の大きい企業への転職をした場合や、転職先で活かせる資格やスキルを取得している場合は、年収があがりやすいでしょう。

また、転職エージェントを利用した人の6割以上が年収アップしたという調査結果があります。転職で年収を上げたい人は、転職エージェントを活用して、年収交渉をしてもらいましょう。

ハイクラス転職に強いビズリーチを利用すれば、高確率で年収アップが期待できます。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス