転職エージェント

転職エージェントとは?登録方法や転職サイトとの違い

転職エージェントとは

転職エージェントとは、企業求人紹介や面接のセッティングなど、求職者の転職支援を完全無料で行ってくれるサービスです。給与交渉や入社日の調整も請け負ってくれます。

しかし、転職エージェントの数が多く、どこに登録すれば困ることも多いです。そこで当記事では、エージェントの選び方や利用方法を記載しているので、転職活動を成功させる参考にしてください

目次

転職エージェントの裏事情

転職エージェントの裏事情

転職エージェントの情報収集について注意

転職エージェントをインターネットで調べようとすると、酷似した情報で溢れていませんか。検索すると同じような内容ばかり…という体験をすると思います。

残念ながら、転職エージェント自らが情報を書いているサイトが多く、その証拠に最後には自社への登録が促され、客観性に欠けます。当記事では、求職者に対して中立な分析を記載、価値ある情報をお届けします

紹介を後回しにされる

転職エージェントは、成果報酬型というビジネスモデルの都合上、求職者が完全有利に動けない事情も混在しています。例えば、内定をもらいやすい求職者でなければ、企業紹介は後回しにされることがあります。

また、高額の酬額契約を企業と結んでいる場合、自社利益を優先して、志望動機問わず集中的に1つの企業に紹介されるケースもあります。転職エージェント側もビジネスなので、ある程度割り切り『エージェントを複数登録する』といった対策が有用です。

転職エージェントの担当は変えられる

転職エージェントに不満を感じた場合、担当キャリアアドバイザーを切り替えることが可能です。

しつこいほど電話がかかってくる「うざい転職エージェント」、上から目線の「むかつく転職エージェント」だった場合は、担当切り替えを申し出ましょう。直接は言いにくいので、窓口へ電話かメールで切り替えを伝えれば大丈夫です。

NOIMAGE専門家 リクルートエージェントは、担当切り替えを気軽に伝えられる問い合わせフォームを用意しています。わざわざフォームを用意するほど、アドバイザーに自信があるのでしょう。

志望動機と関係ない企業を紹介される

転職エージェントは、情報の非対称性を使って、求職者を企業に紹介することもあります。求職者が知りえない情報を知りながら「(本当は志望理由と離れるけど)ここがあなたにピッタリです」と伝えて、企業紹介をされるケースも…

転職エージェントの情報だけを信頼するのではなく、「転職会議」や「OpenWork」などの口コミサイトを見たり、エージェントに言われた内容が合致するかを求人サイトやコーポレートサイトと見合わせることで自衛しましょう。

上手に使えば最強のサービス

転職エージェントの怖い話ばかりを書きましたが、きちんと裏側を把握して利用すれば、誰にとっても良いサービスだと言えます。完全無料であり、普段目にしない求人情報を紹介してもらえる唯一無二の手段です。

複数の転職エージェントに登録して比較を行ったり、周囲の話を聞くことはもちろん、企業口コミサイトを見るなど、自らも積極的に行動することで転職を成功させましょう。

転職エージェントとは?仕組みと役割

転職エージェントの仕組み

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは、求職者に会う前から多くの企業の採用情報を集めていて、求職者から相談を受けたら最適な転職先を紹介できるようにしています。

転職エージェントが無料の理由

転職エージェントは、求職者を企業に紹介することで、企業側から求職者の年収30%~35%の報酬を受け取っています。企業側から費用を貰っているので、求職者からお金を頂く必要がありません。

転職エージェントの役割

エージェントのサポート内容

  1. 求職者の就職支援
  2. 履歴書など提出書類の添削
  3. 面接対策
  4. 給与や待遇面などの交渉
  5. 就職後のアフターフォロー

転職エージェントは、求職者と企業をマッチングさせる就職支援のプロです。求職者が求める条件を明確化させたり、悩みを解決することで、最適な転職活動をサポートしてくれます。

転職エージェントの種類

エージェントの種類 紹介先の企業
総合型 業種業界問わず紹介
特化型 業種業界特化の紹介
若年層向け フリーター・既卒・第二新卒向け

転職エージェントには、大きく分けて「総合型」「特化型」「若年層向け」の3種類があります。いずれも、無料でサービスを受けることが可能です。

総合型エージェントがおすすめの人

総合型の転職エージェントは、「自分がどんな仕事に向いているか分からない」「新しいキャリアに挑戦したい」方におすすめです。

多種多様な企業と繫がりがあり、求人件数が豊富なため、エージェントが一人ひとりに適した転職先を紹介してくれます。

人気の総合型エージェント

特化型エージェントがおすすめの人

特化型の転職エージェントは、「過去の経験を生かして就職したい」「キャリアプランが明確」な方におすすめです。

IT業界や金融など特定の業種業界に精通したエージェントが、求職者が狙っている企業転職へ導いてくれます。

人気の特化型エージェント

若年層向けエージェントの求人

若年層向けの転職エージェントは、20代を中心として、フリーター・既卒・第二新卒向けの求人情報を取り扱っています。

未経験でも就職できる求人案件のパイプが強く、ノーキャリアでも人気のIT企業に推薦してもらえることもあります。

人気の若年層向け転職エージェント

転職エージェントのメリット

求職者のメリット

  1. 利用料が無料
  2. 非公開の求人情報に出会える
  3. キャリアプランを一緒に考えてくれる
  4. 自分にあった就職先を探してくれる
  5. 書類審査基準を教えてくれる
  6. 面接通過率や合格率を高めてくれる
  7. 面接スケジュールを設定してくれる
  8. 給与などの待遇交渉を代行してくれる

1.無料で利用できる

転職エージェントは、基本的に無料で利用できます。転職エージェントは採用する企業側から、紹介手数料として報酬をもらっているので求職者への金銭的な負担が一切なく、最初から最後まで一切費用がかかりません。

2.非公開の求人情報に出会える

転職エージェントは、インターネットや企業情報からでは見つけられない求人情報を預かっています。見たことのない仕事情報はもちろん、高給・高待遇な案件まで質の高い求人を紹介してもらうことができます。

NOIMAGE専門家 非公開求人にはデメリットもあります。求めるレベルが高いケースもあるため、転職者の経験・スキルによってはそもそも紹介してもらえないこともあります。したがって、公開求人数をどれだけ抱えているかも大事です。

3.キャリアプランを一緒に考えてくれる

表

転職エージェントは、就職先を案内してくれるだけではありません。ヒアリングした結果から、目指すべき将来像や今後獲得していくべきスキルなど、求職者と共にキャリアプランを描いてくれます。

4.自分にあった就職先を探してくれる

エージェントによく聞かれる希望条件

  • 希望年収
  • 希望勤務地
  • 希望職種、業界
  • 得たいスキル
  • 職場環境

転職エージェントは、求職者の希望条件にあった就職先を探してくれます。求職者自身で転職サイトから企業を探すより、効率的かつ手間をかけずに目的の企業に出会いやすいことは大きなメリットです。

5.書類審査基準を教えてくれる

転職希望の企業によっては、履歴書などの書類審査を設けています。転職エージェントから審査通過のノウハウを聞けたり、履歴書などの書類添削も受けられるので積極的に利用しましょう。

6.面接通過率や合格率を高めてくれる

転職エージェントは、内定をもらうための方法論や戦略を教えてくれます。過去の面接事例や業界での風習など、エージェントなしでは情報収集が難しい情報も獲得可能です。

7.面接スケジュールを設定してくれる

志望した企業と求職者の面談スケジュール、内定後の出社までのスケジュールなどを転職エージェントが設定してくれます。在職中などの忙しいなかでも、手間をかけずにスケジュールが調整できます。

8.給与などの待遇交渉を代行してくれる

転職エージェントは、求職者の希望条件をもとに、企業との交渉を代行してくれます。自分では言い出しにくい給与面の交渉も行ってくれるため、面談時にしっかりと希望条件をすり合わせておきましょう。

他にも、残業時間についての調整もエージェントの役割です。自分から切り出すと企業に悪い印象を与えそうですが、エージェントを通すことで勤務時間を調整・相談を行ってくれます。

企業側のメリット

・ミスマッチを防ぐ
・無駄なコスト削減
・採用担当の工数削減
就職エージェントは企業側にとっても数多くのメリットがあります。自社で直接採用するよりも、条件に合った求職者とマッチしやすいのが最大のメリットです。

転職エージェントのデメリット

求職者のデメリット

  1. 希望してない企業を紹介される可能性がある
  2. 応募までに時間がかかる
  3. 気軽さに求人が見れない

1.希望してない企業を紹介される可能性がある

転職エージェントの中には、残念ながら質の低い担当者もいます。伝えた希望条件と異なる企業を紹介されたりすることもあるため、複数のエージェントに登録して、質の高いアドバイザーを比較して探しましょう。

担当者は変更することが可能です。どうしても担当のレベルに不安がある場合は、メールや電話で担当者変更依頼の理由を伝えることで、別の担当に変えてもらえます。

2.応募までに時間がかかる

転職エージェントは、しっかりと求職者のヒアリングをしてから企業紹介を行い、合意を得てから応募ステップに進ませます。

求職者一人で転職活動する場合は、転職サイトなどを見てワンクリックで応募できるため、エージェントを利用したほうが時間がかかると言えます。

3.気軽に求人が見れない

一人での転職活動では見たい情報を自分で決めたり、即応募に行動を移せます。転職エージェントは、ニーズに応じて適合した企業を紹介してくれるため、求人情報を見たいように見れない場合もあります。

ラフさを求めたいのであれば、転職エージェントと並行して、転職サイトも登録しておきましょう。

NOIMAGE専門家 デメリットの解決策
デメリットの多くは、複数のエージェントに登録することで解決出来ます。最低でも2~3の転職エージェントに登録して転職成功率を上げましょう!

おすすめの転職エージェントランキング

転職エージェントの人気ランキング
1位 2位 3位
リクルートエージェントリクルートエージェント dodadodaエージェント マイナビエージェントマイナビエージェント
公式 公式 公式
4.0
★★★★☆
3.4
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆

リクルートエージェント

転職初めに登録したいNo.1エージェント

リクルート エージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 転職支援実績No.1
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~50代 112,458 182,458
ヒアリング力 提案力 サポート
3.8/5点 3.8/5点 4.0/5点
拠点
全国16拠点(丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

リクルートエージェントのメリット

全国どの職種でも求人が見つかる

リクルートエージェントは、求人数・実績ともNo.1の転職エージェントです。公開非公開合わせて、約30万件の求人数を誇り、第2位のdoda10万件を大きく引き離しています。求人件数だけ見ても、転職を考え始めたら初めに登録すべきエージェントだと言えます。

初めての転職にも便利なサポート

リクルートエージェントでは、業界最大手ならではの手厚いサポートを受けられる点も魅力です。簡単に職務経歴書を作成することができる「職務経歴書エディター」や面接対策セミナー、転職希望先企業の想定質問などを用意してくれます。

転職エージェントが年収などを交渉

転職エージェントは、年収はもちろん、面接などの日時調整を代行してくれます。リクルートエージェントは転職者累計37万人以上の実績データを公開していて、リクルートエージェントを利用した転職者のうち、6割以上の方が年収アップを実現しています。

リクルートエージェントのデメリット

3ヶ月の期間限定

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3ヵ月が目安です。期間が限られている中でメリハリある転職活動をする必要があります。

紹介先の豊富さはデメリットにもなる

リクルートキャリアでは紹介先企業が豊富であるため、担当によっては希望していない業種業界を紹介されてしまう可能性があります。もちろん、断ることは可能ですが、グイグイ紹介されるのが苦手な方は担当者を変えてもらうのがおすすめです。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン

ますさん|20代後半|男性|その他|2021.01.29

良い点
|丁寧なサポート
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。また、面接対策など就活で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
なかなか好条件の求人が多く、求人数や情報量も多いため、求職側としては助かるエージェントサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめな印象でした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
男性アイコン

シルシルさん|40代前半|男性|事務員|2021.01.22

良い点
|圧倒的な紹介求人数
業界最大手だけあって紹介される案件数はほかのエージェントと比べて圧倒的に多いです。また、幅広い業種の案件の紹介を受けられるので、様々な業種の中から希望の求人を見つけることができます。ただし、こちらの指定した条件以外の案件も紹介してくるので中身の精査が必要となります。
悪い点
|担当者のスキルは玉石混交
担当者によってスキルにばらつきがあるように思います。また、コミュニケーションも逐一連絡をくれる担当者もいればこちらから連絡しない限りコミュニケーションをとってこない担当者もいます。こちらから積極的にコミュニケーションをとって必要な情報を引き出し、要望をしっかり伝えてこちらの要望通りに担当者を動かすくらいの気持ちが必要だと思います。

doda

リクルートと共に登録すべきエージェント

doda エージェント

dodaの特徴

  • リクルートに次ぐ10万件の求人数
  • 会員数も業界最大級の591万人
  • 転職者満足度No.1
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~50代 84,150 35,456
ヒアリング力 提案力 サポート
3.3/5点 3.2/5点 3.5/5点
拠点
全国12拠点(東京/札幌/仙台/横浜/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡)

dodaのメリット

国内大手エージェントの1社

dodaは、国内で2番目に多い求人を保有している最大手エージェントの1社です。豊富な求人数はもちろん、求職者への親切なサポートが口コミでも好評で、電通の口コミ数調べで「転職者満足度No.1」も獲得しています。

いち早くオンライン面談や転職フェアに着手

dodaは、コロナ禍に入る前からオンライン化に取り組んでいます。オンライン面談はもちろんですが、転職フェアをオンラインした「転職フェア セレクト」は会場などに向かわずに、希望する会社のお話を聞くことができます。

業界随一のイベントを開催

dodaはエージェントを通しての転職支援とは別に、各種イベントも活発に開催しています。例えば、300社以上が集まる国内最大級の転職フェアを開催していて、好きな会社の説明を聞くことが可能です。もちろん、転職やキャリアアップセミナーなども充実していて、サポート体制にぬかりがありません。

NOIMAGE専門家 リクルートエージェントとdoda。この2社だけは最低限登録して転職率を上げましょう。無料なのでデメリットがありません!

dodaのデメリット

3ヶ月の期間限定

doda転職エージェントは、面談から転職先が決まるまでの約3ヵ月が目安です。dodaに限った話ではなく、3ヶ月サポートがエージェントサービスでは一般的(人件費の兼ね合い)なので、期間内に転職をできるだけ成功させなければいけません。

企業紹介メールが多い

doda転職エージェントに登録すると、転職サイトも一緒に利用できるようになります。1アカウントでどちらも使用できるのは便利ですが、一日に何十件もメールが届くようになってしまい、ブロックも難しいのが難点です。

dodaの評判と口コミ

女性アイコン

名無しさん|30代前半|女性|金融|2021.01.28

良い点
|担当者が熱心で応対が良い
登録したらすぐに担当者からの連絡がありました。
どのような業種が良いのか、転職をするうえで外すことができない条件はあるかなどしかっりと聞き取りをしてくれました。
また初めての転職活動であることを伝えると、経験談を交えながらアドバイスをして下さり励ましてくれました。

電話終了後すぐにおすすめ求人を入れてくれており対応がはやいなと感じました。

悪い点
|都心部の仕事が多く田舎の求人が少ない
地方での転職活動でしたが求人情報が少なかったです。
サポート体制がしっかりしていたので前向きに検討していたのですが、条件にあう求人が見つからずに断念しました。

営業やSEなどが多くもう少し事務の方充実させてもらえればなと思いました。

女性アイコン

ひめかさん|30代後半|女性|IT関連|2021.01.25

良い点
|クライアントファーストで満点!
転職活動時、3社の転職エージェントとお付き合いしましたが、求人数も書類選考通過数も圧倒的にDODAさんが一番でした。
クライアントのニーズや特性を正しく把握し、且つ企業側が求めている人材像とマッチするかどうかを、的確に判断いただいた結果だと思います。
また、毎日電話で状況確認や悩み事がないかどうかをヒアリングしてくれたり、本当にクライアントのことを考えて、フォローしてくれます。
手厚いサポートを受けたい方、働きながら転職活動してあまり自分で手を動かす時間がない方にはオススメの転職エージェントです。
悪い点
|ほぼないですが・・・
私は最初の内定が決まった後くらいに担当者が変更になりました。
最後どこを選択するか、あと転職先を決めた後の前職との退職交渉も難航したのですが、そこは別の担当者が引き継ぐことになってしまったので、過去の経緯等改めて説明したりと余計な工数が発生しました。
可能であれば最後まで同じ担当者に担当いただきたかったです。

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴

  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • キャリアアドバイザーは業界ごとの専任制
  • 求職者の都合に合わせて夜間や土曜も対応
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~30代 26,347 105,388
ヒアリング力 提案力 親切・親身
3.2/5点 3.2/5点 3.3/5点
拠点
全国10拠点(京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/栃木/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡)

マイナビエージェントのメリット

新卒就活大手の強みを活かした若年層求人

マイナビエージェントは、20代~30代に向けた転職案件が豊富であり、20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれています。運営元のマイナビは、国内最大級の就職情報サイトも運営しているため、若手が欲しいという企業とのコネクションを活かした求人案件が豊富です。

企業情報や業界に精通したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントでは、求職者が志望する業界毎に専任のアドバイザーが就任してくれます。転職ノウハウはもちろん、業界や企業毎の細やかなデータを所持しているため、求人票だけでは知りえない情報をもとに志望企業とのマッチング精度が高くなります。

未経験者の転職にも強い

マイナビエージェントは20代に対しての転職実績が豊富であり、未経験転職のサポートに精通しています。未経験転職向けの面接対策セミナーや職務経歴書へのアドバイス、模擬面接を回数制限なく受けられる手厚いサポートも人気です。

マイナビエージェントのデメリット

非公開求人数の割合が多い

マイナビエージェントは非公開求人数の割合が80%と多く、登録するまで20%の求人しか見ることができません。マイナビエージェントだけが非公開求人の割合が多いため「どのような企業を紹介してもらえるのか?」がすぐに見れないのが残念です。

40代以上であれば求人件数が少ない

マイナビエージェントは20代~30代向けの求人が強いですが、40代以降はリクルートキャリアなどに求人数で劣ります。

マイナビエージェントの評判と口コミ

女性アイコン

あきたさん|30代後半|女性|IT関連|2021.04.27

良い点
|手厚いサポート
エージェントの方にお会いしたのは初回カウンセリングの1回のみでしたが、
・説明が適切
・丁寧な聞き取り
・カウンセリング当日に多くの案件を紹介
という充実した内容で不安感はありませんでした。
その後もメールや電話でサポートいただき、(他社様では半年かかっても手ごたえがない状態でしたが)登録から2ヵ月で希望の会社に就職できました。
お世話になって本当によかったです。
悪い点
|エージェント間の引き継ぎをもう少しスムーズにしてほしかった
担当エージェントが休暇を取っている場合などは別の方からメールや電話をいただくケースがあったのですが、応募した覚えのない会社について「提出書類が揃っていません」というメール内容で混乱したことが何度かありました。
チームでサポートしてくれる体制だからこそなのかと思いますが、精神的にはりつめた転活というシーンでそのような事例があると不安になってしまうため、引継ぎや情報共有をもう少し徹底してくれたらなと思いました。
男性アイコン

まんねんさん|30代前半|男性|エンジニア|2021.03.16

良い点
|自分の専門性に即した求人を紹介してくれる
マイナビの転職エージェントということもあり、幅広い企業からの求人を抱えており、その中から自分の専門性にあった求人を紹介してくれる。

企業、自分双方のニーズが合致しやすい求人しか紹介されないため、効率よく転職活動ができたと感じる。
逆に言えば、専門性や手に職をつけていない人材はなかなか声がかかりにくいとも言える。

悪い点
|専門性がないと辛いかも
元居た会社である程度キャリア・専門性を身に付けておかないと、紹介すらされないこともあり得る。
求人を出している企業(特に大手)はどこも即戦力を期待して中途採用募集をかけている。
特に年収アップを望むのであれば、元居た会社でどのようなスキルを身に付け、希望先の会社でどのような分野で貢献できそうかということを整理しておかなければならない。

パソナキャリア

30代以上で年収アップしたい方におすすめ

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴

  • 顧客満足度3年連続No.1
  • 日本全国のネットワークを活かした案件が豊富
  • 転職後の年収アップ率67.1%
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 35,023 140,092
ヒアリング力 提案力 サポート
3.2/5点 3.3/5点 3.3/5点
拠点
全国6拠点(東京/大阪/名古屋/静岡/広島/福岡)

パソナキャリアのメリット

2021年度顧客満足度1位

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で3年連続1位に選ばれる大手転職エージェントです。求人とキャリアアドバイザーが良質なことはもちろん、内定後の退職手続きまでサポートしてくれる徹底した顧客目線の転職サポートが人気です。

地方転職にも有利

パソナキャリアは、面談をうける拠点数は6箇所ですが、運営元のパソナグループは国内50拠点以上を有する大手企業です。全国数多の企業と直接求人を交渉してきているため、首都圏のみならず、地方での転職も質量ともに安心できる体制があります。

年収アップ率67.1%の実績

パソナキャリアでは、18万人以上の転職支援実績を公開しています。年収アップ率67%超えは驚異の実績であり、さらに1年以内の転職決定率が94%であることからも、専任キャリアアドバイザーのクオリティの高さが実証されています。

パソナキャリアのデメリット

若年層の転職実績は少ない

パソキャリアの20代求職者の転職支援実績は、全体の10%以下であり、他大手転職エージェントに比べて、少ない傾向にあります。30代以降で転職をする方におすすめしたいエージェントだと言えます。

未経験転職は他エージェントに劣る

パソキャリアの転職・再就職活動実績では、40代以降の求職者支援が全体の88%を占めています。必然的に経験者を求める企業とのひも付きが強く、未経験転職を志望する場合は、リクルートかマイナビエージェントへの登録を推奨します。

パソナキャリアの評判と口コミ

男性アイコン

うたさん|40代前半|男性|製造業|2021.04.17

良い点
|転職理由のアドバイスや、転職先のリサーチがを手厚くして頂いた。
同業種への転職で、転職回数が多い私ですが、私が考えた転職理由を更にポジティブな印象を持っていただけるように何度も丁寧にアドバイス頂いた。
私の希望に対して、様々な角度から転職先を紹介して頂き、私とどうマッチしているのか、マイナス面を含めても面白いのではないかと丁寧なアドバイスを頂きました。
悪い点
|求人数が少し少ない
転職サイトにいくつか登録して転職し活動をしていました。
大手の転職エージェントさんは書類選考が通らなくてもすぐ次の案件を持ってきていただきましたが、一旦手持ちの求人がなくなり次の求人が出るまでの待ち時間が少しありました。
女性アイコン

うりさん|20代後半|女性|IT関連|2021.04.16

良い点
|大手の求人が多くスムーズに転職活動できました
大手企業システム子会社のSEから、大手企業のIT部門への転職で利用しました。
担当者は非常にIT業界に詳しく、面談を通じて私の転職条件を詳細化していただけた上、職務経歴書も会社ごとにいくつかの区分を設けて添削してもらえました。
さらに、紹介してもらった求人は大手の有名どころが多く、福利厚生などの条件も満足いくものばかりでした。
また面接の前には、過去に他の人が聞かれた質問内容を教えてもらえたので、スムーズに面接に臨むことができました。
悪い点
|内定が出た後のフォローが薄かった
6社応募し、5社から内定をいただけました。
その中で条件などから自分で2社まで絞り込んでおり、あとは給与次第で決定すると担当者に伝えていたのですが、実際に給与交渉は行ってもらえずに、最初に提示された給与となってしまいました。フォローしていただけないのであれば、もっと自分で交渉したのにと思いました。

type転職エージェント

転職サイトのアクセス者数No.1

type転職 エージェント

type転職エージェントの特徴

  • IT、通信、Webエンジニアの転職に強い
  • 首都圏企業のパイプが太い
  • 毎週1対1の相談会を無料開催
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~50代 3,025 15,125
ヒアリング力 提案力 サポート
3.3/5点 3.4/5点 3.3/5点
拠点
1拠点(東京都港区赤坂)

type転職エージェントのメリット

IT・通信・Webエンジニアに強い

type転職エージェントは、アクセス者数No.1の転職サイト「type」を運営するキャリアデザインセンター(東証一部上場)のサービスです。転職サイトでの企業との関わりから、IT系を中心としたエンジニア職、クリエイティブ職の求人案件が豊富です。

首都圏中心の企業に影響力を持つ

type転職エージェントは、他の大手転職エージェントと異なり、拠点は1つのみです。20年以上首都圏で人材紹介を行っているため、他エージェントよりも細かい情報提供とキャリア提示、企業への交渉に期待できます。

無料の転職相談会や転職セミナーを毎週開催

type転職エージェントでは、毎週平日と土曜日に1対1の相談会を実施しています。「転職活動で何をすべきかわからない」「面接のアドバイスが欲しい」といった質問やキャリアに関する悩みなどを、キャリアアドバイザーに相談することができます。

type転職エージェントのデメリット

求人件数が少ない

type転職エージェントは、他大手転職エージェントと比較すると求人件数で見劣りします。首都圏かつIT系就職の方以外は、リクルートエージェントやDODAに登録したほうが転職に効率的です。

地方転職にはおすすめできない

type転職エージェントは首都圏(東京・ 横浜・ 大阪など)に強みをもつ転職エージェントなので、地方就職を考える方にはおすすめできません。

type転職エージェントの評判と口コミ

男性アイコン

キャリア満々さん|30代後半|男性|建築関連|2021.01.08

良い点
|専門的な仕事も紹介してくれた
きめ細やかさサポートを受けることが出来たので、安心して忙しい時でもどんどんと転職活動を進めることが出来ました。
専門的な仕事をしていましたが、自分の特殊なキャリアに合っている仕事を紹介してくれたので、利用してよかったと感じています。
悪い点
|求人数がもっと多いと良かった
他のエージェントのサービスを利用したことがありますが、少し全体的に求人数が少なかったように感じています。
自分は理想通りの仕事を紹介してもらうことが出来ましたが、もっと選択肢が多い方が、より働きやすい職場を見つけることが出来たかもしれないです。
男性アイコン

トミーさん|20代後半|男性|営業|2021.05.25

良い点
|経験値が高い人が多い
担当の方が、かなり経験のある方で、こちらの要望に対しても真摯に対応してくれました。転職サービスは担当者が合わないことが多く、どこを使っても変わらないと思っていましたが、このエージェントはプロの人が多いと感じ、利用しやすかったです。
悪い点
|求人が少ない
他の大手転職エージェントと比較すると求人が少ないような気がしました。もちろん大手の企業もたくさんあるのですが、母数である求人が少ないとその中から自分に合った企業を探さなければならないので、希望に見合った職種が見つからない可能性も高いです。

転職エージェント利用をおすすめできる人

転職エージェントを使用したほうが良い人

  • 会社に在籍中の人
  • キャリアが明確でない人
  • 年収をアップしたい人
  • スキルが明確でない人

会社に在籍中の人

転職エージェントは、会社に務めながら利用する方が大勢います。エージェントが希望条件から企業選定を行ってくれる上に、面接のスケジューリングまで行ってくれるため、忙しい方の転職活動に優れています。

土日しか転職活動にあてる時間がない方なども、転職エージェントを利用したほうが効率的に行動できるため、おすすめです。

キャリアが明確でない人

キャリアプランが定まっていない方は、転職エージェントを使うべきです。プロに相談することで、今まで考えてなかったようなキャリアや、今就職すべき企業が明確になります。

年収をアップしたい人

転職に伴う年収交渉を、転職エージェントが行ってくれます。一人で転職活動を行うと、求人情報通りに給与が決まりがちですが、エージェントはできる限り希望年収に合わせて企業に働きかけてくれます。

スキルが明確でない人

転職エージェントは、面談を通してスキルや経験をまとめ上げ、企業に伝えやすい情報に整理してくれます。自分では強みと思っていなかったことも、プロ目線でアピールポイントを見出してくれるので、自分に自身が持てない方にもおすすめです。

転職エージェントと転職サイトとの違い

比較項目 転職エージェント 転職サイト
サポート
転職活動を全サポート

全て自分で行動
求人件数
非公開求人がある

多種多様な求人が掲載
気軽さ エージェント介入あり エージェント介入なし
成功率 転職ノウハウが豊富 自分次第
面接対策 企業毎に対策可能 自分次第
年収UP 条件交渉してくれる 自分次第
手間 エージェントと二人三脚 一人で行う
マッチ率 表にでない情報を入手 情報が少ない

転職サイトは、求職者自身で勤務地や条件、希望年収などを入力して企業を探していく必要があります。同じ人材紹介サービスのエージェントは、ヒアリング後にキャリアアドバイザーからマッチした企業を紹介してもらえる点が大きく異なります

また、転職サイトでは表にでている情報から企業を選択していきますが、エージェントは各企業の裏情報まで把握しているため、希望条件と適合した企業を紹介してもらえる確率が上がります。

優秀な転職エージェントの選び方

キャリアアドバイザーが重要

優秀な転職エージェントお優秀ではない転職エージェント

優秀な転職エージェントかどうかは、求職者と面談する「キャリアアドバイザー」「カウンセラー」「コンサルタント」と呼ばれる方の力量を見極める必要があります。

志望する業種業界に詳しいことはもちろん、メールや電話などのレスが早いかどうかもチェックしましょう。求人を紹介してくれた際に「何故自分におすすめなのか」をきちんと説明できるアドバイザーかを確認するべきです。

優秀なアドバイザーへの出会い方

・総合転職エージェント2社以上に登録
・特化転職エージェント1社以上に登録
・担当コンサルタントを比較する
優秀なアドバイザーに出会う簡単な方法は、多くのエージェントに登録することで。人によっては明らかに力量の差があるので絶対に複数社に登録しましょう。

抱える求人件数が多い

転職エージェントを利用するからには、志望した業種やキャリアにあった企業を紹介してもらいたいはずです。求人件数が少ないエージェントでは、求職者にあった情報をもっていないことも多く、報酬目当てに無理やり企業を紹介される可能性もあります。

非公開求人含めて、多くの求人情報を扱っているかどうかをきちんと確認すべきです。リクルートやdodaなどが人気なのは、求人件数が他転職エージェントよりも多い点も理由にあげられます。

一部の求人が非公開になっている理由

・応募が殺到してしまう
・企業戦略が漏れるから
・採用情報を社内外に知られない
魅力的な求人が非公開情報として取り扱われる理由は大きく3つです。非公開求人を見れることは就職エージェントを利用する長所です。

サービスの充実度

転職エージェントによって、サービスの多さは異なります。例えば経歴書チェックを行ってくるだけでなく、模擬面接まで行ってくれる企業まで様々です。

忙しい方であれば、土日の相談を受け付けてもらえるか否かも事前に確認しておきましょう。エージェントによっては土日対応や夜遅くの質問に答えてくれるケースもあり、安心して転職活動しやすくなります。

転職エージェントサービスの流れ

転職エージェントの流れ

  • STEP1

    転職エージェントサービスへ登録

    転職エージェントが展開するWebサイトや企業サイトなどに登録。説明に従って情報を入力しましょう。

  • STEP2

    転職エージェントと面談

    エージェント(キャリアアドバイザー)から、電話やメールで面談調整の連絡がきます(登録後即日~7日目安)。面談当日には、希望条件や経歴などを伝えます。対面面談が中心でしたが、コロナの影響でオンライン上で完結する企業も増えました。

  • STEP3

    求人の紹介

    希望条件に近い企業を複数紹介してもらい、ご自身で応募に進むかを選択します。条件が合ってない場合など、断ってしまって問題ありません。

  • STEP4

    応募・書類添削・面接対策

    応募先企業を決めたら、エージェントが志望企業に連絡します。面接対策や履歴書の添削を行ってもらい、できる限り合格率を高くするサポートも受けられます。

  • STEP5

    内定・入社・退職交渉

    志望企業への内定が決まっても、給与交渉や円満退社へのアドバイスなどアフターフォローしてくれます。

【年齢別】転職エージェント利用のコツ

世代別 利用方法の目次
▼第二新卒 ▼20代 ▼30代 ▼40代

第二新卒向けのエージェント利用方法

新卒入社後、1~2年での転職になるのでキャリアについて漠然とした考えであるため、まずは将来像を明確にすることが大切です。求人件数の多い、総合型エージェントに相談し、いろんな業種業界の話を聞きましょう。

自分のアピールポイントがわからないままでの転職活動になるため、キャリアアドバイザーに強みなどの洗い出しをしてもらい、面接時のトークをしっかり磨いてもらうべきです。

第二新卒におすすめの転職エージェント

20代向けのエージェント利用方法

20代で転職する場合、新社会人として働いていたものの「思っていた仕事と違った」と考えてからの行動が多いはずです。アドバイザーに、他業界の仕事内容を細かく聞かせてもらい、自身にあったキャリア像を導き出してもらいましょう。

20代を歓迎する企業は多く、固定概念をもっていないことがアピールポイントになります。できるだけ多くの就職先を紹介してもらい、エージェントの情報に加えて「ここだ!」と思える企業に会うまで面接を繰り返すのもおすすめです。

20代におすすめの転職エージェント

30代向けのエージェント利用方法

30代での転職は、ここまでのスキルの洗い出しが良い転職の鍵です。アドバイザーに過去の仕事内容や実績を正直に話して、スキルの棚卸しを行ってもらいましょう。自分では気づかなかった魅力を、客観的に意見してくれるはずです。

また、30代は結婚や出産など、ライフスタイルが変化して転職活動をしていることも多いはずです。仕事内容だけでなく、勤務時間や有給消化率などをアドバイザーに聞くことで、企業が表に出していない実態を確認することができます。

30代におすすめの転職エージェント

40代向けのエージェント利用方法

40代での転職は、社会人生活の総決算とも言えます。条件にマッチした企業探しだけではなく、叶えたい未来や年収条件をアドバイザーに伝えて、希望の仕事に就けるように強力を促しましょう。

40代の就職活動は、求人サイトで探すことは難しいものです。転職エージェントでは多数の非公開求人を抱えているので、年齢で転職を諦めないですみます。

40代におすすめの転職エージェント

転職エージェントの体験談

良かった口コミ

初めて転職エージェントを使った方からは、情報収集の観点で多くのポジティブな口コミが寄せられています。また、転職サイトでは対策できない面接のアドバイスや模擬面接も好評です。

悪かった口コミ

転職エージェント=会社への批判ではなく、キャリアアドバイザーへの不満が大きいです。キャリアアドバイザーは変更可能なので、我慢せずに変更を申し出ましょう。

動画配信専門家専門家 残念ながら、アドバイザーのなかには「ハズレ」もいます。多くのエージェントに登録して、良い方に出会える確率を上げるべきです。

転職エージェントのQ&A

自分のアピールポイントがわからない

転職エージェントは、求職者の強みやキャリアを考えるプロです。積極的にエージェントを利用することで、いままで気づけなかった自身のアピールポイントを気づける可能性が高いです。

在職中なので時間がとれない

転職エージェントでは、できる限り要望に合わせて相談にのってくれます。昨今では、zoomなどオンライン上で相談にのってくれる会社も増えたので、忙しい方は積極的に利用しましょう。

平日は忙しいので土日の対応は可能ですか?

土日利用可能なリモート面談や電話面談を受け付ける転職エージェントも一定数存在します。例えば、マイナビエージェントでは土曜日9:30~17:30まで電話面談を受け付けています。

エージェント登録から企業紹介までの時間はどれくらい?

人によって異なります。エージェント登録から面談を2日間で行い即企業を紹介してくれるケースもあれば、条件によっては1週間以上の時間がかかるケースがあります。

面接対策って何を教えてくれるの?

過去の質問例やメインに伝えるべき内容、面接の雰囲気まで、エージェントが知りうる限りの情報を共有してくれます。エージェントは求職者が就職成立して始めて報酬がもらえるため、情報を包み隠さず教えてもらえます。

本当に無料ですか?

無料の転職エージェントが圧倒的です。登録からキャリアカウンセリング、応募書類の添削、面談対策、年収交渉、退職から入社までのサポートすべてが無料です。「ビズリーチ」などは有料での職業紹介ですが、日本にあるほとんどのエージェントが無料であり、追加料金などもとられることはありません。

紹介された企業を断ってもいいんですか?

転職エージェントに紹介された企業は、必ず応募する必要はありません。また、選考途中に断ることも求職者の自由です。

非公開求人ってなんですか?

転職サイトや求人サイトに掲載されていない求人です。

すぐに転職するつもりはないけど相談していいの?

問題ありません。実際に転職エージェントに登録する人の多くが、「半年後以降」に「転職する可能性がある」レベルで相談しています。エージェントとしても時間を書けたほうが良い企業を紹介しやすくなるので、躊躇せず相談して大丈夫です。

転職相談はメールと電話どちらが良いですか?

急いでいる場合や忙しい方は電話がおすすめです。ゆっくり考えながらやり取りしたい方や電話が苦手な方はメールで相談してみましょう。

転職エージェントの担当変更はどうやるの?

担当の変更は、メールまたは電話で行います。エージェント側もプロなので後腐れなく変更できますが、メールでのご連絡のほうが気が楽かもしれません。リクルートエージェントでは専用の依頼フォームも用意されています。

女性向けの転職エージェントはある?

あります。type女性の転職エージェントLiBzPARTNERSが有名です。

複数の転職エージェントは登録可能?

転職エージェントは何個でも登録可能です。一度に複数登録もできますし、1つ登録して慣れてから複数の転職エージェントに登録することが可能です。

転職エージェントに登録すると必ず転職しないとダメ?

登録するだけでも大丈夫です。まず登録しておいて、本気で転職するタイミングで積極的に活用される方もいます。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
10016doda公式サイト
  • 【転職者満足度No.1】
  • ・転職サポートが充実
  • ・キャリア相談セミナーも充実
  • ・無料で使える
関連記事
編集部おすすめの転職サービス